<   2016年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧
平社員、最後?の事件  その1
a0019545_21141976.jpg



 最後の事件などといっても たいしたことのない事件です。

 木枯らし平社員・・・大小とりまぜ、いろいろ事件に巻き込まれるのです。ただ、大抵、そういった情報は
 表に出せません。

 この最後の事件も・・・相当前の事です。当事者に迷惑をかけるのは、本意でないのでフェイクを混ぜて
 話します。

 ある時、銀行の紹介で大手外食チェーンと引き合わされ商談をしたのです。反応は、上々。
 商売につながるかと思いきや、連絡さえつかなくなります。

 銀行がらみだから、商談を1回しただけのタイプです。 いや、商売する気がないのなら、最初から
 断ってくれたらいいのです。結局、お互い、時間を無駄にするだけです。

 むしろ、会ってみてダメと思えば はっきり、正面切って断ってくれる人の方が、タイプなのです。

 さて・・・それから、数年後の事です。

 取引先のA社から、連絡が来て、海老の大量加工に取り組んでほしいとの依頼がきました。

 ところが、その時、今回の最後の事件どころではない、大事件が発生しており、さすがにそんな余裕が
 なかったのです。

 じつは、その時の大事件は・・・それを盛って盛ってデフォルメしたら、ちょっとしたドラマになるくらいの
 事件でした。登場人物も占い師、2ちゃんネラー、有名食品会社の893、新聞の販売店、とおよそ
 通常の事件とは、違うものだったので面白い話なのです。
 
 ただ、その時は、無我夢中で事件の収束をはかっていたので・・・それどころじゃなかったのです。

 その事件も終わり、すでに身も心もボロボロになってきたとき、また、A社から、海老の大量加工の案件が・・。

 えっ?あれ、終わってなかったの? と思いました。というのも・・・依頼してきた、A社の担当者、海老業界では
 名が知られた人ですから・・・・。その人が、解決できないでいる・・・?

 記憶が定かでないのですが、確か・・・2回目も情報の提供はするけど・・・・受けれないと断ったと覚えてます。

 大事件のあとで・・・ネガティブ回路全開、人を見たら、厄介ごとを持ってくるやつだと思え・・ってなものです。

 メァリィー社長と温泉にでも行って、毎日、大酒を飲んで ヤニのように脳裏にこびりついた嫌な思い出を
 洗い流した頃。かなり、元気になっていました。

 その時、また、A社の担当から 依頼が来たのです。 そこで・事情を聴いて、びっくり。

 大手外食チェーンが、海老フライフェアを開催するのですが・・・現地(外国)の工場で問題が発生し、
 生産が止まってしまった。生産再開まで時間が、かかる。

 フェアを取り消そうにも・・・・・フェアは、すでに目前で 中止は、不可能。もし、中止したらその会社の株価にまで
 影響もでかねない。海老以外の準備は、すべて整っているとのこと。

 フェアは、すでに目前でした・・・。なんで・・もっと早くいわないのです?と言いかけて・・・・ああっ、断り続けていた
 のは、自分だと気づきました。

 で・・・・その大手外食チェーンって?山盛り海老フライフェアって?と聞いたら・・・・私が、銀行の紹介で
 引き合わされた会社でした・・・。しかも、担当者が・・・・私と商談した人なのです。

 それを聞いて、嫌な気持ちになり、この仕事受けなきゃいけない?といったら、”ぜひともお願いします”とのこと。

 言ってから後悔しました。私に依頼しているA社の担当には、なんの罪もないのです。

 ビジネスの話に移ると・・・・私の想定以上の数量です。すなわち、フェアが、始まる前と始まってからも
 エビを加工しつづけ、フェア期間中の欠品を回避する作戦です。

 なかなかの数量なので・・・他に参加している海老屋の名前を聞くと・・・おやおや、これも海老屋の有名人。
 むしろ、力量なら、このなかで私が、もっとも劣るのです。

 面倒なので、A社の担当をA氏とします。他にB氏とC氏が、この作戦をすでに遂行中。

 A氏は、いうなれば指揮官。 そのメンツが、いるのに・・・・なんで平社員が参加する必要があるんです?

 と聞いたら・・・・”いや・・・あの2人には・・・できないことがあるんです。それを木枯らしさんに受け持って
 もらいたい”とのこと。

 作戦の概要を聞き、なっとくしました。私の受け持つパートは、一番数量が少ないものの、迅速に動かなくては
 ならず、全体の生産量の”ムラ”をなくすことなのです。

 A氏・・・作戦の指揮官。

 B氏・・・・トラブルが発生し、生産が止まっている現地工場の再稼働。及び、他国工場からの供給を目指す。
 
 C氏・・・国内で使えそうな海老を物色、水面下で大量買い付け。
     (最終顧客の競合社に情報がばれるといろんな意味で厄介。また、競合社と取引関係のある
      会社から、買い付けする場合、邪魔が入る可能性もあります。)

 木枯らし・・・B氏が見事に工場を再稼働させるまで、つなぎとして国内加工業者に依頼し、早急に
        海老フライの加工を行う。

 
 私の仕事は、序盤戦の戦いとなります。C氏が買い付ける原料をフェアの開始までにいかに間に合わせるかです。
 一番、パワーのあるB氏ラインが、復活さえしてしまえば、お役目、ごめん。

 ただ、B氏の仕事は、コンテナ単位で商品を作って持ってくるので・・・コンテナが、来て、次のコンテナが、来るまで
 商品が、無くなりそうな場合、木枯らしのパートが、補助に入ります。


 たしかに・・・・木枯らし、国内の海老加工業者とつながりは、あるものの・・・・数量と残された時間からみて
 1社だけでは・・・・無理。結論から言うと6社をターゲットにします。

 木枯らしの担当パート、作戦開始です。

 私が、選んだ舞台は、四国でした。  (続く)
  


 

 
 
 

 
by simarisu10 | 2016-03-06 22:23 | 海老の倉庫
自慢話・・・・ですっ・・。
a0019545_22392722.jpg



 ある大手の会社にぶらっと顔を出したところ・・・・飲み友達のその会社の課長に

 「おおっ!バナメイエビの加工の基礎を築いた男っ!」 と呼ばれたのです。

 「ううん?なんのこと?」

 「いや、おまえが以前勤めていた会社のえらいさんと飲んでいたら・・・そんな話になってしまってな・・。」

 「はぁ?」

 自問自答するのですっ。

 あああっ・・・本当だ。自分でも気づかなかったのですが・・・その会社にいた時代、当時、輸入され始めたばかりの
 バナメイ海老をそのまま売っても利益がでないので・・・時の会長の直命でそれに取り組んだ事があります。

 それは、どんどんエスカレートして、立ち上げては、他人に任せ、次を立ち上げていたのです。

 こんな話を思い出したのも、助っ人している会社に ”お前が何者かわからんやつが、うちの会社に大勢いるから
 自慢話をおおいに盛り込んだ職歴書みたいなものを書いてくれといわれたのが・・きっかけです。

 いままで・・・自分が・・・やってきたことね・・・。

 若いころからのことを思い出し・・・適当に書いてみます・・。あ~っ・・・意外に凄いわ・・・と自分で思ってしまいます。

 いま、世の中にあふれ出ているエビの中で、新世代のエビに区分されているものには、たいていパイオニアとして
 関わっています。

 なぜか・・・その時・・・自分でも忘れていた・・ある事件が、ひらめきました。

 特に秘密保持の契約もかわしていなかったのですが・・・・関わった人間以外、知らない事件・・・

 それは・・・手持ち花火が燃え尽きる前に最後に明るく光る・・・そんな事件だったのです。

 私が、今、現在における時点で・・・あれは、最後の事件になりました。

 先ごろ、その時、巻きこんでしまった会社が、廃業してしまったのです。

 とんでもないフェイクを盛り込んで・・・次回あたりで語りだしましょう。

 ブログ・・・私の日記として・・。

 
 
by simarisu10 | 2016-03-05 23:00 | 平社員営業フロア
平社員、取り組むの巻
a0019545_19482655.jpg



 そう・・・まずは、高いから始めないと・・・・。

 木枯らし平社員・・・・・人間社会の会社と助っ人を頼まれた会社と2足わらじしています。

 といっても簡単な事では、ありません。助っ人を頼まれた会社の実情を知り、問題点を考え、改善にむけ努力します。

 それをやりつつ・・・本業のエビの販売もしなきゃいけません。

 でも・・・最初が肝心、まずは、助っ人している会社に全力を注ぐのです。

 考えます・・・・。そして、行動。 意外に簡単・・・。

 今日、助っ人している会社に まず500万利益向上の可能性を示唆します。私に与えれた使命は、
 最終的に年間5000万の利益を向上させることです。

 額は、いえませんが・・・・この仕事を成果を問わないという条件で・・・驚くべく安い金額で引き受けました。
 最初、5万円で引き受けようとしたのは、以前の記事どうり。でも・・・5万円で引き受けようとした男が、それを
 上積みしたところで・・・想定の範囲内です。

 私は、この計画を6か月以内に達成できるとふみました。

 数日間、やっているだけで・・・面白くてたまりません。どんどん、構想が湧いてきます。

 これ・・・・テストモデルとして・・水産流通のあり方を変えるかもしれません・・・。

 あたり一辺倒のことで500万の改善は、目途をたてたのですが・・その10倍となると、発想、そのものを
 かえなきゃいけません。

 一日、考え事をしていると、車で曲がり角をまがりそこなったり、交通事故をおこしかけたり・・・。
 一度のめりこむと・・・ダメなのです。

 ようやく、やり始めて4日目で大体の構想が、練れました。

 しかし・・・こんなことが・・本当にできるんだろうか・・・。

 依頼された会社からは、”穏便に和をもって遂行しろ”との命令です。

 穏便にね・・・・・そうは、いかなくなってしまいますよ・・・。悪魔になろうか、逃げだそうか思案中です。

 天使には、絶対なれそうもないです。

 依頼された会社に3か月でけりをつけますので、それ以降の報酬は、いりませんとつたえました。

 レールだけ作って、あとは、先方にまかせちゃいましょう。私は、やっぱり、海老屋をやっている方が向いてます。
 

 
by simarisu10 | 2016-03-04 20:31 | 平社員営業フロア
ローゴ
a0019545_20434240.jpg



 平社員も・・・とうとうこんな年になってしまいました・・。

 メァリィー社長のおかあさんが・・・ボケ始めたのではないかと・・・・。

 緊急、親族会議するのです。

 とりあえず、親族間で順番に世話をすることに・・。

 話している分には、普通にみえるのですが・・・・・。

 発端は、血まみれで歩いていたことなのです。

 おかあさんは、持病の心臓病のせいで血栓予防のため、血がかたまらない薬を飲んでいるのです。

 そのため、血が止まらず・・・血まみれで歩いていたのです。

 メァリィー社長は、職業がら出血に平気なのですが、義妹は、発見したとき慌てふためいたそうです。

 それを聞いて、私もこんな年になってしまったんだな・・・という方が、感慨深いのです。

 といいながら・・・平社員も血まみれ・・・。血便が止まらず・・・とうとう・・俺もガンか、潰瘍性大腸炎かと覚悟
 したのです。
 
 はい・・・・医者に「間違いなく痔!」といわれましたとさ・・・。

 会社に深刻に・・・ひょっとしたら・・・なんて報告した私は、後日、本社を笑いの渦にいたしましたとさ・・。

 

 
by simarisu10 | 2016-03-03 21:00 | 平社員休憩室
平社員と醤油いくらの巻き
a0019545_2051158.jpg


 部長・・・係長・・・意外にやっかいな案件にぶつかりました。

 得意先のオリジナル醤油イクラを作る件なのですっ。

 この話を聞いたとき・・・私は、メーカーを紹介するから、そちらと直接話してくださいと言ったのです。

 だって・・・・醤油イクラなんて、木枯らし平社員が台所でスジコからでも作れるような代物です。

 いくら+醤油+酒+みりんで簡単なものです。

 さて・・・試作品が、私のところに送られてきたとき・・・私は、怒ってしまいました。

 なぜなら・・・醤油イクラが、真っ黒に染め上がっているうえ、塩辛いのです。
 
 それは・・・まさに黒真珠と呼ぶにふさわしいものでした。見方によっては、こんな醤油イクラをみたことなかったので
 ”大人の醤油イクラ”と形容してもよかったくらいなのですが・・・塩分が多いのです。

 なんで、こんなことになったのか、事情聴取です。
 
 作った先は、言われたとうりのレシピで作ったとのこと。

 得意先は、店でやっている方法をそのまま教えたとのこと。

 ただ・・・明らかになにかが違います。 仕方ないので試作品の500gをえんえんと食べ続けます。

 おおよそが、見当がつきました。

 そこで・・・今度は、詳しい人間に意見を聞き、私の見当と重ね合わせると・・・・原因がわかりました。

 世の中で、醤油イクラとして出回っているものは、正確にいうと”味付けイクラ”なのですっ。

 もちろん、醤油も入っていますが・・・・完全な脇役。 さらにイクラの特性が、浸透圧の関係で私の想像と
 違うものだったのです。

 こうなると打開策は、簡単。得意先に断り、私の独断で作るのです・・。

 ところが・・・それも思わぬ事態に遭遇します・・。塩辛いのです・・。どうやら、イクラという商材は、私の想像以上に
 手ごわいのです。

 簡単に言います。浸透圧の関係なら、私の得意分野。しかし、イクラはは、海水生活をしていたサケが
 淡水で産卵するのです。

 淡水に触れると、表皮の幕が固くなって 卵の中の浸透圧を守るのです。

 自然の力・・・恐るべし。これは、木枯らしの推論なので実際には、違うかもしれませんが、試作品が予想を
 大きく裏切る展開になったので・・・。

 さて・・・・考えても、らちが明かないので、予備知識を学習し、工場と話し合いをするのです。

 少なくても、多くの醤油イクラができているので・・・欠点が、克服されているはず。

 その前に、回転すし、スーパーで目に入る醤油イクラを食べて・・・舌に覚えこませます。

 結論から言うと・・スーパーや100円回転すしのイクラは、美味しくありません。

 あれなら、私のできそこないの試作品の方がましです。

 中略しますが・・・

 
a0019545_21142610.jpg


 
a0019545_21144286.jpg


 五種類のサンプルを作ってもらいました。

 得意先と一緒に試作品を味見します。

 味に関しては、5種類のなかで3つ合格点がでます。しかし、木枯らしとしては、全部ボツです。

 かなりの工夫を凝らしたとおもったのですが・・・そうは、簡単にいかなかったのです。

 この商品を店舗でだしたら、食通には、非難されます。食べログなどに投稿された暁には、店の失態とも
 なりかねません。

 そう・・・店で使っている醤油イクラより、美味しいのに”ボツ”するのですっ。

 この件、一度、凍結し、私に一度、任せてくださいといって・・・目の前の そこそこの金額の話を一度、放棄します。

 イクラの場合、美味しいだけでは、ダメなことに気付いたのです。この先は、業界の専門的な話になるので
 割愛します。

 ということで、最初からやり直しなのです。 いつになったら、コレッっいうものができるのやら・・・。

 ただ、得意先の話と私の話が・・・一致するのです。

 最初に作った、真っ黒なイクラ・・・・得意先いわく、うちの店の イクラが苦手な子が、これなら、食べれますって食べるんですよ。
 
 いや・・私も、塩辛いと思いましたが・・・一人で500g平らげて・・・もう500g食べてもいいなって思っていたのです。

 あれ・・・本物の醤油イクラですから・・。真っ黒くて、塩味がきついだけで・・・。いわゆるエキスとか、グルタミン酸系統の
 添加物を一切いれてないんですよね・・・・。

 しかし・・・黒真珠のイクラなんて・・・出せないのです。

 ということで・・・・新展開を目指すのですっ。 次回の報告は、いつになるやら・・・。

 海老屋の私が、醤油イクラと格闘するなんて・・・予想外の展開なのですっ。

 しかし、勝算があるのですっ。失敗は、成功の母なのですっ!
 
 

 
by simarisu10 | 2016-03-02 21:32 | 平社員営業フロア
手抜き料理
a0019545_2029043.jpg



 最近、平社員もメァリィー社長もお疲れで・・お互い、夕食は、手抜きのしまくりです。

 平社員は、営業所を立ち上げ、メァリィー社長は、仕事時間が大幅に増えたようなので・・・

 以前は、週の3日づつ夕食を作り、日曜日だけが、二人で作るシフトでしたが・・。

 お惣菜やご飯に納豆だけ みたいな生活が続いています。

 う~ん、平社員も 夕食にかこつけた実験ができないので 突拍子もない創作料理ができないでいます。

 よしっ、今日は、社長になんか作るか・・・と思いきや・・・社長が先に帰っていて・・・おにぎりを作っていました。

 いや・・・それは、それでいいのですっ。最近、コンビニのおにぎりに、とっても う~んざりしていたところ。

 で、平社員は、おかずを受け持ちます。

 
a0019545_2036366.jpg


 はい、10分でできました。チンゲンサイと卵としめじとソーセジの炒め物。味付けは、かすかにマヨネーズにみりんだけ。

 ソーセージを細かく切って、それが調味料。 炒める時間を感覚でずらしていくだけです。マヨネーズは、かすかに

 味を感じる程度にしか使いません。

 ミニトマトをトッピングしてできあがり。

 食の美味しい北陸にいて・・・こんなのでいいのでしょうか?

 先日、メァリィ社長をお寿司に連れて行こうかと・・・お誘いして、地元の有名店をあげたのですが・・・
 行ったのは、”スシロー”でした。

 社長は、職人さんが握る寿司は、”気楽”でないので好きではないらしいのです・・・。

 都市部から来た私にとっては、もったいないと思うのです。わざわざ、都会の人間が、北陸に美味しい寿司を
 求めて ガイドブックに載っている店に来るのに・・・。金沢育ちの社長は、都市部発祥の回転すしを選ぶのですから。

 一度、グルメめぐりの友と比較したことがあるのです。 都市部発祥の回転すしの金沢店と金沢発祥の回転すしと
 どちらが、おいしいか、安いか、値打ちがあるかを・・・・

 金沢回転すしの圧勝です。使ったお金こそ、多少、多いものの・・・”お値打ち”の観点では、金沢の圧勝です。

 でも・・・メァリィ社長の言い分もわかる気がします。 金沢の有名回転すしは、並ばないとはいれませんが・・

 金沢の”スシロー”や”くら”なら、平日の夜なら、すんなりと入れます・・・。大阪じゃ、平日でも並ばなければいけないかも・・。

 それにメァリィ社長は、回転すしで デザートが食べれるのが、お気に入り。実を言うと金沢の有名回転すしでも
 デザートあるんですけど・・・これに関しては、”スシロー”に分が上がります。
 
 先日、スシローに行った時、ノドグロ(赤むつ)のメニューがありましたが(フェアでした。)・・・280円/一貫 一皿。

 金沢の有名店なら、560円で2貫。 味の勝負なら・・・いうまでもありません。

 それでも、スシロー、意外に健闘したなって感じなのですっ。本場相手に よく頑張ったとエールをおくるのですっ。
by simarisu10 | 2016-03-01 20:53 | 平社員休憩室