<   2013年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧
ハラル
a0019545_2004997.jpg



  きょうは、ちょっと つまらない話です。

  平社員、仕事上で輸出方面の仕事もあります。
  
  大抵、エクスポーター、シッパーと業界で呼ばれている方々に「海老」を提供するだけなのですが・・。

  私の海老は・・・たいがい、香港に・・・。

  しかし、昨年、シンガポールへの輸出の試み、今年は、タイと新たに香港から、引き合いがきています。

  今後の輸出相手として インドネシアが、注目されています。

  最近、石川県のジェトロ(日本貿易振興機構)との接点が、増えているのです。
  
  今日も講習会に参加して、輸出に関する知識を学びます。

  今回は ハラル についての講習です。

  話は、聞いていたのですが・・・その概念が・・・ちょっと違います。
 
  イスラム教の戒律で「豚や血、死肉・・・その他、動物を捕食するための牙や角を持つ動物を食べる事
  を禁ずる」

  というのが、あるのです。厳密にいうと、範囲が、かなり広くなります。
  また、イスラム教の「派」や国でも基準が違うのです。

  さらに・・・食べられる動物でも 殺し方、血の抜き方などにも基準があります。

  そういえば、昨年、シンガポールにいった飛行機で隣の席のイケメンの好青年が、イスラム教徒で
  あったので 一人、特注の機内食を食べておりました。 となりの席だったので横目で覗き込んだの
  ですが・・・「おっ、うまそう・・・こりゃ、チキンだな・・・」なんて思っておりました。

  ハラルというのは、平たく言うと 良い、穢れないという意味。 ハラームは、これの反対語で
  悪い、穢れる。という意。 さらにハラームな食品を食べたものは、穢れない他の教徒に穢れ(けがれ)を
  移す、意味合いもあるので・・・ハラームにならないため、ハラルな食べ物に固執するんだそうです。

  日本で感覚的に近いのは「エンガチョ!」と犬の糞を踏んだ子供に対して宣言し、逃げる感覚・・・
  というような感じらしいのですが・・。

  この定義が・・割合、ややこしくて・・・

  水の中だけ生活できる魚は、ハラル(良い)、しかし、水と陸地、どちらでも生活するカエルは、
  ハラーム(駄目)

  水の中だけで生活するカニは、ハラル(良い) 陸上と水中を行き来できるカニは、ハラーム(ダメ)

  うん?と・・・いうことは、飼料で飼われているニワトリは、OKだけど、ニワトリが野生化して
  生きている虫をクチバシでつついたとたん ダメになるということか・・・

  当社の役職者は、誰も生きた虫をついばんだことがないので・・・ハラル?
 
  しかし、ヨークシャテリアのココ秘書は、生まれつき、他の動物を捕食するための牙を持っているので
  ハラーム?しかし、ドックフードと私の作る料理くらいしか食べてないけども・・・


  他には、緊急時には、神の寛容において 禁止食材を食べることが可能だったりします。

  しらないで食べてしまった場合もOKです。

  なんで、こんな事を学ぶ必要があるのかというと・・・イスラム教徒は、年々増加の傾向にあり
  すでに世界的にイスラム教徒なくして語れない部分があるのに対し、食材供給においては
  制限が かかっているので・・日本においては、これからのマーケットと捉える必要があるとのこと。
  
  しかし・・・事実上・・・日本では、不可能なんだそうです。国や宗派により、違うのですが
  生産場所から、半径40km以内にブタが、いては、いけないのだそうです・・。

  いまや・・ペットとして ミニブタが、家庭にいる場合もありますしね・・。


  ただ・・疑問に思ったのは・・・魚だって・・赤い血を流すぞ・・・あれは、どうなるんだ?
  で・・海老でも赤くないだけで「血」は、流れているし・・・。

  イスラム教徒=ベジタリアン でないので・・・。ここが、厄介なのです。

  これは・・・面倒なので、イスラム圏は、避けようと思っていたら・・・いまや、アジア圏でも相当な
  イスラム教徒がいるとのこと・・・さらには、増加中とのこと。
  仏教徒が、イスラム教徒になることが、珍しくないとのこと・・・。だから、仏教徒の本場の中国でも
  イスラム教徒が、大勢いるとの事。


  まっ・・・とりあえず・・・海老は、ザリガニ類を別にするとOKかな・・。

  ウチのココ秘書、 食用には、されないから・・・安心して、寝るのだよん。

  
  
a0019545_20493723.jpg

  

  
by simarisu10 | 2013-07-30 20:46 | 平社員営業フロア
ひまわり
a0019545_19483070.jpg



 暑いのですっ。

 ナイン社の庭には、ひまわりがたくさん、咲いています。

 目論見どうりになりました。


 ナイン社は、非常によく、お子様たちの進入を許してしまいます。
 
 私は、いいと思うのですが・・・。

 社長が、「なにかあったら困る」との事で・・・

 平和的な解決手段として・・・夏の間しか有効では、ありませんが・・。「ひまわりの壁」を作ることに。

 いや・・・なかなか、いいのですっ。

 
a0019545_19571013.jpg


 
a0019545_195730100.jpg


 ひまわりは・・・普通のを育てるのでは、面白くありません。 

 このナイン社の前身のエイト社の創業者 シマリスのロン氏に敬意を表し、ペット用の
 ひまわりの種を用いました。

 鳥たちに人気で、生種がついばまれているのです(笑)


 この夏の暑さで 肥料係の ココ秘書も エアコンの効いた社内に戻ることしか考えておりません。
 
 
a0019545_19584956.jpg


  
 
a0019545_2015771.jpg


 
a0019545_202141.jpg

by simarisu10 | 2013-07-28 20:01 | 平社員休憩室
TPP?TTP?
a0019545_1743479.jpg



 えっと・・・・申し上げにくいのですが・・・ TTP ではなく TPP( Trans-Pacific Partnership)の略です。


 それにピコ係鳥・・・いまや、とんでもハップン! は「死語」です。

 いまや・・「KY」(空気読めない)も 死語にちかづいているのです・・・。

 それは・・・・ともかく・・。

 TPPの条約締結が 見えてくるに従い・・・私の仕事にも影響が出始めます。

 すでに「先」を読んでいるのは、外国の方かもしれません。ビッグビジネスチャンス到来なのです。

 日本は、「円」の国際的な優位性を生かし、安い原料を買い、付加価値をつけて輸出しておりました。
 (近年では、だいぶ事情が違いますが・・・)

 しかし、今回のTPPは・・・・「日本の物が、安く買えるのです」

 いまや、世界から見ると 日本食の世界的ブームのおかげで 日本の食材は、ブランド品なのです。
 海外から安い農産物や水産物が入ってくると恐れるより、積極的に 輸出した方がいいのです。

 知らない人が、多いだけで 「本物」の日本産は、それだけで「価値」があるのです。

 だから海外では、日本では、知られてない日本のメーカーの製品が、日本を代表するメーカーとして
 君臨しちゃっている事が・・・多々あるのです。

 かなり違いますが、このブログで書いた 「出前一丁」の海外での人気の凄さが、私の言いたいことを
 表しています。

 ということで・・・・春から仕掛けておいた海外向けの商談が このところおTPP 日本参加を受けて
 急に熱を帯び始めました。

 いまのところ 海外2社(大手)との交渉をもっています。

 
a0019545_185335.jpg


 えっ?海草を提案してくれ?

 
a0019545_18533836.jpg


 
a0019545_18535778.jpg


 
a0019545_18541431.jpg


 
a0019545_18542972.jpg


 まっ・・・魚は、わかるのですが・・・・。

 カニは、まだ、漁期じゃないです~。とか、詳細なデーターやらサンプルだの・・・
 漁獲量だの年間の平均相場だの・・・

 えっ・・・香港付け? えっと・・・そうか、あそこは、放射能検査が要らないな・・・

 魚価が、低迷している国内の水産物・・・。TPPには、条件いいです・・。

 とても、私だけでは追いつきませんので・・・仲間を巻き込んでいくのですっ。

 狙っては、いましたが・・・それが、現実味を帯びると意外に想定外・・・。

 まだまだ、始まったばかりなのですっ。
 
by simarisu10 | 2013-07-25 19:06 | 平社員営業フロア
平社員、庭に凝るの巻
a0019545_16333523.jpg



 現在、一戸建てになっている ぶんちょうナイン社。 庭があるので・・・いろいろ花なんかを
 育てている平社員です。

 庭に水を撒くときは、ココ秘書に同伴してもらい・・・・肥料を提供していただきます。

 ココ秘書(ヨークシャーテリア)の肥料は・・効果抜群ですっ。おかげで・・・一時は、駄目かと思われた
 日日草が・・・・驚異の復活。

 
a0019545_16364872.jpg



 肥料等は、化学肥料から、堆肥から・・いろいろ揃えているのですが・・・ココ秘書の排出する肥料の
 効果に驚き、牛糞を買いたいと言い出すと・・・

 メァリィ社長が・・・「それだけは、ぜ~~~~ったい、やめて!」との事。

 そこで 生ゴミで肥料を作りたいと言ったら・・・「それも駄目」とのこと。
 
 しかたないので・・・・枯葉や、剪定した葉などで肥料を作ることに・・・


 
a0019545_16413834.jpg


 これを使って・・・漬物樽に 枯葉や剪定した花や葉を放り込みます。ナイショで生ゴミも放り込みます。

 
a0019545_16423233.jpg


 どんな堆肥ができるか、楽しみでワクワクです。

 近所に 花がいっぱいの庭があるのは、ナイン社と数軒だけ。
 今時の家は、庭は、あまりつくらないようです。余った土地は、カラフルな砂利や芝生にしています。

 庭に毎日、水を撒いていると 知り合いのバッタやカマキリ、クモなんかが、出来てきます。
 そそ・・・知り合いのコオロギもできました・・・。みんな、日に日に大きくなっていくのです。

 小指の爪ほどのバッタが、いまや10cmくらいに育っていて、「鳥に食べられるなよ」と
 願う毎日です。
 
 
a0019545_16514774.jpg


 
a0019545_1652390.jpg


 
a0019545_16522053.jpg


 
a0019545_16524579.jpg


 
a0019545_16531577.jpg


 コオロギも最初は、上手く鳴けなかったのですが・・・昨夜あたりから、ちぃ~っとは、
 聞けるように鳴けるようになってきました。

 部屋で薄めた日本酒をちびちびやりながら・・・あいつ、上手に鳴けるようになったじゃないかと
 思うと・・・これまた、聞く「酒の肴」なのですっ。

 いいのですっ! 家を小さく設計して、持て余した土地を 適当に「庭」にしたのですが・・
 おかげで人生が楽しくなりました。


 

 
by simarisu10 | 2013-07-24 17:00 | 平社員休憩室
酒を考える の巻
a0019545_2093830.jpg



 ピコ係鳥・・・・すでに社長には、ばれていると思われます・・・。

 生まれつき、酒に強い体質。 海外では、コミュニケーションにおいて非常に役にたちます。

 一日、一升。 数年前までやっていました。

 若い頃は、さらにすざまじく・・・毎日、ジンを一本にビールを大量に近所の酒屋に買いにいっていたのです。

 最初の頃は、上客扱いでニコニコされていたのですが・・・・そのうち、薄気味悪くなったのでしょう。

 お金を受け取ると 逃げるように店の奥に逃げていくようになりました・・。

 あれには・・・・さすがに参りました。 アル中じゃないんですけど・・・。

 さすがに 私と結婚してメァリィ社長も その凄さに驚き・・・節酒令が発令されました。

 おかで家の飲み代、数万円が・・・一気に1万円を越さないレベルに・・。

 とはいえ・・・・まだまだ、酒と語りたい年頃でもあります。

 好物の蒸留酒を焼酎以外を封印し、自室にもどって寝る前・・・隠していたお酒を飲みだします。

 
a0019545_20195291.jpg


 低アルコール日本酒。さらにこれを水で割って 小さなコップですこ~しづつ飲んでいます。

 いや・・・・慣れると こちらの方がいいのです。

 
 むしろ、最近は・・・節酒令のおかげで、とんでもなく飲めなくなってきました。

 そのうち、居酒屋さんでも日本酒を水で割って 飲み始めるような気がします・・・。


 若い頃は、高い酒を飲んでいましたが・・・今は、アルコールが混ざっていればいいのです。

 実をいうと酒代を節減するため、ためしにアマゾンで消毒用エチルアルコールを買って
 薄めてのんでいたのですが・・・意外にいけたので・・・・逆に すぐにやめました(笑)

 さすがに・・・「危ない人」の認定となるでしょう。

 私の人生の目的は、「世の中の観察者となり、自分でも人生を体験することで その意味を死ぬ直前までに
 導きだす。」ことなのです。

 酒をのみつつ、今、自分とそのまわりに起こっている事に想いをめぐらします。

 そんなときにアルコールは、良い思考能力増強剤となってくれます。

 道なきフィールドに 四駆でそろりそろりと道を作って歩んで行く、だけど、目的地だけは、見失しなわない。
 回り道したり、スタートに戻ってもいいのです。目的地だけは、決めておく。
 たどりつけるかどうかもわからない。

 あまり語ると大変な事をいいだしそうなので、やめておきましょう。

 やっぱり・・・アルコール抜きでは、こんな妄想ができないので・・・・私には、必要な物質です。



 
 

 
 
 
by simarisu10 | 2013-07-23 20:52 | 平社員休憩室
男の料理
a0019545_2014856.jpg



 いえ・・・まぁ・・・手抜きです。

 ナイン社では、メァリィ社長と平社員、時間の都合の付く方が、夕食を用意することになっています。

 両方とも都合付かないときや 料理を作る気がないときは、なにかしらお互いで都合をつけます。

 で・・・今日は、最近、マイブームな 鶏肉オーブン料理!

 まず、安い胸肉を買ってきて 包丁で切らない程度に切れ目をたくさん入れます。

 そこに岩塩、ニンニクのみじん切り、しょうが、コショウ、適当に思いついた調味料を表面と裏側
 切れ目にすりこみます。ニンニクは、すらないでみじん切りがいいかと・・。
 そこに少量のオリーブオイルで、岩塩をなじませます。

 あとは、グラタン皿に入れてオーブンやオーブントースターで30分くらい焼くのです。

 鶏皮から、脂が溶け出てくるので、グラタン皿には、油は、ひかなくてもいいです。

 焼きあがったら・・・そこで切り分けます。

 
a0019545_2092365.jpg


 こ・・・これが、うまいのです。鶏肉のエキスも出て、チキン味。
 
 冷えたビールを片手に一杯やるのです。

 オーブンには、乱切りしたかぼちゃを放り込んでおくと、味付けしないのにホクホクなベイクドカボチャが
 できあがります。

 平社員的には、大好物クラスの味なのですが・・・・

 女性のメァリィ社長は・・・「ニンニク~?!」と言って・・・食べてくれないのが、予想できるので。

 社長むけには

 
a0019545_20133158.jpg


 
a0019545_20134669.jpg


 同じ手順で 塩、コショウして、程よく焼いてから、後乗せのとろけるチーズで、再度、加熱。

 かぼちゃも同様にしておきます。

 ちょっといたずらして、ハバネロペッパーを一部分に仕込んでおきます(笑)
 メァリイ社長も思わず、私が冷凍庫で冷やしておいたチューハイをがぶ飲みするに違いないと
 ほくそそえみます。

 ちと、面倒ですが・・・・男の「食」が 女性に全面的に 受けいられないことを 意識しておくのも
 これ、料理の心得です。

 もっとも個人差が、激しいことも承知なのです。

 もっと、簡単にいうと・・・相手を知り、相手の喜ぶ顔が見たい料理を作るのも 料理の「喜び」と
 いうべきなのでしょうか。

 それが、手抜き程度で出来るなら、それもまた「楽し」なのですっ。
by simarisu10 | 2013-07-22 20:20 | 平社員休憩室
夏だ!キャンプ場だ!それいけスマート!
a0019545_19473976.jpg


 夏になると ぶんちょうナイン社・・・メァリィ社長とココ秘書(ヨークシャテリア)と木枯らし平社員だけで
 キャンプ場にでかけます。


 メァリィ社長のご好意で・・・今回は、帰り、運転するから「飲んでいいよ」とのこと!

 やったのですっ!


 行き先は、決まっています 「白山吉野オートキャンプ場」 いろいろ行ったのですが・・・

 やっぱり、ここが一番!

 広い芝生! 安い料金! なんか、滑っているイベント! いつ予約しても 間違えられてばかりの
 管理人のご年配の方々(でもとても親切!)

 暑くても 風が通るので ターフを張れば さほどでもありません。

 なっていったって・・・ナイン社から 1時間かかりません。

 
a0019545_19535071.jpg


 平社員は、「山派」なので キャンピング派では、ありません。 設営、撤収、開放感、耐強風、耐豪雨に
 優れるターフを愛用します。

 テントは、蒸れるから・・・好きじゃないのです。

 さっ、夏の画像を次々と!

 
a0019545_1956373.jpg


 
a0019545_19562410.jpg


 
a0019545_19565039.jpg


 
a0019545_19571326.jpg


 
a0019545_19574192.jpg


 
a0019545_19581264.jpg


 
a0019545_1958584.jpg


 
a0019545_19591512.jpg



 いつきても・・・人が少ないです。 バーベーキューサイトもあるし、川で泳げるし、
 しょぼい、サイクリング施設もあるし・・・ゴムボートで川くだりもできるし
 ペット同伴で広い芝生を駆け回ることもおもいのまま。

 これでビールを片手にグイグイやって、昼寝して・・・使用料金 日帰り1000円は、安い・・。

 安すぎる・・・。もっと払いたいですが・・・・払う理由がみつからない・・。

 よく見ると、クワガタやナナフシなんかもいます。

 他府県からの利用も多いみたいです。

 
a0019545_207526.jpg


 ココ秘書と一緒に芝生を走って走って ココ秘書に水をぶっかけて・・・へばらせて、
 秘書いじめをして楽しむ平社員なのですっ。

 
a0019545_2016171.jpg


 白山吉野キャンプ場


 おすすめだぜっ! とココ秘書(♀)も申しております。

 
a0019545_20362388.jpg

by simarisu10 | 2013-07-21 20:08 | 平社員休憩室
simple-∞
a0019545_21214929.jpg



 ジョン部長代理、ご発声ありがとうございます。

 ぶんちょうナイン社が、応援する simple-∞ の NEWアルバム

 「free bird」 なのです。


 
a0019545_21235414.jpg

 


 収録曲 試聴

 イキル
  
 届くように
 

 ヒーリング&ポップ&ロック

 下手に恋愛を描くより、生きる人間を 日常の人生の素晴らしさを 一コマ一コマを描いた曲

 聴きやすい歌詞から、その場面が脳裏に映し出されます。

 私は、部屋を暗くして、デスクランプだけつけて、酒を片手に聴くのです。

 しっとりとした naomi* さんの声で部屋がみたされると、「場」が出来てきます。

 今回のアルバムで好きな曲は「届くように」と「この空を何万回」なのです。

 ちょっと 普通の楽曲と趣きが異なりますので、最初聴く方には「???」かもしれません。

 なんで・・・俺 生きてるんだろうな~ とか ちょっと方向を見失っている人には、特効薬(笑)と
 なりますのです。

 アマゾンで買えるのですっ。 

 
 ジャケットのデザインが良くて、見惚れてしまう 木枯らし平社員なのですっ。
 
 
by simarisu10 | 2013-07-20 21:44 | 平社員休憩室
そば寿司なのですっ
a0019545_20272133.jpg



 ジョン部長代理、ご発声ありがとうございます。


 大阪のそば屋のチェーン店のキャッチフレーズなのですが・・・ これが、平社員、大好きで・・。

 大阪在住時には、よく 家族亭に食べにいったものです。

 当時、勤めていた会社に と~ってもソバ好きの役職者がいまして・・・よく、連れて行ってもらいました。

 そこで、「ソバ」のなんたるかを知り・・・その後、ソバ好きになってしまったのです。

 私が ソバ屋さんで発声するのは、「モリ2枚」。この発声をするとソバ好きのプライドが
 と~っても満足します・

 「大盛り」では、ちと風情がないのです。

 いまでも・・・発声できないのは、「あつもり」です。

 これは、あたたかいザル蕎麦とおもってくれて 大丈夫。

 しかし・・・私・・あつもり・・・は、駄目です・・。ところが、蕎麦好きの上級者になると 
 ここにいきつくのだそうです・・。

 
a0019545_20355362.jpg


 暑い夏には、そばをい~っぱい茹でて!

 



a0019545_20364755.jpg



 そば寿司にしちゃいますのですっ!

 これが・・・美味しいのです。蕎麦に寿司酢を混ぜて、太巻きよろしく海苔を巻いて切っただけの
 代物ですが・・・・
 
 木枯らし平社員・・・好きですね~。

 大阪在住の時には、メニューにあると必ず頼んだものです。でも・・金沢では、まるで見かけないので
 自分で作るしかありません。

 まっ・・・我流で作っても、そこそこ美味しいのです。

 ちなみに・・・・東京出張に行くと・・・築地の長生庵(海老の大丸ビル近く)

には、出来る限り行きます。 決して極上の蕎麦では、ありませんが・・・ここのファンです。


a0019545_20486100.jpg


いつ、食べても・・・「うまい!」と思います。 長靴をはいた水産関係者、御用達のお店なのも
うなずけます。
by simarisu10 | 2013-07-19 20:49 | 平社員営業フロア
ブルーシュリンプ 2
a0019545_19583350.jpg




 暑中お見舞い申し上げます。


 当社の ココ秘書も 砂浜散歩などすると・・・あっというまに ばててしまい、座り込んでしまいます。

 それでも平社員に「運動」と称して 暑い砂浜を駆けずりまわされております。可哀想に・・・・。


 さて・・・ブルーシュリンプの続き・・・


 ブルーシュリンプは、元来、自然界には、存在しない種類と言っても良いかと・・。

 南米原産の業界でいう メキシカンホワイトが原種であったと記憶しています。

 それを養殖用に品種改良したのが、ブルーシュリンプ。そして、もう一つが、スーパーで並べられている
 バナメイ海老。
 
 ひとつの種から、2方向へ進化した(進化させられた)のです。これをステレオタイプと言って
 バナメイ海老とブルーシュリンプは、共にステレオタイプの海老なのです。

 人間が、品種改良によって作り出されたものなので、特に和名や学名がもうけられておりませんが
 原種の学名が、あてられ、流通名として 勝手にバナメイ海老だのブルーシュリンプとして呼称されています。
 
 これは、園芸の花なんかを思い浮かべてもらうといいのですが・・お店で売られている花と原種では
 同じ花なのかと思うくらい変化をとげています。

 こういう場合、とくに正式和名がもうけられず、流通名が、仮の和名となります。

 アルゼンチン赤えびは、「クダヒゲエビ」の仲間にも関わらず、和名がつけられる前に一般に広く
 流通してしまったので 業界での呼称、アルゼンチン赤海老と表示されるようになりました。
 
 いまさら、アルゼンチン赤クダヒゲエビなんて 正式和名をつけられても混乱しか招きません。

 ブルーシュリンプも例外でなく、当初は、ブルータイガーという呼称でしたが・・・
 この海老を広く流通させようとした会社が、失敗させたため、それは、定着しませんでした。

 結局、この海老を日本に継続的に流通させることができたのは、ゴダックという会社です。

 養殖地が、ニューカレドニア産だったからでしょう。森村桂氏の著作「天国に一番近い島」に
 ちなんで(推測) 「天使の海老(副題:イマジン)」という サブタイトルを持つブランドで
 売り出されました。

 当初は・・・全く、売れない海老だったのですが・・・。

 ある日、天使の海老の拡販を依頼されている商売仲間と話していたら 

 「あの海老は、全く売れないよ・・・・」 とのこと。
 「えっ、それなら、こっちで拡販してみていい?」と聞いたら、「売れないと思うよ・・・あれは・・」と言いながら
 資料等をいただきました。

 その時、入社して ど~にも売込みが出来ない新入社員に「これ、売ってみろ」と売らせたところ・・・
 大当たり。
 
 当時、私が勤めていた会社は、ホテルなどに広く販路をもっていました。まだ、時代は、バブルの
 余韻が残っており、ホテルは、結婚式需要が まだまだありました。

 結婚式のメニューに 「天使の海老 キィウィーソース添え」 なんてやると、簡単に一品作れたのです。
 また、イタリアンパスタのお店にも 受けました。お洒落なイタリアンで 「天使の海老のバジルパスタ」
 な~んてやると、女性向けの人気メニューの出来上がり。

 生食用の海老ですが、加熱して使われたので 海老は、赤くなったので・・

 海老が真っ青なことなんて 誰も気にしなかったんですね。

 ほどなく、新人の転勤で 私が担当することになったのですが・・・売り上げは、右肩上がり。
 あとで聞いた話ですが・・・その時は、私が、日本で一番 売っていたそうです。

 それは、会社の営業会議で話題となり、全国の支社や営業所で「拡販」が 行われるようになりました。
 
 結果・・・・会社単位で結構な扱い数量となりました。知名度ができてしまうと・・あとは、ひとりでに 
 売れるようになるものです。

 しかし、私が勤めていた会社は、この結果に業を煮やすことになります。

 というのも・・・仕入先が、1社しかないので 価格に対しビッドを打つことができないのです。
 よ~するに思うように「値切れない」のです。

 販路を広めても 他社に同じものを持ってこられて 安い見積もりを持ってこられると、それを
 根拠に売り先からは、値切られて、利益だけが減ったのです。

 業を煮やした会社は、商社と手を組み オリジナルのブルーシュリンプを養殖から販売まで
 一貫した事業を組み立てることを考えました。

 そこで・・・・プロジェクトの一員に選抜されたのが・・・私です。

 私は、天使の海老が商品として売れた理由は・・・

              「ネーミングの勝利」と考えていました。

 結婚式場やイタリアンから 火がついたなら・・・ターゲットは、そこです。

 しかし・・・「天使の海老」の知名度とネーミングの良さに 対抗できるブランド名が・・・

 
 
a0019545_20535766.jpg


 
a0019545_20531989.jpg
 

  下のデザインは、海のサンゴ礁を入れるつもりでしたが、適当な画像がなかったのです。

  得意の KJ発想法 を用いて たどり着いたブランド名が「藍の海老」でした。

 本当は「愛のえび」 としたかったのですが・・・社内プレゼンで
 いきなり「愛のえび」としたら、役員様たちに 「お前は、ふざけているのか~!」と言われるのが
 目に見えていたので・・・。

 デザインは、シンプルに南国の海の青さをイメージした ラフデザインで社内プレゼンしたのですが
 たしか、苦労して作った資料も5分後には、社長の一声で「却下!」されたと記憶しています。

 その後、プロジェクトには、ある問題が発生し、空中分解してしまったのです。

 その後、「天使の海老」に対抗するべく、各社が対抗製品を打ち出し、拡販の依頼を受けましたが・・
 
 私は、対抗製品の弱点「ネーミングの悪さ」を見抜いておりましたので・・・あまり、力が入りませんでした。

 この話は、まだ、続けることもできるのですが・・・面白くないので、これで打ち切りにしましょう。

 
a0019545_218218.jpg


 今回、発売された「葵の煌き(あおのきらめき)」が、どこまでシェアを伸ばせるか楽しんで
 観戦することにしております。

 ちなみに これで 海老チリを作って食べて見ました。味は、トップシェアの「天使の海老」と互角です。

 
a0019545_21104885.jpg


 今回の私は、傍観者。どうなるのかなっ(笑)

 やっぱり、ネーミングを 

 「愛のえび」 サブタイトル”南国夜空に星いっぱい” 

 くらいににしなくちゃ・・・分が悪いように思うのですが・・。
 
 

 

   
by simarisu10 | 2013-07-18 21:12 | 平社員営業フロア