<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ひゃ~・・明日は、テレビの日
a0019545_18134536.jpg


 そうなのです・・ピナ課長・・。

 見事に禁酒している平社員です・・。 やれば・・出来るものですね・・。

 いままで20数年間・・・いや・・まてよ・・・高校から飲んでいたから・・・30年近く・・

 この人生酒びたりの日々は、なんだったんでしょ・・。


 でも・・・お酒がないと・・・寂しいような食材が・・手元にどんどん舞い込んできます。

 
a0019545_18194561.jpg



 北海道の 本シシャモ・・・これ・・私の好物なんです。

 人間社会の会社で担当者が売り困っているようなので・・買ったのです。(高価です・・)
 
 画像のシシャモは・・オスです。シシャモと言うと・・メスが一般的ですが・・
 身は、オスの方が美味しいと思います。
a0019545_18222831.jpg


 それから・・バイガイの煮付け。

 これ・・・いけるんです。美味しいです。 北陸では、メジャーな貝ですが・・太平洋側では
 あまりなじみのない貝。

 サザエなんかより・・断然、美味しいです。人間社会の会社での企画商品なのですが・・
 なかなか、良く出来ています。

 お酢のドリンクを飲みながら、バイガイでいっぱい・・。本当は、熱燗が欲しいところですが・・。

 

 そそ・・・明日、9月30日は、テレビ金沢「となりのテレ金ちゃん」 旬ネタ@市場 のコーナーに
 出演する日。

 明日は、「ノドグロ」が、テーマです。

 夕方5時前後に放映の予定なので・・よろしければ、観てくださいですっ。




 
a0019545_1829033.jpg


 今日のせいぶつへいき。

 社長秘書のココ氏は、興奮すると部屋中を凄い勢いでかけずりまわり・・

 なるほど・・せいぶつへいき・・と 平社員につぶやかれております・・。
 

 
by simarisu10 | 2010-09-29 18:30 | 平社員休憩室
鳥さん、鳥さん
a0019545_1812619.jpg



 昨日、今日と寒くなったら・・平社員の周りに管理職がまとわりついてこられます。

 ネル次長にいたっては・・・手の中に入り込んで暖をとります(笑)

 さてさて・・少し前のお話・・

 駐車場に車をとめてみると・・鳥さんの屍骸が・・

 こりゃ・・ほっておくわけにもいかないし・・どこかに埋めるかと考えました。

 さて・・どこに埋めようかと考えていると

 「ぎゃ~っ」 と悲鳴が・・

 隣の奥さんでした・・。どうやら、私にむかって叫んだようです。

 あっ・・私が 鳥さんを殺したと思っているのだな・・・と思い、弁解したのですが・・

 「いえ・・私が、朝、車で轢いてしまって・・だから、埋めておかなきゃとおもって来てみたら・・」

 う~ん・・・それなら・・なんで、私に対して悲鳴をあげるんだろ・・・不気味に見えたかな?
 とりあえず、ナイン社は、鳥類に対しては、出来る限りの保護を惜しみません。

 あの・・・私が、ちゃんと埋めときますから・・大丈夫ですよ・・。 

 と・・一言、言ったのですが・・あまり・・理解されていないようでした・・。

 
a0019545_18214639.jpg


 しかし・・鳥さんの屍骸・・どうみても車で轢かれたのではなく・・なにかしらの病気にかかって
 死亡したみたいです・・・・。

 ちょっと・・クチバシが、ボロボロになっているあたり・・不気味ですが・・。

 それから、どういう風のふきまわしか・・・隣の奥さんは・・・私に対し愛想が良くなったような気が・・。

 私の顔や身体のイメージjから・・・鳥の屍骸は、食べるために持っていこうとしていたと見えたのでしょうか?

 
a0019545_18252260.jpg



 ↑ サギさんです。

 先日、人間社会の冷蔵倉庫に海老を取りに行ったら・・・駐車場にサギさんが・・

 あれっ?人間を怖がらない・・・。

 近くにいたカジキを扱う 担当者に聞いたら・・
 
 「あれ・・ワシのペット。 冷凍カジキの破片を投げてやっているうちにくるようになった・・。
 もう・・何年も続いてる。」

 とのことでした・・・。 サギさんが・・・カジキをねぇ・・・。食べるんだ・・・。

 
a0019545_18292447.jpg


 ちょっと・・・これは・・みれない風景だな・・・なんて思いながらみてました・・。

 時々、もう一羽連れてくるときもあるそうなのです。
by simarisu10 | 2010-09-24 18:35 | 平社員休憩室
いろいろ・・
a0019545_16363583.jpg



 ネル次長・・・管理職のみなさんが・・ナイン社のいたるところで排泄物を
 撒き散らかすので、平社員は、掃除ばかりしなくちゃいけないのです。

 行動範囲が旧社屋よりひろくなったため・・掃除がたいへんなのです。

 2ヶ月に一度は、社屋中のカーテン掃除。メァリィ社長が怒り出したら大変ですよ。
 
 管理職さま全員、鳥かご 監禁の目にあいますよ。

 ただでさえ・・社長から・・「過保護」のレッテルを貼られているのですから・・。


 
a0019545_16412461.jpg


 昨日は、久しぶりに 北陸名産 カジキの昆布〆でいっぱいやったのです。

 いっぱいといっても・・お酒ではなく・・リンゴ酢で・・。

 珍しく? 禁酒が続いています。

 というより・・凝り性の私・・・。酢を使ったドリンクをいろいろ試して・・
 酢のドリンクで プハ~ッ、うまいっ・・たまりまへんで・・・ とのたまっています。

 いろいろ試したのですが・・リンゴ酢が一番 うまいっ!のですっ。

 そそ・・カジキの昆布〆でした・・。

 北陸に来てから・・海老の他に カジキなんかも気が向いたら売っているのですが・・

 金沢のカジキは・・たまらなく美味しいのです。

 別に金沢や北陸でカジキが大量にとれるわけでないのですが・・
 カジキを好んで食べるので・・・世界中から、いいカジキが集まります。
 
 もちろん・・北陸でも少量ながらカジキがとれるのですが・・。

 あるとき・・カジキを関東に売った時のお話・・
 
 クレームが出たのです。

 解凍したカジキを切ったら・・縮むと・・

 コレを人間社会の会社で話したら・・期せずして笑いが起こりました。

 「こがらしさ~ん、新鮮なカジキは、縮むの。それは、こちらじゃ チヂミ といって
  最高級品だよ。死後硬直が起こる前に冷凍がかかるとそうなるの。」

 と・・だったのです。刺身でカジキを食べる習慣のある金沢だからこそ チヂミ(縮み)が
 起こるカジキが入荷するんですね。
 
 「いや~関東の人間は、見たことないだろうよなぁ・・・」との事です。

 今回、食べたカジキの昆布〆は、そのチヂミを使った こだわりの昆布〆。

 いや・・・美味しかったです。

 いや・・北陸ならでは・・。北陸の生協で手に入ります。(高いですが・・)
 山下商店のカジキの昆布〆。これは、お勧めなのです。


 
a0019545_16595696.jpg
 

              ↑ 社長のひざの中に入って、平社員の魔の手から逃れようとしている せいぶつへいき ココ氏
by simarisu10 | 2010-09-13 17:01 | 平社員休憩室
生の甘エビなのですっ!
a0019545_17482582.jpg



 そういえば・・・久しぶりの海老ネタですねぇ~。

 もう 赤海老エイト社は、解散して 今は、 ぶんちょうナイン社なので

 当たり前といえば・・そうなのですが・・。

 赤海老(甘エビ)のエキスパートを自称する 木枯らし平社員。

 とは・・言え・・冷凍の赤海老専門なのです。

 9月1日は、底引き解禁。

 北陸地方には、生の甘エビが、どどどっ・・と入荷してきます。

 待っていました、このときを・。

 
a0019545_1751424.jpg


 近所のスーパーに行くと・・福井県産の甘エビが 15匹で298円です。

 安い!安すぎる!

 こんなもの 都市部の居酒屋で食べたら・・どれだけ取られるやら・・。
 
 それに・・都市部の居酒屋に並ぶ頃には・・この鮮度は、保てません・・。

 いひひっ・・・北陸に住んでいる特権です。

 根が 大阪の住民の木枯らしにとっては・・・嬉しい時・・。

 
a0019545_17533534.jpg



 ええっ・・・そりゃ・・市場に勤めているので・・市場からも買えるのですが・・
 最低単位が、3kgですから・・・ちょっと、人間は、二人のナイン社では・・厳しいものが
 あります。


 さて・・・ちょっと・・木枯らしから甘エビについて知識を・・
 まず・・

 ① 生の甘エビと冷凍の甘エビは、まったく別物と心得るのですっ。
   美味しさが違うのです。

 ② 生の甘エビは、剥いたときに表面に出てくる赤い薄皮にさわると、べっとり紅色が
   つきます。冷凍ものでも紅がつきますが・・わずかしかつきません。

 ③ 甘エビを食べるなら、北陸、北海道、新潟、兵庫(日本海側)、鳥取・・がおすすめ。
   甘エビは、漁獲後、自己消化を起こし始めます。生きている甘エビは、コリコリしている
   だけで美味しくありません。
   しかし、甘エビの漁獲地なら、水揚げ後、18~36時間程度で夜の食卓に並びます。
   ちょうど、自己消化でたんぱく質がアミノ酸に分解して美味しい頃合なのです。

 ④ いくら生の甘エビでも鮮度が落ちると・・冷凍もの以下の美味しさになってしまいます。
   剥いたとき、まだかすかに身に透明感があるもの、少しだけのコリコリ感が感じられるものが
   ちょうどいい鮮度です。
   鮮度が落ちると・・身がドロッとした感じになります。

 ⑤ 刺身で食べるだけが甘エビでは、ありません。
   生は、煮物やボイルにも耐えれます。(冷凍物だとボソボソします)

   生は、加熱料理でもいけるので、焼き物、から揚げなんかもいいですよ。
   それに・・刺身は・・ちょっとだけの塩をつけて食べるのも・・通です(笑)

 ⑥ どうせ食べるなら・・少し、お金をはたいても大型のものを食べましょう。
   これは、冷凍物でも生の甘エビにも共通することです。
   小さい甘エビは・・・どうしても食味が劣ります。

 ⑦ 甘エビをむく時は・・・後ろから・・。(冷凍ものでも生でも)
   甘エビの尾の関節を含めて3つの関節を残して、4番目の関節から頭の方にむけて
   むきましょう。
   ちから加減に気をつけると・・面白いようにスルッとむけます。
   自信のある方は、3番目の関節から頭にむけて剥いてみましょう。

 ⑧ 甘エビを刺身で食べるときは・・8匹までを目安に食べましょう。

   甘エビは、たくさん食べるにつれ、舌が美味しさを感じなくなります。
   10匹以上は・・ただ、食べているだけの状態。(大振りな甘エビを食べるとき)

   できれば、数匹、刺身で食べたら・・やめておきましょう。

   8匹までなので・・キーワードは、ずばり、赤海老エイトです。

   以上、甘エビ8箇条なのですっ。
by simarisu10 | 2010-09-06 18:18 | 海老資料室