<   2008年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧
今日は、ちょっと、重い話
a0019545_20184766.jpg


 はい・・・部長・・・。とにかく、良くないのです・・。

 今日は、ちょっと重いけど・・為替の話題。

 人間社会の営業フロアで・・・・

 「おい!93.4だ・・・」

 「えっ・・・また、もどった?!」

 「いっそのこと、いっちまえ~!」

 「駄目だ~・・」

 という話がでます・・。

 かくいう木枯らしも為替から目が離せません・・・。

 冷凍エビを扱うの木枯らしの職業、為替は、結構、関係あります・・。

 為替が円高だと・・輸入業が儲かる・・・と思っている方は、多いのでは、ないでしょうか・・。

 それは、緩やかに進行した場合・・の話です。

 今回のように急に為替が円高に向かった挙句、乱高下を繰り返すと・・・
 もう、ひっちゃかめっちゃか・・・。

 今回の事態、ちょっと、分かりやすく説明しましょう・・。
 分かりやすくするため、とても乱暴までに話を単純にします。

 Aの国より、10ドルのエビを買ったとします・・。しかし、日本に船で来るまでの間に
 為替が1ドル=110円から、95円に変わりました。経費面の計算を省くと・・
 1100円の海老が、評価額950円になってしまうのです。

 為替をうまく取れなかった場合、150円もの評価損が出ます。
 (でも緩やかな円高だと、数十円の損ですみます)

 この差損を埋めようと、さらに海老を買い足します。でも・・日々、数円の単位で為替は動きます。
 でも、現地会社との交渉は、数日続きます。
 ようするに・・価格を値切っている間にもとんでもない乱高下で為替が動くので・・
 計算が成り立たないのです。

 しかも・・・今回、一方的な円高・・・・。円だけが、価値を押し上げているのです。

 つまり、同じドル価では、日本が一番、条件が良く、買えます。

 しかも、アメリカ、ヨーロッパをはじめとする諸外国は、急激な不景気となり、
 クリスマス需要の海老の買い注文が激減・・。

 海老のお得意先は・・・日本とターゲットを絞ってきます・・・。

 と・・・ところがですよ・・・。日本は、ず~っと、不景気なのです・・・。
 だから、不景気にならないのです。

 しかも日本の株安と急激な円高で日本企業や投資家は・・・大打撃をこうむっています。
 
 ほどなく、日本も・・・かなりの不景気になります・・。

 海老なんて・・食べないでしょう・・・。

 ところが・・・前述のとうり、差損を埋めようとする・・。海外からは、積極的なアプローチが
 ある・・。円高・・・。しかも、アメリカ、ヨーロッパは、不景気で需要が低くなるので・・現地のドル価も
 安くなります。こんな場面で買わずにいられないのが水産業界のみなさん。

 ここぞとばかり・・海老をはじめとした海外の水産物が入ってくるのですね・・。

 しかし、今より不景気になるだろう日本です。
 需要に見合わない海老や水産物は、高く売れるはずもなく・・・
 安値で手に入れても安く売られるだけ。

 結局、前述の差損を補填できず・・・。トータルで赤字になるという図式です・・。

 普通、こんな時は、ドルで決済せず、円で決済する手もあるのですが・・・
 為替がとんでもない乱高下をみせていますので・・・インポーター(輸入者)が
 そのリスクを受けたがらないのです。

 1日で6円くらい変動したこともあるのですから・・。

 立場により違うのですが・・・木枯らしの仕事のポジションだと純利が1%あれば
 万歳。
 
 先行きの国内マーケットを予想すると損だか利益だか・・判定できなくなります。

 とうとう、サジを投げてしまいました・・。

 本当は、大統領選挙の行方や海老の産地の状況、国内の相場、同業者の動向、
 日本の年末の市況などの要因が絡まり、かなり複雑な話になるのですが・・・。

 急激な円高にも関わらず、例外として冷凍甘えびの相場は、うなぎのぼり・・・。
 商売大繁盛な木枯らし平社員ですが・・・。

 売れば売るほど、落ち込む平社員・・・。上がりすぎた相場は、いつかは、下げるからなのです。

 下げ相場での損は・・・と~ってもキツイのです・・・。
 
 

 
 
 
by simarisu10 | 2008-10-30 21:03 | 平社員営業フロア
マグロ餃子ですっ。


a0019545_20314022.jpg
 えっと・・・部長・・・そんなつれない反応しないでください・・・

 今度、マグロを手に入れたら、いの一番でやってみたい料理だったのです。

 はい、マグロ餃子ですっ。

 昨日、キムチ鍋をしてもかなり余ったマグロ・・・。

 今日は、このマグロで餃子をしちゃうのですっ。

 
a0019545_1958894.jpg


  キャベツをフードプロセッサーにかけて、みじん切り、ネギのみじん切りも加え
  塩コショウと少量の中華の素で味付け。さらにゴマ油とショウガも加えます。

  おや・・・この餃子のタネが・・・ひどく、食欲をそそります・・・。

 
a0019545_2001179.jpg


 これ・・・いけるのですっ。お肉では、これを生のままたべるなんてできませんが・・・。

 餃子を焼く間、台所でビールと一緒に食べます・・・。いや・・美味しい・・・。いける・・。
 新発見・・・。

 さてて・・・餃子の出来上がり・・。作る前は・・味が想像できるなっ・・・と期待していなかった
 のですが・・。

 
a0019545_2021273.jpg


 いや・・・びっくり・・。美味しいのです。

 匂いは、魚肉ソーセージ。餃子にして焼いた事で、ほどよく脂がおちて・・さっぱり味の餃子。
 
 いや・・・箸が止まりません・・。想像以上の味です。マグロで作った、
 ソーセージのシャウエッセン・・・みたいな感じです。

 いや・・・驚いた・・・。また、やってみよう・・・・。

 今度は、揚げ餃子にしてもいいかも・・。あっさりしているので、食べ飽きないのです。

 今日、人間社会の会社で健康診断の結果が配られました・・・。
 
 驚きでした・・・。まったくの健常体に戻っていました・・・。γーGTPから、中性脂肪から
 なにからなにまで・・・。

 一番の驚きは、尿酸値・・・9.5あったのが・・正常値の7.4までに・・・。

 これだと、あの恐怖の痛風の発作もでないでしょう・・・。

 毎日のようにするトレーニングが良かったのか、野菜中心生活がよかったのか・・・・。

 多分、トレーニングが、好結果をもたらしたような気がします。

 健康に不安を抱えるなら・・・ちょっと頑張って、トレーニングしちゃいましょう、なのですっ!
by simarisu10 | 2008-10-29 20:23 | 平社員営業フロア
マギロでキムチ鍋っ
a0019545_1902781.jpg



 またまた・・市場で検品用のマグロの尾っぽを貰いました・・・。

 嬉しいのです。

 不思議なもので、こうもマグロを食べていると、味の良し悪しが分かります。

 肉食は、出来るだけさけている私にとって、マグロは、お肉の代用品としてありがたいのです。

 
a0019545_1954111.jpg


 こうなれば、このマグロの尾っぽを貰える立場を利用して、とことんマグロを
 料理しつくすのです。

 さて・・・今回は・・・。そうそう、マグロのキムチ鍋にしてみましょう。

 このブログには、アップしていませんが、マグロのネギマ鍋は、試してみたのです。
 ところが・・・それ以下でも、それ以上でもない味・・。

 もっと美味しいマグロの鍋があるはずだと考えていたのです。

 ちょっと・・わき道にそれますが・・・最近、ロムっているブログがあるのです・・。
 
 それが・・・・くるみの栄養素。 ブログランキングでたまたま、お隣さんだったので
 覗いてみたのがきっかけで・・毎日、見ています。
 
 軽いタッチのブログで・・・赤海老エイトのような力技のブログではなくて・・いいのですっ。
 
 そこのブログの主宰者のくるみさんが、エバラのキムチ鍋の素マイルドのCMに出演されているとの事。

 なるほど・・どんなものか、使ってみましょう。

 
a0019545_19122185.jpg


 マグロをドボンと放り込み、いくのですっ。やっちゃうのですっ。お肉よりも高い、マグロで
 イケイケなのですっ。

 
a0019545_1913406.jpg


 マグロの刺身とマグロのキムチ鍋↑

 う~ん・・・マグロの臭いが、隠し切れなくて・・気にはならない程度の魚臭がのこります。

 味も・・・中の下・・・。悪くは、ないのですが・・・。とりたてて美味しくもない・・そんな感じ。

 驚いたのが・・エバラのキムチ鍋の素マイルド・・・。

 レギュラー品のエバラ キムチ鍋の素は、さして評価しないのですが・・マイルドは、
 いけます。
 
 コチュジャンが、しっかり、効いています。 おどろいた・・。
 
 本当は、別の名称で売り出したかったのだけど、販売数量を稼ぎたいので
 レギュラー品のマイルドでうりだしたという感じ・・。

 味噌鍋とキムチ鍋の中間・・。お汁が味噌汁よろしく飲めるのがグッド。

 これは、おすすめですっ。

 さて・・・このあとマグロ料理は、マグロ餃子なんかを予定しているのですが
 読者の皆様から、なにか提案があれば、実行しちゃうのですっ。

 リクエストをお願いいたしますっ。

 
by simarisu10 | 2008-10-28 19:29 | 平社員営業フロア
ままっ・・秋の夜は、熱燗なのですっ。
a0019545_1928258.jpg


 管理職の皆様・・・。えっと・・そのですね・・。こうも美味しいものが、次から次へと
 やってくると・・・飲むなという方が・・・。

 管理職さまたちだって、カナリアシードをやめられないでしょ?

 今日は、木枯らしの酒のアテをご案内・・。

 
a0019545_19342785.jpg


 
a0019545_19344335.jpg


 「かにちゃいまんねん」 「香り箱」という商品名、ご存知でしょうか?

 魚のすり身からカニかまぼこを超越する、カニそっくりのイミテーションを作った
 石川県に本社を構える、スギヨ社。

 そのスギヨ社が からすみ そっくりの 唐千寿(からせんじゅ)という製品を作ったのです。

 人間社会の会社のルートで手に入れた木枯らし平社員・・。

 いや・・・これ、凄い・・。サメやエイの卵で カラスミのイミテーションを作ったようなのですが・・。
 かなり、本物に近い味・・。というより、本物でも海外で作った製品なんかよりは、美味しいのです。
 
 木枯らしは、絶賛・・。でも・・・カラスミ・・・結構、食べた事ない人が多いので・・・
 この素晴らしさが認知されるかどうかが・・・疑問・・。
 
 カラスミなんて・・水産業界にいる木枯らしでも、滅多に食べられないですし・・・。

 これは、お酒が進みます。

 
a0019545_1940950.jpg


 JAの直売所で手に入れた銀杏・・。殻を割って、気長に炒るのです。

 塩を敷いた更に乗っけて出来上がり・・・。

 いや、美味しい・・・ピスタチオよろしく、どんどん、口に放り込み・・口の中でギンナンの
 味が飽和したところで・・・クィッと熱燗を一杯・・・。

 これは、お酒が進みます。

 
a0019545_19424032.jpg


 ミャンマーから試しにコンテナの隅に積んできた リバーホワイト と呼ばれる海老。

 粗放養殖と呼ばれる・・餌もやらないでほったらかしにして育てる養殖方法があります。
 その粗放養殖でブラックタイガーなんかを養殖していると・・沸いてくる海老なのです(笑)

 養殖池に餌もやってないし・・養殖するつもりで育てているわけでもなく、勝手に
 生育していいるのだから・・・養殖池で育つ、天然エビだという説も・・・。
 養殖しているのは、ブラックタイガーで、リバーホワイトは、副産物。

 かな~り安いので、北陸で売ってみようと思ったのです。

 どれどれ・・・ためしにから揚げっと・・・。小さくて殻が柔らかいので から揚げ向き。

 
a0019545_19484414.jpg


 おおっ・・・市販の調味料を効かした から揚げ粉が、いい仕事しています。
 
 エビとしては、あまり味がない リバーホワイト。から揚げ粉で味付けすると
 まずまず、食べれます。

 というか・・・お酒にあうのですっ。

 ああぅ・・! また、食べちゃった・・・飲んじゃった・・・。

 これじゃ・・毎日のように2km泳いでいても・・体重が増えるはずだ・・・。

 天高く、平社員、肥ゆる秋なのです・・・。

 
by simarisu10 | 2008-10-27 19:52 | 平社員休憩室
特命発動!重要度2。 「冶部煮を作れ!」の巻
a0019545_181616.jpg


 き・・きましたねっ・・。ひさびさの 特命発動なのです。
 これがないと・・平社員・・燃えません。

 今回より、ジュン部長の発令の特命は、重要度3、ネル次長は、2、ピナ課長は、1として
 難易度を表示させていただくのですっ。

 今回は、ネル次長だから・・重要度2の特命ですねっ。


 えっと・・・今回の特命は・・・「冶部煮を作れ・・・」ですか・・。

 木枯らし平社員が、金沢に引き寄せられるきっかけになった料理ですね・・。
 
 まだ、大阪にいた頃、金沢に出張に来て、居酒屋で食べた料理が・・・冶部煮(じぶに)
 なのです。

 あまりにも上品で美しく・・奥ゆかしい料理・・。観光で金沢に来て食べられた方も
 多いのではないでしょうか?

 煮ている時。「ジブッジブッ」と音をたてるから、この名前がついたとも言われますが
 真偽は、定かではありません。
 
 この料理の由来は、洋風料理のシチューを和風にしたものとの説もありますが・・・
 これまた、定かでは、ありませんん。


 
a0019545_18271643.jpg



 今回使う材料は、車麩、生麩、小松菜、人参、つくね芋、しいたけ・・・それに最重要食材の
 鴨肉なのです。

 冶部煮は、鴨肉がないと始まりません・・・。

 でも、ご家庭で作るときは、鴨肉を鶏の胸肉に置き換えてもいいですし、車麩は、
 普通のお麩に・・・・生麩は、重要アイテムですが・・入れなくてもいいかも(笑)

 つくね芋は・・金沢でもレアな食材ですので、入れなくてもいいですし、里芋でも代用可。

 あと、竹の子の水煮なんかも重要アイテムらしいのですが・・。

 まっ・・要するに 彩りを重視した食材選びが重要なのです。


 冶部煮は、とにかく、色の鮮やかさと盛り付けで見せる料理。味もさることながら・・
 見た目が重要なのですっ!

 考えた末・・・出来るものは、電子レンジで下茹ですることに・・

 
a0019545_18352011.jpg


 とにかく色目が重要。この特命、木枯らし、失敗報告する気は、ありません!


 
a0019545_18364772.jpg


 車麩は、しっかり、水で戻して・・・。

 材料は、下茹で・・してっと・・。

 
a0019545_18385345.jpg


 さっ・・・ここまで出来たら・・・50%は、出来たも同然!

 そそ・・鴨肉は、削ぎ切りして、片栗粉にまぶしてください。片栗粉が多すぎると
 汁のトロミが付き過ぎるので、最小限に・・・。はたいて、余分な片栗粉は、落として
 くださいねっ。

 それから、味が変わってしまうので、下茹でした野菜や戻した車麩なんかの水分は、
 しっかり絞って抜いてくださいねっ。


 それでは・・いくのですっ!

 まず、ダシ汁300mlに醤油大匙1.5、みりん大匙1、清酒大匙1、塩少々で味を見て
 微調整をしていきます。

 そこに先ほどの 片栗粉をまぶした鴨肉を入れていきます。鴨肉に半分くらい火が通った
 と思ったら、下茹でしたつくね芋と人参、しいたけを加えます。

 
a0019545_1847225.jpg


 さらに火が通ったら、今度は、車麩と生麩を加えて・・・ちょっとだけ煮込みます。

 鴨肉についた片栗粉が汁に とろみをつけてくれます。
 
 この冶部煮・・・汁が少ないのが特徴・・。本当、汁は、あんかけのつもりで作るのがいいかと。

 最後に小松菜を下茹でしたものを加え、暖まったら・・火を止めます。


 ここからが正念場・・・盛り付けに味の全てがかかっていると言っても過言では、ないのです。

 
a0019545_18561220.jpg


 本当は、椀に盛るのですが・・・分かりやすいように皿で盛り付けしました・・・。
 盛り付けは、恋愛と並んで私の不得手科目・・・。

 仕上げに鴨肉の上にワサビをあしらいます。(これは、重要!)

 さらに・・人生で初めて見た、ワサビ菜なるものもあしらいます・・。


 結論から言います・・・。

 いいのですっ!

 ああっ・・熱燗が欲しくなってきた・・。

 熱燗をやりながら・・・一箸、一箸、味わっていきます・・。

 ちょっと、贅沢な気分です・・。

 でも・・居酒屋さんで味わう味には、まだまだ届きません・・。

 料理自体は、とても簡単。石川県の郷土料理なのです。ご興味があれば、お試しください。

 ネル次長!今回の特命、盛り付けには、目をつぶるという条件付きで成功と報告させてくださいっ!

 ああっ・・秋風が心地よく、お酒が美味しい・・。


 
 

 
 
by simarisu10 | 2008-10-26 19:02 | 平社員営業フロア
10月24日は、文鳥の日
a0019545_18273863.jpg


 10月24日は、文鳥の日 なのですっ。

 一応、ブンチョ様ファンの木枯らしも制定の理由くらいは、知っているのですが
 文鳥さまカレンダーの囲み記事を画像にアップしてみたのです。

 本日は、弊社の管理職の近況を・・

 
a0019545_18371163.jpg


 赤海老エイト社の営業部長(ブンチョ)を勤める ジュン部長です。

 おとなしい性格と貫禄は、エイト社を見事に束ねています。
 チーズが大好物。最近は、歳をとったせいか、あまり活動的では、ありません。
 酒を飲む平社員の肩にとまって、しきりに首をかしげるクセがあります。


 
a0019545_18475734.jpg


 サクラ文鳥のネル次長。 若ヒナの頃、あきれるくらい寝る事より、ネルと呼ばれるように・・。
 エイト社の管理職の中では、もっとも身体が大きいのですっ。

 とにかく人生を楽しく生きるタイプ。すべての仕草が陽気で楽しそう。平社員と最初に
 出会ったときも楽しそうにピョンピョンと両足で跳ねていたのです。
 エイト社唯一の握り文鳥さま。
 山に行かない休日になると、2時間ばかり、平社員に握られながらマッサージされることも
 珍しくありません。
 求愛ソングは、けたたましく、と~っても迷惑(笑)

 
a0019545_1854346.jpg


 とにかく、可愛い、ピナ課長。もっとも身体が小さく、もっとも臆病・・。
 荒鳥(人になつかない文鳥)だったのですが・・いまでは、すっかり腕のりブンチョ様。
 求愛ソングも小声でボソボソ歌うタイプ。
 寝姿は、ギガカワユイのです。
 チーズが、さほど好きでもないのに、チーズ争奪戦ともなるとジュン部長を激しく威嚇する
 はりぼてのような、闘争心があります。

a0019545_1923742.jpg


a0019545_19511100.jpg

 
 ネル次長は、飛ぶと・・ドドドドッと 重い羽音をたてるのです・・・。

a0019545_196587.jpg


 ネル次長は、ジュン部長のストーカー・・。大好きなのは、わかるのですが・・・。
 
 エイト社の面々は、全員、男ですしね・・・。

 基本的にブンチョ様には、一部屋を占拠していただいているので・・・この部屋は、糞だらけ。
 掃除は、毎日。土曜日の午後は、徹底的に掃除をします・・。

 管理職さまをカゴに閉じ込めておくのは・・・どうにも辛い平社員です・・。
  
 
 
by simarisu10 | 2008-10-24 19:10 | 部鳥室
ソバ・・・
a0019545_21344849.jpg


 昨夜は、かなり飲みすぎた平社員・・・。

 人間社会で就業中に・・・脂汗が吹き出てきて・・止まりません・・。

 疲労と飲みすぎと睡眠不足だったみたいです・・。

 エイト社でぐっすり寝たら・・・随分と回復・・。

 夕方から気を失うように寝てしまったら・・・起きたのは、夜の7時・・。

 う~ん・・・夕食の献立を考えてなかった・・。

 ぼんやり、テレビを見ていると・・・コマーシャルで目にはいったものが・・。

 
a0019545_214018100.jpg


 永谷園社から発売された 極太そば・・・。普段は、コマーシャルなんかに釣られないの
 ですが・・。

 なにせ・・・ソバと聞くと・・・どうも・・・弱いのです・・。

 木枯らしのお気に入りメニュー

 izumimirunさんの料理ブログ vege dining に出てくる ニラソバ にしちゃうのです。

 
a0019545_2143232.jpg


 うどんよりも太いソバ・・・。

 う~ん・・・結論から言うと・・・ソバそのものは、ソバの香りも感じられず・・・
 歯ごたえだけが凄い麺、おなかにドッシリくるのは、男性に受けるかと・・。
 
 意外にずるずるとすすれます・・・。

 添えつけのつけ汁は、味が乱暴な気がします。極太麺に対応するため、濃い味付け。

 でも 画像の ニラソバ にしちゃうと・・・まずまず、いけます・・。

 普通のソバで ニラソバを作ったほうが・・・美味しかったかな・・・・。
by simarisu10 | 2008-10-23 21:47 | 平社員営業フロア
福井県 赤兎山(あかうさぎやま)
a0019545_16344069.jpg



 今日は、福井県の赤兎山に山行なのですっ。 今日は、市場がお休みなので
 当然、仕事もお休み。

 しかしっ!夜には、飲み会が入っているので・・・それまでに下山してなくては・・。
 
 そこでお手軽な山に登っちゃうのですっ。

 生憎、山頂は、濃いガスに包まれていて・・

 
a0019545_16374823.jpg


 
a0019545_1638151.jpg


 仕方なく、避難小屋でガスが晴れるのを待つことに・・。

 
a0019545_16384121.jpg


 山岳コースには、避難小屋がポツリ、ポツリと点在していて、急な天候の変化による避難や
 予定外の宿泊等、または、予定済みの宿泊などに使われます。

 木枯らしは、山岳部時代を通して、一度もお世話になったことがありません。
 単独山行での山での宿泊でも避難小屋の外のベンチでシェラフカバーとシェラフで
 寝ておりました・・。

 だって・・。

 透き通って無数に光る星で輝く夜空・・・。
 
 シェラフにくるまって、それを見上げていると身体が、満天の星の中に落ちて
 いきそうな錯覚に陥るのです。 その感覚の中で寝るのって・・・。

 と~ってもいいのですっ!

 あっ・・・話題はずれた・・。

 参考までに避難小屋の中

 
a0019545_1648119.jpg


 
a0019545_16501777.jpg


 自由帳もありました。 寝付かれなかったのでしょうか・・。恋に関する文章の書き込み
 を過去に見たこともありますし・・。自分で書いた事もあったっけ・・・(ウハッ)

 
a0019545_16503340.jpg


 
a0019545_16504578.jpg



 
a0019545_1651451.jpg


 
a0019545_16511853.jpg


 
a0019545_16513124.jpg


 
a0019545_1651453.jpg


 単独山行しかしない木枯らし・・・今年は、あと2回くらいしかチャンスは、ありません。

 山に雪が降ってしまうと・・単独山行は、登山ではなく、冒険になってしまいます。

 平地では、秋晴れでも、北アルプスで10月10日に降雪して、遭難したパーティが
 あったはず・・。

 さて・・・あと、2回・・・どこに登ろうか・・・・。  う~ん。
 


 

 
 
 
by simarisu10 | 2008-10-22 16:55 | 平社員休憩室
キノコですっ。
a0019545_19314833.jpg



 金沢に来てから・・・知ったことの一つに・・キノコ狩りがあります。

 人間社会の人と話していると・・・キノコ狩りの話題が出る事が・・。

 少なくても私には、キノコを自分で山で採取するという概念は・・ありませんでした。

 こちらのスーパーに行くと・・・この季節・・売っているキノコの種類が増えます。

 シバタケと呼ばれるアミタケ、原木ブナシメジ・・。原木ブナシメジというキノコ・・
 これなんか・・かなりいけるのですっ。

 で・・・野菜中心生活を目指す木枯らし平社員・・・いきつけとなったJAの直売所に
 行くと・・見たこともないキノコが・・

 
a0019545_1939227.jpg


 コツサと書いてあるのですが・・・そんなキノコありません・・。
 地方名だと思うのですが・・・。
 
 私の気を惹いたのは・・・・商品説明に一言・・

 「キノコの最高」 という文字・・。しかも、私が絶賛する原木ブナシメジをはるかに凌駕する
 素晴らしい価格・・・。

 えっ?これって・・マツタケの小さいのかしらん?と思ってしまった木枯らし平社員。

 好奇心旺盛な私は、買ってしまったのです。

 キノコ自体は、パリッとした感じでヌメリは、ありません。扱いが乱暴だと
 パリッと割れてしまいます。

 
a0019545_1942964.jpg


 きのこ汁と蒸し茸にしてみました・・。


 
a0019545_194239100.jpg


 なるほど・・・美味しい。キノコの野性味ある味というのでしょうか・・・・。

 キノコの香りと味が個性を示します。

 美味しいのですっ。なんとも・・・秋を思わす味。今まで食べたキノコと持ち味が全然違います。
 手放しで絶賛するまでは、いきませんが・・・・。でも・・その・・なんといったらいいのか・・。
 
 この味を逃したくないような・・食べれるときには、絶対にたべておきたいというような味。

 少し冷ややかになった秋の夜風にふかれて・・・キノコ汁をすすり、ビールを傾けてみるの
 ですっ。
 


 

 

 
by simarisu10 | 2008-10-20 19:48 | 平社員営業フロア
酒くさい・・・
a0019545_20392848.jpg




 土曜日の夜は、飲み友達と・・・・相当、深酒・・・。

 都合・・・4軒飲み歩き・・・。

 こんな生活、ほどほどにしないと・・・。

 自ら、身体を壊しにかかっているようなものなのです・・・。でも・・・これがやめられない・・。


 金沢には、片町という歓楽街があります。

 結構・・・それなりに大きい歓楽街なのです。でも・・・大阪と同じで・・・ディープな部分も
 あります・・。

 それが・・柿木畠(かきのきばたけ)と新天地と言われる二つの場所なのです。

 まず・・地元の人間以外は・・・足を運びません・・・というか・・地元の人間でも・・
 あまり、いきません・・・。

 古い飲み屋街・・。

 
a0019545_2052491.jpg


 表側の飲み屋さんに飽きて・・・最近は、ディープな処を飲み歩く木枯らしです。
 

 このブログにコメントを寄せてくれる クーさんが、過去に行ったという飲み屋さんを訪ねてみる事に
 しました。

 片町の新天地という人通りの少ない・・飲み屋街の入り口付近に店を構える「赤城」と
 いうお店・・。

 
a0019545_20572332.jpg


 カウンター数6の小さなお店。木枯らしの大阪の行きつけのお店と雰囲気は、似ています。

 
a0019545_20595786.jpg


 この店にくるお客さんは、決まっているのでしょう・・・。
 
 このお店・・ひとりで飲みに行ったのですが・・・。ちょっと、私が異質な感じ。
 しかし・・席が狭く、一人で飲みにくる常連さんが多いので、酒も手伝い、すぐに会話の輪に
 入っていけます。

 すでに・・・・かなり酔っ払っていたので・・・正確なレポートが出来ない事は、秘密。

 
a0019545_2134395.jpg


 シバタケ(アミタケ)のキノコ汁・・。なかなかどうして・・・。この味は・・びっくり・・・。
 ちょっとやそっとでは・・・出せない味です。

 注文を受けてから、店のご主人が手早く造ります。

 
a0019545_2153793.jpg


 揚げだし豆腐・・・・。いや・・・これは・・素晴らしい・・。揚げだし豆腐にしょうゆ味のアンを
 かけて、さらに油で色艶やコクを出します・・。


 うまい・・・正直にうまいのです。マスターに話を聞いてみると自己流の料理法・・。
 マスターのお喋りは、辛口。関西人の私には、丁度いい感じ。

 
 金沢では、それは、珍しい感じ。 価格は、高め。値札がないので思った値段の
 1.5倍を見ておく必要があります。

 しかし、確かに料理は、うまいのです。

 観光客以上に金沢を体験しようとおもう方には・・・このお店は、おすすめですっ。

 ただ・・・万人受けの店では、ないので・・ご覚悟を(笑)


 クー様、かなり酔っていて・・・正確なレポートでは、なくなってしまったのです・・・。

 画像も・・・かなり不備なのですが・・・。 すみませんです・・。

 

 
by simarisu10 | 2008-10-19 21:23 | 平社員休憩室