<   2008年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧
ボタン海老が空輸されてきたのですっ。
a0019545_19362867.jpg


 ふ~っ・・・とんでもなく久しぶりにコンタクトレンズをはめたら・・・

 頭がフラフラします・・。やっぱり・・眼鏡の方がいいのです・・。

 さて・・・この間、業界仲間がカナダからボタンエビを活きたまま空輸するというので
 金沢の市場にもつけてもらいます。この海老、正式には、日本ではスポット海老と
 呼称されるのが望ましいのです。(厚生省の指導より)

 
a0019545_1950368.jpg



 う~ん・・・キレイだ・・・。

 生きている海老は、美しいのです・・・。6月から8月、カナダのバンクーバーの
 中華レストランに行くとこの海老が活魚水槽に入られています。
 
 カナダには、華僑の方が多くいらっしゃいます。やはり、中国の方も日本人と同じくらい
 海老が好き。でも・・・カナダで漁獲される海老は・・甘えびの仲間かボタンエビの仲間。
 そこでカナダの中華レストランでは、この海老が料理に供されます。

 このため、生食というより・・生かしては、おくけども・・加熱して食べるのです。

 でも・・・これは、正しいのです。生きている海老を刺身で食べても・・・全く、おいしくありません。
 やたら、コリコリして、酸っさを感じます。海老は・・・死んでから冷蔵状態で24時間程度
 放置したものが美味しいのです。

 これは、海老の死後、自己消化がおこり、身の蛋白質をアミノ酸等に分解するためです。

 金沢で食べる甘えびが美味しいのは・・・これに理由があります。

 金沢港に甘えびが着くのは、夜の7時から10時ごろまでくらいでしょうか。
 しかし、実際、それが飲食店や家庭で食されるのは、翌日の昼から夜だからです。

 そう・・・ちょうど・・食べごろなのです。(笑)

 
a0019545_2044899.jpg


 海老は、死んでしまうと・・・一気に美しさを失ってしまいます・・・。

 これを目にするたび・・生きていることは、輝き続ける事。命は、その肉体に常に輝きを
 もたらしている・・。どうせ生きるなら、くすんで光るより、海老のように澄んだ光を放って
 生きたいものだ・・。なんて・・思うのです。


 生きているボタンエビ、得意先に持っていって試食をおこないます・・。
 みなさん、興味ありげに寄っては来るのですが・・食べようとは、しません。
 木枯らしが、海老を殺してあげますしょうか?と申し出ると・・・
 とんでもないという風に手を振る人が多いのです。

 エビといえども、命が目の前で失われることに罪悪感を覚えるようです。

 でも・・海老を見つめる目は、食べてみたいなぁ・・・と語っているように思うのですが・・。

 もう、カナダの海に戻しては、あげれない運命なので食べてあげるのが正しい選択では
 ないかと思うですが・・・。


 こんな時、女性は、強いのです。若い女性は、自分で頭をちぎってむき身にして
 食べてくれます。普段、料理などでなれているのでしょうね。この若い女性、
 一緒に来た若い男性に私がむいて食べさせてあげようか?などと言っています。

 でも、その男性は、とんでもないというふうに首をふります。
 
 結局、試食会に参加してくれた方は、30人ほど。
 女性は、かなりの高確率で試食してもらえましたが、
 男性陣は、少数の試食派を除いて、海老を観察しているだけ・・。

 日本男児のいくじなし~。たまには、お魚でもお料理しなくっちゃ駄目ですっ~と
 思った木枯らしなのです。
by simarisu10 | 2008-05-30 20:28 | 平社員営業フロア
新キャラクター登場!
a0019545_22305869.jpg



 はい・・・部長・・・いよいよなのですっ!

 エイト社企画のブンチョシリーズ第4弾なのですっ。

 まだまだ、秘密裡に行われている計画なので・・詳細は、発表できませんが
 今夜は、その一端を公表しちゃうのですっ!

 エイト社企画のブンチョシリーズ第4弾は、いままでの3作に比べると・・
 コンセプトのはっきりした野心作。

 エイト社、渾身の1作となっています。

 今回の製品には、エイト社のジュン部長、ネル部長、ピナ課長、総出演していただきます。

 さらに・・・お3方とコラボを組んでいただく新キャラクターも登場します。

 本製品の発売にさきがけ、今夜、新キャラの発表なのですっ!

 
a0019545_2238549.jpg


 新キャラクター「あかねちゃん」なのですっ!
 
 このキャラクター、人間社会の会社の方に協力してもらって出来上がったものです。
 日々の仕事の合間から登場してきた、手作りキャラクターです。
 
 製作予算を切り詰める方針にしたため・・製品に使用する画像も木枯らしの撮影・・。
 キャラクターの色塗りから、仕上げにいたるまで・・人間社会のみなさんにて
 やってもらったのです。

 しかも・・地元のスーパーのバイヤーと市場でお菓子を食べながら雑談したのが
 きっかけで・・・いきなり、結構な数の注文をいただきました。
 (これには、ビックリ)

 本格発売にさきがけ、6月上旬より北陸で覆面商品として先行発売が決定しました。

 手伝ってもらった人間社会の会社のみなさんの努力を水泡に帰さないため・・・
 本格発売までの軌道は、木枯らし平社員の双肩にかかることになってきました・・。

 やらねば・・ならぬ・・・なのですっ!

 
by simarisu10 | 2008-05-29 22:52 | 平社員営業フロア
自称・・・痩せてきた平社員・・の巻
a0019545_20262254.jpg



 今日は、市場がお休みな日なので・・劇場版「相棒」を見に行ったり、クアハウスに
 いってみたり・・・。

 テレビをあまり見ない平社員ですが・・「相棒」だけは、大好きで本までそろえるありさま。

 レンタルビデオでも借りるのは・・「相棒」・・・。
 先日、飲み屋さんに行くと・・・前ふりもないのに・・突然、ホステスさんに

 「相棒」の人に似ている~とか言われます。
  
 飲み友達が・・・おおおっ、そういえば・・あの身体つきのいいデカのほう・・に似ていると
 言ったら・・・・。

 「違う・・・メガネかけた方・・・」と言われて・・・お世辞とわかっていても・・嬉しかったりします。

 今回の劇場版「相棒」には・・チェスが事件の重要なキーポイントになるのですが・・・
 木枯らし・・・実を言うと・・チェスが好きだったり・・します。
 
 チェス用語がとびかう映画を見ていると・・・久しぶりにボビーフィシャー氏や東公平氏の
 チェス本が読みたくなってきました。

 さて・・事件は、クアハウスで起こったのです。

 映画を見た帰り・・・クアハウスに寄っていくのです。

 そこで・・体重計に乗ると・・・・。おおっ・・・また、減っている・・・。
 いったい・・・この数週間で・・何キロの減量になったのでしょう。
 毎日、おなかいっぱい食べているのに・・・。

 これは、驚きです。

 ジーンズ・・作り直しちゃおうか・・・なんて思ってしまったことは、ナイショ。

 「野菜のごはん」 のレシピ本を買ってから、野菜中心生活を送っている木枯らし平社員。
 
 ちなみに・・・今晩の夕ご飯・・。

 
a0019545_20554210.jpg


 ユッケ風のカジキの刺身、空心菜ともやしの炒め物、明太子風アマサランス・・。

 この明太子風アマサランス・・・ 「野菜のごはん」 のレシピの中にあったものですが・・
 かなり・・・驚きなのです。
 
 穀類が・・・見事に明太子に化けるのです。
 
 作り方は、簡単。炒ったアマサランスに水を加え、梅干と一緒に炊きます。
 これに豆板醤、醤油、他の調味料を加えます。木枯らしの場合は、液体のカツオダシ調味料
 も加えました。

 
a0019545_2122243.jpg


 かなり・・・明太子に近いものとなります。

 驚きです。こんなものが世の中に知れ渡ったら・・・水産物の明太子が売れなくなって
 しまいます・・・。

 木枯らし・・・明太子が好きで、ある時期、とんでもない大量の明太子を食べた事が
 ありますが・・・・見事、体調を崩しました。

 それに比べて・・・こちらは、穀類ですので・・心配ないです。

 ダイエットには・・・苦痛を伴わない、野菜中心生活がおすすめです。
 お腹いっぱいになるまで・・・野菜を中心とした食事を食べるのですっ。

 

 
by simarisu10 | 2008-05-28 21:11 | 平社員休憩室
今夜は、タコヤキなのですっ!
a0019545_20353438.jpg



 大阪の仕入先と電話で話していると・・・

 「昨日、お好み焼き屋で社の者と飲んで話していたのですが・・・・」

 金沢に来た、業界仲間・・・

 「いやぁ・・昨日は、お好み焼き屋で飲んでいたんですけどね・・」


 うううっ・・・・大阪人の木枯らし・・情景が目に浮かびます・・・。

 いいのです・・・。小汚い、お好み焼き屋さん・・・目の前の鉄板でお好みを焼きながら
 軽く汗をかいて、油の匂いのたち込める店内でビールをあおるのです・・。

 木枯らしもお好み焼きやタコヤキは、大好き。大阪在住時は、土曜日ともなると
 近くのタコヤキ屋でタコヤキを焼いてもらい、ビールをあおったものでした。

 この飲み方のスタイルで出張で大阪に来られた人と飲むと・・・
 病みつきになるかたもいらっしゃいます(笑)

 そうですね・・・・今夜は、タコヤキにしましょう。

 私が大阪人だと知ると、

 「大阪の方って、夕飯のおかずにタコヤキを食べるって本当ですか?」
 
 とか

 「大阪の家は、どこの家でもタコヤキの焼き器があるって本当ですか?」

 とか

 「大阪の人って、子供の頃からタコヤキが焼けるって本当ですか?」

 とか聞かれます。

 面倒なので・・・「はい、そうです」と答える事にしています。

 ただ、最初の問いに正しく答えるとすると・・

 確かに、夕ご飯としてタコヤキを食べることは、あります。でも、それは・・・・
 タコヤキパーティみたいなもの・・・。

 タコヤキは、家庭では、作るのが大変なのです。なぜかというと・・・
 一人30個を食べるとすると・・・4人家族なら、最低120個を焼きます。
 120個を焼くには、結構な時間を使い・・・かなりの汗をかきます(笑)

 ごはんのおかずというより、家族で楽しくタコヤキを焼きながら団欒するのです。

 いつか友達と話したことがありますが・・・大阪でもタコヤキを自宅で作って食べる頻度は
 半年か1年に 1度か2度くらい。だから・・・どこの家でもタコヤキ器は、あっても
 押入れの奥にしまわれています。

 

エイト社、今夜は、タコヤキですっ!
by simarisu10 | 2008-05-26 21:10 | 平社員営業フロア
平社員、マグロづくしの巻
a0019545_2001149.jpg



 今日は、一日、ひきこもりの日曜日。管理職さま達とま~ったり過ごします。
 
 ネル次長ともなると・・・口を大きくあけて・・・寝てます・・・・。
 あの・・次長・・。
 
 それって・・・オヤジブンチョです。


 金沢の市場は、朝の2時から。 全国にある市場の中でも始業が早い市場なのです。

 朝の5時にもなると さて・・・現場を片付けようかな・・・と思うのです。

 そんな、土曜日の朝の5時半。隣の売り場に慌しく、マグロが運び込まれてきました。
 
 わっ、近海で獲れたばかりのマグロです。

 たまたま、傍にいた太物の担当者が解説してくれます。
 (※市場では、マグロやカジキのような大型の魚を扱う部署は、太物課といいます。)

 「ほら、まだ、死後硬直しているでしょ。とれたばかりですよ。
 氷水にどっぷりつかっているでしょ。多分、氷水につかってもマグロは、暖かいかもしれません。
 マグロの運動量は、凄くて・・・。手早く、氷で冷やさないと、空気中では、効率よく、
 放熱できないので身が焼けてしまうことがあるんです。」

 もちろん、いくら、マグロの運動量が凄いといっても、こんがりと焼けてしまうわけでは
 ありませんが・・・色が変色してしまうくらいには、なるみたいです。

 と・・・思ったら・・・太物課の課長さまが・・・冷凍マグロの尾の肉を持ってきてくれました。

 マグロやカジキは、尾を切断して、身の断面を見せて品質を公開します。
 切断した尾をいらない人もいるので・・・その場合は、社員のお食事用となります。

 ということで・・・木枯らし平社員が・・頂くことに・・。




 
  

 

平社員、マグロづくしの巻
by simarisu10 | 2008-05-25 20:50 | 平社員休憩室
野菜ラーメンなのですっ。
a0019545_18354512.jpg


 肉は、食べなくて魚介類も卵もたべてしまう菜食主義者は、ペスコタリアンというみたいです。
 
 ベジタリアンといっても、さまざまにカテゴリーが分けられているようです。

 もっとも、木枯らしの場合は、野菜料理に目覚めただけなので・・・肉は、食べれないことは
 ないのです。

 先日も・・・仕入先が持ってきた、焼き豚をぱくついてました・・・。

 まさか、買う立場の人間が「私・・・肉は、食べれなくて・・・」なんて言っちゃったら
 売り込みにきた方も さぞかし、しらけるし・・・私も商売になりません(笑)

 とは、言え・・・食堂のおかずに思いがけずに肉が入っていると、眉をしかめて
 箸でより分ける私・・・。

 さて、今週の水曜日は・・・金沢の片町で機嫌よく飲んでいた平社員です。

 業界仲間に国王様と私の事を呼ばせて馬鹿国王ごっこをしながら、飲み歩くのですっ!
 私は、ある国の王様なのですが、贅沢に遊び暮らすのがイヤになり、日本でサラリーマンを
 しているという設定。

 そうして・・行きつけのクラブに行くのですっ。

 ここで一人、中国の方が働いていらっしゃるのですが、日本語は、かなりのもの。
 木枯らし、この人と食について話し出すと・・・お互い止まらないのです。

 私が甘えびラーメンを作っている事を話します。

 「で・・・中国では、どんな風にラーメンを作るの?日本とは、随分、違ったよね。」

 「あん、日本に来たとき、麺が黄色なのにびっくりした。なぜ、こんなに黄色いか・・。」
 
 「あれは、かんすい だよ。アルカリ性にするもの。あっ、そういえば、中国のラーメンは
 白色だったよね。」

 「白色、白色。かんすい?とか入れない。中国はね、いろんなラーメンの作り方がある。
 お店のラーメン、家庭のラーメンは、違うよ。私、日本に来てもたまにラーメンつくりますよ。」

 「例えば?」

 「まず、白菜、人参、大根を刻みます。これにシイタケを入れます。もやしも入れます。
 これをよくゴマ油で炒めてから、水を入れます。
 それから、味の素をささっと入れます。これでスープが出来上がり。
 鶏がらとか肉は、家庭では、入れなかった。子供の時は、おやつがわりに食べていました。」

 なるほろですっ!早速、やってみるのですっ!
 
 

野菜ラーメン
by simarisu10 | 2008-05-23 19:21 | 平社員営業フロア
平社員とJAS法の巻
a0019545_19375472.jpg



 市場に勤めていると・・・・行政と接する機会があります。

 木枯らしが人間社会で勤めるのは、金沢中央卸売り市場・・。

 ここは、金沢市の行政管轄となります。

 また、農林水産省もからんできます。

 「お~い、先生!あんたも出席してくれ~」と隣の部の部長からお呼びがかかります。

 人間社会では、何故か先生と呼ばれている平社員・・。

 職分は・・・平社員なんですけども・・・。

 どうやら・・多少の知識を持つ、木枯らし平社員を呼んで、これから来る、お役人さんと
 ひと悶着あった場合に一緒に迎撃しようと思ったのでしょうか・・。
 面白そうだから・・・行くのです。

 食品表示に関してJAS法に基づいた表示が、ちゃんと行われているか話し合いに
 来るのです。

 お役人様がこられて・・早速、パソコンを用いた説明が行われます。
 早速、となりの部の部長様が牽制球を投げます・・。

 話がワケが分からなくなってきます・・さすがにお役人様が不快な表情を表に出し始めます。

 これは・・・チト、まずいな・・・。

 仕方ありません・・。私の出番です。
 ある程度のJAS法は、理解しているので話の先回りは、出来ます。
 わざとらしく知らないふりをして、話を誘導していくのです。

 「じゃ、この場合は、表記が不適切だと言えますね。でも・・こんな場合は、いったいどうなる
 のですか?  ええっ?!そうなんですか?いや、初めて知りました。おもしろいですね。
 なるほど・・・。じゃ、この次の商品の説明をお願いできますか?はい、面白くて
 ためになるので、早く知りたいです・・・。おおおっ!なのですか・・・」

 と言いながら・・・相手からいろんな情報を頂きます。

 私が本で学んだJAS法とは、違い、相手は、プロです。なかなか面白い話が
 聞けるのです。いつしか、場は、和やかな笑いにのってすすめられて行きます。

 さて・・・良い機会ですので・・・少し、JAS法のお勉強をするのですっ!

 

平社員とJAS法の巻
by simarisu10 | 2008-05-22 21:07 | 平社員営業フロア
秘密指令発動!「管理職を隠せ!」の巻
a0019545_19331187.jpg



 秘密指令発動! 「管理職を隠せ!」 の巻


 アパートの管理会社から・・・

 消防法に基づく、部屋内の煙、熱感知器の立ち入り検査があるとのお知らせが・・・。
 
 いつも出勤中の為、不在と回答していたのですが・・・今回は、なにやら・・・
 管理人立会いのもとの不在中の入室か、住人立会いが基本の模様・・・。

 う~ん・・・あまり部屋をみせないのも不審だしな・・。

 エイト社の金沢社屋は、ペット禁止なのです。

 私のところの文鳥様は、ペットではなく、上司様なのです。鳥に見えますが・・・
 実を言うと・・・家族なのです・・・。

 なんて言い訳は、通じるはずがありません。

 エイト社、秘密指令「管理職様を隠せ!」を平社員の名において発動するのですっ!

 ふふっ・・・。やってみたかったのです。いよいよ、実戦しちゃうのですっ!

 木枯らし平社員こと私は、万が一の場合に備え、30分でエイト社から鳥の気配を消す
 訓練をおこなっていたのです。

 備えあれば、憂いなしなのですっ。



 

いよいよ本番なのですっ!
by simarisu10 | 2008-05-20 20:27 | 部鳥室
甘えびのある日・・・
a0019545_19385677.jpg


 換羽期(とや)のネル次長・・・と言うか・・管理職全員なのですが・・。

 平社員の肩に止まってくつろいで頂くのは・・・いいのですが・・。

 フケと抜けた羽毛で部屋着が・・・汚くなってしまいます・・。
 でも・・それにほほえましさと幸せを覚える平社員なのです。

 
 さてて・・・新製品発売に向け、活動を続ける平社員。
 製品の裏にレシピを入れる予定だったのですが・・。

 大手の印刷会社の営業さんから・・・

 ご自分で作ってみられては?うちで作るとなると4~8万円くらいしますよ・・との事。

 仕方ない・・・・4~8万円節約のために、レシピと画像を用意するのですっ!


 まずは、買ってきたのは・・・甘えび。

 
a0019545_19492576.jpg


 いや・・・金沢は・・いいのですっ。生の上質な甘えびが、当たり前のようにスーパーで
 売っています。しかも・・・安い・・。

 観光客向けだと高いのですが・・スーパーなどに行くと、結構、安く買えます。
 でも蓄冷材とかは、ついてませんが・・・。

 まず、最初に作ったのが・・・

 
a0019545_19522182.jpg


 甘えびのユッケ。
 
 醤油:お酒:ごま油を 1:1:0.5 の割合で混ぜ、おろしショウガとおろしニンニクを加え、
 好みで豆板醤を微量入れます。

 これにむいた甘えびに垂らして、白ゴマを振って、ウズラや鶏卵の卵黄を入れて
 出来上がり。

 なかなか、いけるのですっ!

 次は、甘えびのから揚げ

 
a0019545_19564337.jpg


 甘えびにうっすら片栗粉を薄化粧。180℃の油で揚げて・・・パセリかレモンを添えて
 出来上がり。油は、極力、キッチンペーパー等でふき取ってお召し上がりください。

 今回は、子持ちの甘えびだったのですが・・・揚げると、この卵が・・・なかなか
 いけるのですっ。おすすめですっ!

 冷凍甘えび業界に棲んでいる木枯らし平社員。

 そういえば・・・今まで甘えびのから揚げと言えば・・冷凍の甘えびばかり・・・。生の甘えびを
 から揚げにすると・・・こんなに美味しいんだ・・と感動したのです。

 そういえば・・・金沢に来るまで・・・冷凍の甘えびでから揚げをするか、
 あらかじめから揚げになった製品を食べるかでした・・・。

 鮮度の良い、生の甘えびをから揚げにすると・・こんなに違うものなんだ・・・。驚きです。

 日々、カメラの腕を磨いているといえども・・・まだまだ・・ですね・・。
 なるべく、画像の部分を小さくしてもらって、レシピとしましょう・・。

 そそ・・・忘れてはいけないのが・・・生の甘えびの刺身。

 
a0019545_2093770.jpg


 何度食べても・・・本当に美味しいのです。さすが、北陸ならでは・・・。
 太平洋側では、輸送と時間の関係で味わえない・・・ちょうど、ほどよく熟成された状態。

 殻をむいて、薄皮を指でなでると・・・口紅よろしくベットリと赤色が指につくのが生の甘えび。
 ごく微量にうっすらとしかつかないのが冷凍の甘えび。

 そして・・・身が白くなく、透明なのが・・さっきまで生きていた甘えび。

 一番美味しいのは、生の甘えび、次に冷凍の甘えび、一番、美味しくないのが・・・
 活きている甘えび・・・・。
 
 そうですね・・・この話は、また別の機会にでも・・。

 

 
by simarisu10 | 2008-05-19 20:14 | 平社員営業フロア
平社員、甘えびラーメンを企画するの巻 (スープ編)その4
a0019545_21464676.jpg



 台所で時間が過ぎていきます・・・。

 試作品やサンプルで溢れかえった台所・・・オカラで作ったドライカレーなんかも
 あります。

 管理職の皆様もさすがに音を上げて・・・平社員の肩に乗りたいばかりに
 普段は、入ってこない台所でホバリングをされています。
 しかし、台所は、立ち入り禁止なのでご退場願うと・・

 台所のカーテンを開けると・・・お三方がカーペットにうずくまり固まっておられるのです。
 ううっ・・・平社員が実験ばかりしていて・・おかまいできなくてすみません・・。(涙)
 
 時々・・お三方を踏みそうになっちゃうのです。
 とくにピナ課長は・・・・迷彩になりやすい模様。

 上の画像のとうり・・・疲れている目だと・・居ないようにも見えちゃうのです。

 
 さてて・・・前回、甘えびラーメンの基本となるべきダシを研究していたのですっ。

 
a0019545_21525415.jpg


 干した甘えびの頭を炒め・・・・

 
a0019545_21533215.jpg


 フードプロセッサーで粉砕してダシを取ると・・・・こんな感じに濁った赤色のスープが
 出ます。
 確かに香りがたつのですが・・・味は、かなり薄いです。

 でも・・市販のラーメンスープと混ぜると・・なんとも海老らしい味が出るのです。

 
a0019545_21585676.jpg


 ↑ 今度は、干した甘えびの胴体部分だけでダシを取りました。

 黄金色に輝いています・・。味は、濃厚で上品・・。海老というより・・・魚系のダシ・・・。

 いいのですっ!目論みは、当たりました。

 あとで思ったのですが・・・そういえば、ニボシでダシを取るときは、頭とハラワタを指で
 つまんで捨てます・・・。あれと同じ理屈だったのですね・・・。

 この後、醤油、塩、コンソメ、市販のラーメンスープ・・のそれぞれと合わせてみて
 20とうりくらいの組み合わせで味を調べてみました・・・。

 ↑これ・・・かなり、きつかったのです・・・。舌と頭と腹が、めまいを起こすような感覚に
 見舞われるのです。

 結論から言うと・・・このダシ・・・それ単体でかなり美味しいのです。
 安い金沢醤油と組み合わせ、ほんの少しの塩をいれるだけで・・かなりいいスープが
 できます・・。

 うん・・・大筋は・・これで行こう・・・。

 完成の暁には・・皆様にもレシピを公開しちゃうのですっ!

 現在、ご当地ラーメンにするべく、人間社会でゴソゴソと動き回っている事は、ナイショなのですっ!
 
by simarisu10 | 2008-05-18 22:07 | 甘えびラーメンを作れ