<   2007年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧
木枯らし平社員・・ブルーマーリンと出会う?の巻
a0019545_17104512.jpg



ピナ課長・・・金沢では・・カジキマグロの事を「サワラ」っていうんですよ。

うっ・・その様子・・ご存知ありませんね・・。


こっちでは・・通称名「サワラ」と言うのです。

a0019545_1731279.jpg


 上の画像が、本物のサララ


 金沢周辺だけなのです・・・カジキマグロ類をサワラと呼ぶのは・・・。


 さてて・・いいところなのでうすが・・本日は、強度の酔っ払いなのですっ。
 (本日、日曜日の出来事・・・イロイロあったりしちゃうのですっ。)

 この続きは、また、なのです・・。(酔っ払い,平社員ですっ!)
by simarisu10 | 2007-09-30 17:37 | 平社員営業フロア
木枯らし・・ブルーマーリンと出会うの巻?(’予告編)
a0019545_19153828.jpg



 部長・・・次長・・お許しください・・。最近、エイト社にいる時間が7時間程度しかないので
 お相手できないのです・。

 さてて・・これは・・・

 
a0019545_19263780.jpg



 ブルーマリーン?
 
 幼魚?

 この魚・・金沢とと~っても縁のある、お魚なのです。


 すでに睡眠時間のタイムリミットを切りましたので・・今回は・・予告編なのですっ。


 

 木枯らし平社員・・ブルーマーリンと出会う?の巻 なのですっ。
by simarisu10 | 2007-09-28 19:30 | 平社員営業フロア
平社員・・彷徨するの巻 最終話
a0019545_17562275.jpg




 いえ・・・次長・・・この酒がいけるのですよ・・。

 ええっ・・いいのです。

 そうですね・・じらさずに・・公開しちゃいませうっ!

 赤えびエイト社、特製、「どっちゃり梅割り」なのですっ!


 
a0019545_1758881.jpg



 三方五湖のおばさまから買った梅干・・。試しに10個ほど口に放り込みました・・。

 おいしい・・・これ・・本当の梅干だ・・・。

 その時、ピンと来たのです・・。これ・・・あの、おばさまの手作りだ・・。
 だから色が変わる梅干なんだ・・と・・。

 観光客目当てでも既製品を売っていたんじゃなかったんだ・・・。自家製を売っていたんだ。

 そうか・・そりゃ・・色が変わるはずだ・・おばさまの手作りに着色料の赤色102号や黄色5号
 アルコール・・等の物を加えるはずがないもの・・・。

 おばさまも言っていたじゃないか・・
 「この梅は、梅を梅酢に漬けただけのものじゃないんだよ・・・」
 それなのにお釣りに気をとられて・・・。
 これは、ちゃんと土用干し(天日干し)の過程を加えた、昔ながらの本格梅干しなんだ・・。

 早く気付けよ・・・このアンポンタン・・。まだまだ、木枯らし、青い・・のです。
 ああっ・・あの、おばさまの言うとうり・・500円のを3つ+おまけで1000円札を払うべき
 だったのです。
 
 まだまだ私は、目利きの利かない商売人だ・・・・。

 木枯らし、和歌山の紀州の梅を知っています。産地の一部と一部を比較しているだけなので
 一概には言えませんが・・現時点では、味は、福井梅の方が上かと木枯らしは思います。

 その美味しさに驚き、いろいろネットで調べていたのですが・・・まだ、はっきりしたことが・・。
 多分、梅の品種、ベニサシという品種も関係していると思われるのですが・・。

 なんと言っても・・紀州梅に比べて・・圧倒的にコストパフォーマンスが良いのです。

 早速、この件のきっかけとなった福井梅で梅チューブを作った会社の社長に
 電話したのです。そしたら・・

 「木枯らしさん、三方五湖にいかなかったのかい?」
 
 「いえいえ、行きましたよ」

 「えっ・・そうかい、行くと言ってたから、向こうの農協に木枯らしさんというのが行くから
 行ったら色々面倒みてやってくれと言っておいたんだが、聞いたら来てないというし・・」

 「え~っ、社長・・そこまで手配していてくれたんですか・・・そんなこととは、知らなかったんで
 現場を素通りしちゃいました・・。」

 う~ん・・・惜しかった・・・うまくいけば・・生産現場をのぞけたのか・・・・。残念なのです。

 もう・・一回・・行ってみるかな・・・。

 で、買った大量の梅干を使って、とても贅沢に梅割りの焼酎にしたのが上の画像・・。
 美味しいのです・・。凄く、美味しいのです。
 
 高い乙類の焼酎より、安い甲類の焼酎を使ったほうが・・段違いに美味しいのです。

 本当・・・凄い・・。100円の潰れ梅で梅割り焼酎を作っても・・全然、減りません。

 木枯らし・・梅割りの焼酎は、好きじゃなかったのですが・・・
 これは・・本当に美味しかったのです。

 あ~っ・・北陸に来たんだな・・・改めて実感してしまいました・・です・。


 実を言うと話は、まだまだ続くのですが、くどいので今回で
 木枯らし、彷徨編をおしまいとさせていただくのですっ。

 
a0019545_18443987.jpg


 ↑どっちゃり梅割りのアテは・・自家製チャーシュー、梅干、味噌漬け卵なのでした・・。

 今も「どっちゃり梅割り」を飲んでま~す。
 
 
by simarisu10 | 2007-09-27 18:49 | 平社員営業フロア
平社員・・彷徨するの巻 その3
a0019545_1691023.jpg



 前号までのあらすじ・・・

 梅の産地の見学に福井の三方五湖まで出向いた木枯らし平社員。
 思いもかけず、恋人の聖地に迷い込みます。はげしい童謡の末、
 半島めぐりをするも・・今度は、賑やかな家族連れと一緒に船の旅・・。
 独身男の哀愁を漂わせ・・家に逃げ帰ろうとする平社員なのでした。
 しかし、本来の目的が梅の産地の見学であることを思い出し・・
 車を走らせます。

 フロントガラスから見える、路上販売の梅干の安さにびっくりした木枯らし平社員。

 さっそく一人のおばさまのパラソルに近寄り、品定めをするのです。

 うん・・・どうやら・・よくあるリジェクト品(正規品として出すにはちょっとという品物)
 の安値販売とも違うみたい・・。リジェクト品は、つぶれ梅として、別売しています。
 それも・・たいして潰れていません・・。

 値札は、1000円、500円、200円、100円。

 1000円は、減塩梅干し、500円は、通常品。200円は、潰れ梅の量の多いヤツ、
 100円は、潰れ梅の量の少ないもの そして、赤シソ単品も100円。

 100円の量が少ない梅だって・・中粒が30粒くらいは、入っているのです。
 潰れてなければ、スーパーで600円近くしたっておかしくないのです。

 「え~っと・・500円のと100円のをください」

 「にいちゃん・・100円のは、おまけな・・。200円のもおまけ・・」

 「ですから、この500円のと100円のでください。」

 「にいちゃん・・500円の3つで1000円にするよ」
 
 (独身男にそんなに大量の梅干を押し付けてど~する)と思いながら・・。

 「いえいえ、この二つでいいですよ」

 「これ3つ買ってくれたら、おまけもするよ。これもこれもつけちゃうよ」
 (というか。たった1000円でそんな大量の梅干を押し付けてど~する。儲けが
 なくなっちゃうよ・・)

 「ええ・・この2つだけでいいですよ」 (だんだん困ってくる平社員) 
 
 と言いながら・・素早く5000円を差し出します。

 ここで切り上げたい平社員なのですが・・・


 
 

平社員とベニサシ梅干し
by simarisu10 | 2007-09-26 17:20 | 平社員休憩室
平社員・・彷徨するの巻 その2
a0019545_1744458.jpg



 はい、平社員は、立派な酔っ払いですっ。

 でも・・・こんな美味しくて、身体にいいお酒なんて・・滅多に飲めないですよぉ~。

 さてて・・・お酒の正体は・・・あとでまた・・。

 平社員・・彷徨するの巻きの続編なのです。


 前回までのあらすじ・・
  
 福井県の三方五湖で思わず恋人の聖地に迷い込み・・激しく動揺する平社員。
 しかし、彷徨は、まだ続くのですっ。

 なんとか恋人の聖地から脱出した平社員なのですが・・・まだ、朝の9時・・。本来の目的は
 梅肉の生産地の見学なのですが・・時間的な余裕がたっぷりあります・・。
 どれどれ・・近くに 「三方海中公園」なるものがあるので、行くことに・・。

 
a0019545_1757598.jpg


 えっ?えっ?こ・・・これが・・海中公園?木枯らし・・てっきり海の中を通れるようにした
 短い遊歩道みたいなところを想像していたのです。

 ところが・・実際には・・アクリル板を船底に張った喫水の浅い船で
 近くの海をまわるだけ・・・・。海を知らないひとならともかく・・・。
 海を多少心得ている独身男が・・家族の嬌声のあがる中、逃げ場のない
 船で楽しそうにするのは・・・苦痛です。

 完全にノックダウン・・・・さっさと家に帰ることに・・・。

 ああっ・・船の切符を買う時、「一人分」と発声したとき・・切符売り場のおじさんが
 手を止めて顔をあげてわたしの顔をじっと見た時に気付くべきでした・・。
 というより・・気付いてはいたのですが・・・。そう、世の中は、独身男に冷たく出来ているのです。


 

ところが・・・ところが・・・
by simarisu10 | 2007-09-25 18:17 | 平社員休憩室
平社員・・彷徨するの巻 その1
a0019545_162841.jpg



 ぴ・・ピナ課長・・・なかなか・・きつ~い、一言なのです・・。

 しかし・・最近・・一人でいろんなところをウロウロするのに慣れてきました。

 で・・また、一人でウロウロするのです。今回の事の発端は・・・・

 
a0019545_1643332.jpg


 梅肉だったのです・・・・。会社に届いた梅肉のチューブを手にとって眺めていました・。

 JA三方五湖? ここが製造元? カナダの五大湖みたいな名前・・。でも・・知らないぞと・・。

 などと思っていると隣から・・「木枯らしさん、行けっ。三方五湖、行ったことないでしょ?
 今度の連休、行ってきてください」との事・・。
 
 そして・・何故か、三方五湖に行くことに・・日本に こんな場所があることなんて知らなかった
 のです・・・。

                三方五湖

  で・・・ともかく、行ってきたのです。あわよくば、梅肉の生産地を見学できるかもしれない・・。
  


 

 

木枯らし平社員、彷徨するの巻
by simarisu10 | 2007-09-24 16:39 | 平社員休憩室
特命発動!「ホウボウで蒸し魚を作れ!」の巻
a0019545_1929752.jpg



 き・・・キタ~っ・・特命発動ですねっ。

 最近、特命の発動が多いような気が・・・

 この赤えびエイトの常連さまの、さくらのママ様がご紹介くださいました、

 「ホウボウの蒸し魚に挑戦せよ!」が今回の特命でなのですねっ。

 部長!特命、拝領いたしました!

 一番、木枯らしっ!いきますっ!

 まずは、材料集めから・・・

 調味料は・・地元の業務用スーパーのマルシンさまで手軽に揃います。
 ちょうど、お気に入りの李綿記社のオイスターソースがなくなっていたので
 良い、機会なのです。

 お魚は・・このブログの常連さまの光福丸様のところで 
 安くて新鮮なホウボウを仕入れてくるのです。

 まずは・・材料のホウボウ様をご案内!

 
a0019545_2003998.jpg


 
a0019545_19374610.jpg


 雑魚扱いされながらも・・その身は、天然鯛に匹敵する上質な白身。

 生きているうちに トビウオのような胸鰭を広げた姿は・・美しいのですっ。

 さて・・さくらのママ様の投稿より、レシピを拾い出します。↓
 
 白身魚の切り身は軽く塩をふる
 白ねぎ2~3本は斜め切り(魚のうまみを吸ったねぎがうまい!この分量でもペロリです)
 皿にねぎを敷き、魚を並べ、酒をふって蒸す
 ほぼ火が通ったら合わせ調味料(下記)をかけてさらに1~2分蒸して完成

合わせ調味料
 しょっつる大さじ1・オイスターソース小さじ1・しょうゆ大さじ1.5
 ※かなり塩気が強いと思うので配合はこのままでかける量を加減してください
 ※レミさんオリジナルレシピはナンプラー使用。香菜も使いますが、私は苦手です…。

 なるほろ・・・では、いってみるのですっ!

ホウボウで蒸し魚を作れ!
by simarisu10 | 2007-09-23 20:07 | 平社員営業フロア
平社員、光福丸様にお伺いするの巻
a0019545_18224382.jpg


 う~ん・・9月も終わりに近づいているというのに・・暑いですね・・。

 エイト社に2台あるエアコンと扇風機2台が稼動しています・・。

 社屋に帰ると蒸し暑い社屋に管理職様たちが・・じっと並んで静止しています・・。
 あの・・やはり・・動き回ると・・暑いですか?

 さて・・先日、このブログの常連さまである光福丸様のところにお邪魔してきました
 
 
a0019545_1829025.jpg


 金沢港にある、いきいき魚市の中にあります。


 
a0019545_18314169.jpg

 
 
a0019545_1832089.jpg


 
a0019545_18322394.jpg


 いろんなお魚が並んでいます。

 で・・・市販価格にしては、安い上に・・スーパーなどでは、置いていない・・
 業務筋にしか流されないような魚が市販されているのです。

 そうですね・・ここの高い魚は・・・逆に買いだったりします。

 で・・木枯らしは・・キジハタを買っちゃったのです。

 木枯らしの勤める中央卸売り市場でも・・毎日は、いない魚。

 
a0019545_18371739.jpg


 釣りをする人なら知っていると思うのですが・・。陸から釣れる魚としては・・
 最高級魚扱いされる魚のひとつです。
 海外の中国では・・かなりの値がつくとの事。

 木枯らしも、これだけは、食べた事がなかったのです。

 
a0019545_18404898.jpg


 刺身で食べたのです。この魚は、いいお醤油で食べたいと思い・・わざわざ、甘味の強い
 金沢醤油を買い求めた事は、ヒミツ。

 で・・想像を裏切らない、上品な白身魚でした。

 う~ん・・関西人御用達のトラフグと比べるとどうだろう・・・う~ん・・・天然のトラフグの方が
 いいかな・・。でも、価格差を考えると・・・やっぱり、キジハタ?薄造りにして
 トラフグのようにして食べたら・・評価は、変わっていたかも・・。

 う~ん・・・やっぱり・・キジハタ・・?
 
 

 
by simarisu10 | 2007-09-21 18:44 | 平社員営業フロア
昆布〆 なのです。
a0019545_1602386.jpg



 部長・・・次長、課長・・。なぜ・・キーボードの上がお気に入りなのでしょうか・・。

 別に乗られるのは・・いっこうにかまわないのですが・・。その・・おトイレ代わりに
 するのは、ご遠慮ください・。

 なんか反応しにくいキーがあると思ったら・・管理職の排泄物で
 接触が悪くなっていたことは、ヒミツ。


 さてて・・本日は・・・昆布〆なのです。

 木枯らし平社員が、金沢のスーパーに入って、鮮魚売り場を見ると・・・。

 
a0019545_1644797.jpg


 こんな、魚の昆布〆がいっぱいあるのです。しかも・・安くない・・。
 これは、カレイの昆布〆なのですが・・。

 会社の人間に、この事を話すと・・
 
 「昆布〆か・・・美味しいぞぉ~」と本当に舌なめずりでもしそうな顔で言うのです・・。

 なら・・・きっと美味しいに違いありません。

 基本的には、白身魚を用います。意外に昆布〆で人気な魚がクロカワカジキ・・。

 この金沢では、なぜかクロカワカジキを好んで食べるのです。昨夜、呑みに行った際に
 これを頼んだら・・・とても意外な美味しさでした。
 「いいクロカワカジキは、本マグロを凌ぐ」という言葉もまんざらウソでは、ないようです。

 さて、この昆布〆最初は、切り身を昆布で巻いただけのものと思っていたのですが・・

 
a0019545_1610342.jpg


 幾重にも巻いた昆布の中に刺身にするような大きさに切られた魚が貼り付けられて
 います。そして・・身みも・・昆布の色が溶け込み・・・香りも昆布の香りが
 染み込み・・・なんともいいのです。

 乾いた昆布の上に身を貼り付けることで、昆布の旨みが身に浸透すると同時に
 魚の水分をすいとり・・味が凝縮された形になっています。

 こ・・これは・・イイ!

 なにもつけずにそのまま、どんどん箸がすすみます。あっさりポン酢を付けてみても
 また、違った味わいをかもし出します・・。
 
 これ・・もっともっと、いろんな人に知ってもらいたい味なのですっ。
by simarisu10 | 2007-09-20 16:16 | 平社員営業フロア
平社員、白なすと出会うの巻
a0019545_17243938.jpg



 次長・・・でしょっ?おいしそうなのです。

 金沢新社屋に移転してから、精力的に市場調査をこなしているのですが・・。

 面白いものをいろいろ見つけちゃうのです。

 で・・・もう何度か見かけている 白ナスをとうとう買っちゃったのです。

 はっきり言って・・・まったく期待していなかったのです。

 なんか・・・熟れていないナスで・・おいしくなさそうなのです・・・。


 
a0019545_17293229.jpg


 ねっ?  このナスを知っている人ならともかく・・太平洋側から来た私にとっては
 なんか・・・イメージが違うのです。

 それでも・・なんか・・・ワクワクしちゃって・・・買いました。
 これ・・・多分・・加賀野菜のひとつだと思うのですが・・。

 ず~っと・・・眺めていて・・・これ・・・トマトソースが美味しそうと思い・・・
 早速、やってみるのです。

 まず、白ナスを厚く切り・・・そして、フライパンで炒めます。ほどよく、炒めたところで
 パスタ用のトマトソースを・・・・。最後にコショウとバジルを振りかけ出来上がり・・。

 
a0019545_17341742.jpg


 結論から言っちゃうと・・・・かな~り・・・美味しいのです。

 これを食べちゃうと・・紫色したなすびなんて・・・食べれないのです。

 皮が厚く、身がしっかりしていて、なんともジューシー。ふつうのナスビとは、違います!
 新食感です。

 食べた後も身体が、これを求めています・・。

 いや・・・なかなかにいけるのです・・。

 白ナス・・・どこかで、お見かけの際は、お求めください。

 この・・後をひく美味しさを持つナスビをぜひともなのですっ!
by simarisu10 | 2007-09-18 17:38 | 平社員営業フロア