<   2005年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧
紫式部
a0019545_22385893.jpg



  これ・・・ゴダック社の刺身用の冷凍伊勢海老「紫式部」です。

  ゴダック社の酒癖の悪いM氏が大阪のスナックで売れ筋商品であると力説するので
  サンプルに1尾自宅に送ってもらいました。(職権乱用?!)

  あれほど、酔っぱらっていて、よく約束を覚えていたなぁ~と変な感心をするのですが・・。

  冷凍の伊勢海老で何も加工せず、刺身用と謳うからには・・よほどの製品を作らねばなり
  ません。(氷結晶の増大を少なくする誘電凍結でも使用したかな・・?)


  なるほど・オーストラリアロブスターという日本の伊勢海老とは違う種類にも関わらず
  日本の伊勢海老とそっくりな色目だけをよって製品にしてあるというだけあります。

  日本の伊勢海老を知らない人なら簡単に騙せる色目です。

  オーストラリアのロブスターは、全般的に、これより色目がオレンジ色なのですが
  日本のような赤紫の色目もいます。

  冷凍のロブスターは大抵、目が取れたり、足がとれたり、髭がとれたりしているのが
  普通なのですが・・・これは、五体満足です・・・(素晴らしい)
 
  では・・早速、お造りにしてみませう!

  
a0019545_22491876.jpg


  うん、なるほど、身の透明感は・・凄い・・生きているものと大差がありません。
  味もなかなかのものです。 生きている時より、少し鮮度が落ちている分美味しく
  なっているかもしれません。(あまり、鮮度が良すぎると・・蛋白がアミノ酸に分解して
  ないので味がない・・・)

  なんといっても目の輝きが・・さっきまで生きていましたよ~~と言っているみたいです。

  冷凍ものなので、相場が安定しており、保存しやすいため、結婚式場や宴会メニュー
  などにいいかもしれません。
  
  伊勢海老の刺身は、好きではないのですが・・・この大きさと値段を考慮に入れると
  「美味い!」と言えるでしょう。
 
  さて・・・残った、頭は味噌汁にしてみました。

  
a0019545_2256663.jpg


  私は伊勢海老の味噌汁が好きではないので・・味を確かめてから・・放りましたが
  好きな人が食べるとたまらない味に違いありません。

  ダシを取る時、80℃くらいに保ち、煮立たせないようにするのがコツです。
  木枯らしの場合、隠し味程度に顆粒のカツオだしをいれます。
  そうすると・・・海老のミソが入っているなぁ~とう感じで味にコクがでるのです。
  
  味噌汁も作れて刺身も作れる、この冷凍伊勢海老お買い得かもしれません。

  ゴダック社は、取り引きをする上で とても嫌いな会社なのですが・・・
  この製品は褒めてあげますっ!花◎!
by simarisu10 | 2005-10-31 23:00 | 海老の倉庫
なんとなく・・そんな気もしていましたが・・
a0019545_2254525.jpg


  
  ネル次長・・・本日、とうとう節まわしをつけて歌を歌い出し、ピョンピョンとダンスを
  踊っておりました・・・・。

  換毛期が終わりに近づくと共にアイリングの色が濃くなり、クチバシも やや色付き始め
  ました。
 
  文鳥の生態を知らない方の為に・・・解説いたしますと・・・

  え~っと・・・女性であると思っていたネル次長は・・・男性であったわけですね・・。

  本日、ジュン部長相手に求愛ダンスを踊り、叱られていました・・・。

  これで・・赤海老エイト社は・・男所帯、決定となりました・・・。

  はぁ・・・・。

  さて、先日、ご紹介したスリナム海老が、ぼうずこんにゃく氏により、色々お料理されて
  おります。

  お寿司になってみたり、焼き海老になったりしております。

  ぼうずコンニャク氏の 「お魚三昧日記」です。

  
by simarisu10 | 2005-10-30 22:16 | 部鳥室
海老のブランド
a0019545_0205591.jpg


  ↑  これ、「コマチ」というブランドの赤海老(あまえび)です。


  赤海老は、大体、50%の確率で船名がブランド名になるのですが・・・
 
  中には輸入社の担当者が命名するものもあります。

  この「コマチ」は、担当者が金沢の「コマチ」という飲み屋で飲んだ時に
  ブランドの話しがでたので・・・その時の飲み屋の名前をとって「コマチ」に
  したのです・・。

  海老のブランド命名に際して、この手の話は決して珍しいことではありません。

  この「コマチ」を命名した担当者は他にも・・飲み屋さんの名前のブランドを・・。

  一昔前「スーパースター」という海老のブランドがありました・

  これは当時流行ったパチンコ台の名前だったりします。その海老の担当者が、その
  パチンコ台が大好きだったことに由来します(笑)

  また、私の会社で赤海老のブランドを作ったことがありますが・・・「北の王様」でした。
  
  これは私の勤める会社の創業者の北野氏が「海老の王様」であるということより・・・・
  「北の王様」なのです。

  この赤海老を作った船は、今や他社が商品の占有権を持っているのですが・・
  いまだに「北の王様」というブランドで販売されています(笑)

  ブランド名の由来が由来だから、名前を変えて売ってくれ~と言っているのですが(笑)
  

  まっ、どうでもいいことなのですが・・・。

  もっとも、今度、文鳥印のボタン海老を製品化しようとしている、木枯らしも
  飲み屋さんの名前をブランド名にしてしまう担当者やパチンコ台の名前を
  ブランド名にしてしまう担当者と同じレベルですし・・(爆)

  でも、部長、次長、海老業界で最も有名な文鳥として君臨するため、平社員、頑張ります!
by simarisu10 | 2005-10-28 00:39 | 海老の倉庫
それいけ!チ~ズっ!
a0019545_23325089.jpg



  部長(泣)次長(泣)・・・・分かりました・・・ご用意します・・・。

  あ~っ、変な食習慣をつけてしまいました・・。

  平社員がウィスキー片手にチーズをつまんでいると・・・手の上で部長と次長が
  チーズの争奪戦を・・・。

  チーズを用意しろと・・平社員を脅迫する管理職達です・・。

  ちゃんと、食事箱の中には塩土を入れてあるので・・・塩分補給は・・そちらを・・。

  あ~~~っ!ぎゃ~~~~!痛い~~!

  次長(泣)~~そのぅ・・平社員の傷口をつついて 血を吸わないでください。

  それ・・マジに痛いのですっ!

  今日は、皆様に部長と次長の 食い意地のはったチーズ争奪戦を動画で見て
  頂きます!

  部長も次長も この動画を見て 浅ましい姿を反省してください・・・・。


  チーズ争奪戦の様子はこちら・・・(約700KB wmv形式)

   クチバシをつつきあっているのは、クチバシについたチーズを食べているのです・・。

   ああっ・・・部長・・パソコンの画面に映った、動画のチーズをめがけてホバリング
   して画面のチーズをつついています・・・。
   これは・・・重症かも・・。


  
by simarisu10 | 2005-10-26 23:40 | 部鳥室
あ~っ・・・
a0019545_012837.jpg



  あ~っ、部長・・・また巣を分解しているし・・・・。その巣を分解してプリンターの内部に
  運んでも・・・・意味がないです・・・(泣)

  そそ・・最近、この部屋に泊まって行く女性は・・・妹ですので・・・。

  引っ越しの間、泊めて欲しいとの事。年がひどく離れているので・・・
  まだ妙齢(死語?!)の女性なのです。

  しかし・・・税理事務所の仕事の関係か・・・帰って来る時間が遅く・・・
  夜の11時が一番早く、一番遅い時が夜中の2時を廻っていました。
  土日も休みがなくというか・・日曜日の夜の1時過ぎまで仕事してます。

  給料が激安で・・・唖然としてしまうほど安かったのです・・。

  うーん、水産業界のような人気のない職場の方が、まだ労働環境は良いのでしょうか?

  彼女が仕事が嫌になったら・・・水産業界に引き込みませう・・。最低、週に一日の
  休みは保証されますし・・・。

  彼女がお世話になったお礼に置いていったのが↓

  
a0019545_0251242.jpg


  顔ダニを殺す、石鹸だとか・・・。どうみても中年の木枯らし・・・・これはいらないよな~~。
  顔ダニと一杯酌み交わしたいとは思っても・・・殺すなんて~~(>_<)

  まぁ・・・顔ダニ一族の安全を確保するために使わずに私が保管しておきませう。
 
  頑張れ、顔ダニ!(意味不明)
by simarisu10 | 2005-10-26 00:30 | 平社員休憩室
今夜はカラオケ


  
a0019545_23253762.jpg



  部長・・・プリンターで越冬の準備を始めたらしく・・・鳥籠の中の巣を分解して
  プリンターに持ち込んでいます。
  冬は暖房を付けっぱなしにいたしますので・・・部長・・大丈夫ですっ!


  今夜はウィスキー片手に 買ったCDを聞いて歌っていると部長、次長も
  両肩に乗って歌い始め、3人でカラオケ大会になりまいた(笑)


  楽しかったので・・・動画を撮ることなど・・・すっかり忘れていた模様・・・。

  でも・・どこの文鳥様も一緒にカラオケをしてくれるのでしょうか・・?

  謎っ・・。
  
  
by simarisu10 | 2005-10-24 23:32 | 部鳥室
スリナムの海老
a0019545_19171460.jpg



 次長と部長用のホットカーペットと毛布を購入し、管理職の越冬準備を完了した平社員です。

 しかし・・・絶対・・・待遇が良すぎる・・・・。

 昼間はオイルヒータ付けっぱなしの部屋でご自由にくつろげますし・・・。

 それでもカーテンを乗り越え、窓にへばりついて窓の外を眺めている次長の姿を見ると
 心が痛む平社員です。


 さて、今日は、新しい?種類の海老を持ってきました。これ↓スリナムオレンジ海老です。

 
a0019545_19224562.jpg



  某社が食用として日本に搬入しようとしています。試験操業で作った物を引っ張って
  きました。

  どうやら、クダヒゲ海老の仲間らしいのですが・・・ヒゲの形状が独特のそれと
  やや異なることが気になります。

  少し、食したところ・・まぁまぁ、食味は十分というところ。まだ、漁獲している船の
  手順が悪いのか、冷凍設備が悪いのか・・・製品としては、まだまだ表に出せるもの
  ではありませんが・・・。

  
by simarisu10 | 2005-10-23 19:29 | 海老の倉庫
トヤマ海老
a0019545_2335418.jpg



  これ・・・ロシア産のトヤマ海老です。

  今年はなぜか、関西を中心として問い合わせが殺到しています。
  商品表示義務法も関係しているのでしょうか?

  もともと、関西は木枯らし平社員の得意とする、カナダ産スポット海老が
  「ボタン海老」として幅を利かせております。
  
  木枯らし他、関西に支社を置く、大手水産会社(複数)の皆さんが拡販に努力した
  成果でもあるのですが・・・。

  しかし・・・本来は和名:ボタン海老ではないのですが・・写真のトヤマ海老が
  東日本では「ボタン海老」として流通し、カナダ産のスポット海老は、西日本で
  「ボタン海老」として流通した経緯があります。

  
a0019545_23535827.jpg


  ↑これがスポット海老です。西日本でカナダのスポット海老がヒットしたのは
  安価で使いやすい事、相場が安定している事、酸化防止剤を使用しているので
  黒変しにくいためです。あと・・ちゃんとしたボタン海老やトヤマ海老を知らなかった事
  などもあります。

  反面、トヤマ海老は、黒変しやすい・・高価、相場変動が激しい、品質が安定しない
  などの面があります・・。

  ただ、トヤマ海老は・・・スポット海老より・・少し美味しいのです(笑)

  でも・・・価格と味を考えると・・・木枯らしはスポット海老の方が値打ちあると
  思うのですが・・・。

  なんでも・・そうなのですが・・・食べ馴れてしまうと・・ボタン海老とて・・そんなに美味しく
  ありません・・・。たまぁ~に食べるから、とても美味しいのです。
  
  
by simarisu10 | 2005-10-20 23:59 | 海老の倉庫
この世の全てはチーズ色
a0019545_07382.jpg



                      ↓


a0019545_073943.jpg



                       


a0019545_081525.jpg



  ということで・・・オチもなにもない・・・単なる実話です(笑)

  チーズの好きな部長のクチバシの周りについたチーズをネル次長が
  「そんなに美味くはないぞ・・」という表情で食べていました。

  赤海老エイト社の初代チュン部長は、チーズはおろか・・海老チリから干物、たこ焼き
  まで食べてくれたのですが・・・。
  
  卵の黄身さえ食べてくれない、管理職のお二方には、チーズは貴重なタンパク源なのです。
by simarisu10 | 2005-10-20 00:12 | 部鳥室
お鍋の季節
a0019545_22152519.jpg



  ネル次長・・・今宵は鳥鍋ですよ・・(イヒヒッ)
  
  あの~~、恐れ入りますが・・・少しばかり、こちらに来ていただけますか?

   えっと・・・肝心の鶏肉を買い忘れてしまいましたのです・・。




   ふ~~!ぎゃ~~~、つつかないでください。今のは、ほんの冗談ですから~~。
   

   そそ、鍋と言えば・・・毎年、想い出す話が・・・

   木枯らし・・以前、「ちゃんこ江戸沢」さんに売り込みに行った事があるのですが・・。

  この江戸沢さん・・・木枯らしが初めて行った時・・・バイヤーの方が・・元力士さんだったん
  ですね・・・。
  
  しかも・・かつての横綱様でした・・。一緒に商談をしていて・・なんと自分の小さい事か・・
  本当に自分は相手と一緒の人間という種の生物なんだろうか・・・と思った事があります。

  木枯らしもどちらかというと大柄な方なのですが・・元力士様の前では、情けないくらい
  小さく感じた事を覚えています。

  さて、力士様ではないバイヤーさんとそこそこ親しくなった時、昼飯でも一緒にという話に
  なりました。本社の一階にあるチャンコ料理店で昼飯をすすめられて、ウドンを注文しようと
  したら・・・バイヤー様に・・・

  「君・・ここはチャンコの店だよ・・・そこでウドンを頼む気かね?」と言われて・・・
  
   えっ?!昼間からチャンコ鍋なんて食べていいの?!なんて思いながら・・
   結局、バイヤーと二人、チャンコ鍋をつつきはじめました・・(やった!)

   チャンコをつつきながら・・・バイヤー様はいろんな話をしてくれました。
   結構、いい話しの連続なのです!木枯らしが日本酒が大好きと知るや
   秘蔵の日本酒までだしてくれて・・・・・。

   その時の話は、全部いい話ばかりだったのですが・・・全部を紹介していると
   キリが無いので・・・ほんの一部だけを・・・。他の話は、また気がむいた時にでも

続きはこちら・・・。
by simarisu10 | 2005-10-18 23:14 | 平社員営業フロア