<   2004年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧
おっ・・・今日は
a0019545_23184.jpg
今日はクライアントさまをしておりました。新しい製品を作るために写真撮影です。
スタジオにはいって背景の食卓風景の撮影準備をしているところです・・。

だいたいのイメージを伝えただけで、あっという間にこのセットの出来上がり。

もともとこんな業界にいた木枯らしですが・・・。うーん、違う業界の目から見ると
プロの技がすごーいって感じでした。

新製品のトータルなデザインはあまり、おもわしくないもの素材は、まずまず。
今度、新製品のパッケージデザインをするときは会社の反対を押し切ってまで
とんでもない派手なデザインをしてやるっ~~~っと思った木枯らしです。

20歳台はこんな業界にいて奇抜なデザインが受けいられないことに悔しさ?を抱いていたのですが・・クライアントの立場になって「なるほど・・」 やっぱり、みんな保守が
好きなんですね~。いひひっ、木枯らしが今度はみんながビックリするような食品パッケージを作ってやりますっ!←少し酔っ払い

さて・・・。最近 酢酸に凝ってます・・・。夜は黒酢を飲み(オリジナルドリンクっ)風呂は
木酢酸のお風呂です。

木酢酸をじかに水虫にかけているのですが、結構、効いているようです。
特徴としては・・・かけた瞬間はなんともないのですが、そのあとジワジワと暖かく
熱をもってきます。ディスカウントセンターに行けば結構安く買えるので、市販の水虫薬より安いかもしれません。

黒酢はオリゴ糖と蜂蜜を 1:2:1の割合で混合。冷蔵庫で冷やして、毎日1リットル
飲みます。最初はなんともなかったのですが1週間たったことには体が軽くなってい
ことを実感します。ただ、問題なのは、体が軽くなると、精神的な疲労が重くのしかかっていることに気づくことです・・・。ふぅ・・・。「体が軽いのに  気が重いってやつ」ですね。(大爆)

ここは笑ってふきとばしましょっ!(笑)

さっ、明日からもファイトですっ!
by simarisu10 | 2004-05-31 23:19 | 平社員営業フロア
海老カツ
a0019545_231955.jpg
百貨店の惣菜コーナーをめぐってきました。今回のターゲットは2種類。
海老豆腐カツに春キャベツと海老の和え物です。

豆腐海老カツは190円で和え物は298円。普通の海老カツは300円ちかくなので
この豆腐カツは安いです・・・。でも・・・。

本当に価値があったのは「和え物」のほうでした。海老豆腐カツは全く海老の素材をいかしきってなく、入っているのかどうか、切り口を確認しないとわかりません。
それに対し・・・海老の和え物・・・こんなものを買う人間がいるのかと思うくらい高いのですが・・・。その価値はありました・・。なかなか、どうしての味でした。。
ちょっと高い居酒屋のメニューと考えると「安いもの」です。

やはり惣菜屋さんは偉大ですね・・。家庭では出せない味をフードパックに詰めて、
売れるか売れないかわからないリスクをはってもってくるわけですから・・・。
なるほど高くならざるを得ません・・。

やっぱり普通はこんな少量の高い惣菜は買いませんからね・・・。

そそっ、なんと回転すし屋さんに何気なく提案しておいたトマトの寿司ネタがとおってしまったようです・・・(驚)  なんと全店メニューだそうです。(再驚)
広島のアイドルさま ありがとうございました。
by simarisu10 | 2004-05-30 23:21 | 海老の倉庫
あまえびムキボイル再び
a0019545_231149.jpg
昨日、紹介したあまえびのボイルムキをいきつけの居酒屋に持っていって料理してもらいました。

素晴らしい・・・。の一言でした・・。今回はアマエビボイルムキのニラ卵トジ、あんかけでした・・。

この居酒屋さん、料理の腕はいいのですが、水産物に関してはあまり知識はありません・・。ところが、そのせいか、いままで持ち込んだ水産物を当たり前のように、普通の料理でビックリするような手法で仕上げてきます。

ニラ卵トジでも十分美味しいのですが、そこに和風あんを加えることで飛躍的に味が
飛躍します。海老、卵、ニラ、あん・・どの役者も手抜き無しなら、予算は少なくても
素晴らしい料理がでます。ちなみにここの居酒屋のマスターは美しい女性です。だからこその発想かもしれません。

このアマエビのムキボイル・・使えるかもしれません。特に味の薄い和風と相性がいいのが長所です。

前から気づいていたことですが、ムキエビは味をまといにくいのですが、アンや衣と組み合わせると劇的に味を伴い、いい料理となります。

また、ムキエビ自身、保水剤などをかましてなければ、ムキエビは相当濃い味にでも拮抗できるのです・・。うーん、この商材気に入りました・・・。今度、真剣に検品します。
by simarisu10 | 2004-05-27 23:12 | 海老の倉庫
ロイヤルグリーンランド
a0019545_195215.jpg
ロイヤルグリーンランド社のアカエビボイルムキです。ムキボイルではなくボイルむきなのです。
通常の有頭のボイルを中国でムキ加工してIQF凍結したものです。従来のムキボイル
とは違い食感が良く、味もしっかり残っています。本来、生海老をボイルしてからむいた方が美味しいのです。冷凍原料をボイルしたものはこうもいきません。

ちょっとヒットの予感のする木枯らしです。しかし・・・ロイヤル社の対応は他社と比べて
温度差がありますねぇ・・・・。なんで他の水産会社のような普通の対応ができないのでしょうか・・・。

ここ、連日飲みが入って更新さぼってました。なんか疲労が残る日だ・・。落ち込んでゆく・・・・・。
by simarisu10 | 2004-05-26 19:53 | 海老の倉庫
南蛮状況
a0019545_163630.jpg

南蛮(ロシア甘海老)の状況が悪いです。西カム、マガダンでの漁獲が悪い上、春の順調な消化で国内在庫も減っております。

例年とうりゴールデンウィーク明けの出荷が低調な為、表立った動きはありませんが
来月あたりには深刻に欠品する状況になるかもしれませんね・・。

特に2L、3Lの状況が深刻です。西カムで作られた製品は結構尾数が小さく作られているため評判が悪いわりには、ややの高値成約。国内相場に影響するものと思われます。

卵の状態も外子から卵なし、内子に変わっていってます。次のまともな搬入は8月頃と
ふんでいますが、一部の大型船は操業の再開が遅れる見とうし。ロシアの有力船3隻の品物は9月搬入と目されています。

このため、秋口まで品不足の様相をみせ、赤海老業界、危機の状況をむかえています。

途端に見直されているのが北欧ものですが・・こちらの方は例年より価格が下がっているものの、品物も数多くなく(大型)、ロシアの代用品にすぐにはシフトしないであろうことが懸念されてます。

写真はガロス船「粋な味」です。何気なく買った品物なので・・・・うーん、間宮ものだと思うのですが・・・型が大きく(3L)、色目も良し。まずまずの品物です。
by simarisu10 | 2004-05-22 16:37 | 平社員営業フロア
海老ピラフ~ここまでやるか編~
a0019545_123957.jpg
今回はカトキチの海老ピラフです・・・。検品結果は最低・・・の一言。おそらくインドムキエビのブロークンをつかっているのでしょうが・・・。海老の匹数は31尾。米粒みたいな海老もあります。ブロークンだらけです。背わたの処理もありません。海老が小さい上に保水処理をしています。とうてい海老の味は無いも同然です。ピラフ自身の味はそこそこに美味しいのですが・・海老がこれでは・・・。パッケージには新鮮なプリプリの海老を使用と書いてあります・・・。

多分良識のある会社ならこのような新鮮なプリプリの海老という言葉はでてこないような・・。ニチレイさんのように本当に美味しい海老でも海老の美味しさに関しては控えめな表現なのに・・・・。

たしかにカトキチさんのように小さい海老のほうが米飯とよく馴染み、美味しさが感じられるのですが・・・・。それは海老に味があっての話。

うーん、海老一つにしても会社の姿勢が現れてますね・・。加ト吉社の売れればいい、儲かればいいという考えに対し、ニチレイ社の「いかに受ける、愛される商品づくりをするか」という姿勢。なんか海老一つで大人の風格が感じられるのはほめすぎでしょうか。

木枯らしはカトキチ社への好感度、大幅マイナスです。うーん。海老ピラフひとつで含まれている情報量は凄いものがあります・・。もうちょっと続けてみるかな・・。
by simarisu10 | 2004-05-21 12:41 | 海老の倉庫
ニチレイピラフ再び
a0019545_8122.jpg
今回のターゲットはニチレイの「洋食屋さんのピラフ」です。ごちそうピラフのスタンダード版かと思いきや、単価は一緒で、単なるピラフのバージョン違いでした。

中にはいっている海老は12匹。サイズは特定できません・・。大小がひどくミックスです。(実際にはちがうのでしょうが・・)61/70と200/300が混在しています。しかも
「ごちそう海老ピラフ」より海老は悪いですね・・・。多分バナメイ種を使っているようなのですが・・・。色目が薄く特定できないものが・・。種類が混在しているはずがないので、はっきり模様が出たものからバナメイと推定しています。

ピラフそのものの味付けはいいですねっ。ロブスターの焚き出し汁?を使っているだけあります。

さて、昨日の味の素のピラフは原料に対する海老混入率は5.1%。ニチレイ社は5.4%。今回の洋食ピラフは内容量500g。(ごちそうピラフは450g)つまり、味の素社とニチレイ社ならちょっとだけニチレイ社の方が海老混入が高いわけです。あまり変わらないけど・・・。でもえびの混入率をわざわざ表示してあるところが少し変。法律か業界の規制で「海老ピラフ」と名づけるものは海老の構成率が5%以上あることとこの基準があるのかもしれません・・・。

残る海老ピラフは・・・カトキチさんのかな・・・ふぅ・・。
by simarisu10 | 2004-05-20 08:02 | 海老の倉庫
そういえば・・・
a0019545_05621.jpg
そういえば・・・この欄に、うちの社長を載せるのをすっかり忘れてました。

改めまして 赤海老エイトの取シマリス役社長の「チャッピー」です。

赤海老エイトへようこそ http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/8495

ブログでこのページを知られた方のために
by simarisu10 | 2004-05-19 00:57 | チュン部長室
海老ピラフ
a0019545_19584.jpg
うん、シリーズ化の予感がする海老ピラフシリーズの第2弾です。昨日のニチレイのピラフに不満を抱いて、ニチレイの海老チャーハンを探したのですが・・・・。見つかりませんでした。そこでニチレイのピラフシリーズと並んで置いている店が多い、味の素の海老チャーハンを買って見ました・・・。果たして結果はいかに?!

昨日のニチレイの海老ピラフはたまたま買ってみたのですが、今回は入っている
海老の数量も調べてみました・・。91/110サイズと思われる海老が11匹+ブロークン(尾部)が入ってました。しかも保水剤+調味液に浸漬したと思われるベトナムムキw
と推定されます。味は・・・・海老屋の目から見ると・・・ひどいでした。

昨日のニチレイ社のピラフも、これは・・と思いましたが、味の素社に比べると10倍まし
です。ニチレイ社さん、昨日はけなしてごめんなさい。ニチレイ社の製品は偉大でした。

味の素社の海老ピラフはニチレイ社に比べて50g多いのですが、味、香、材料において、全てにニチレイ社のものに劣ります。もっとも、ニチレイ社のものはプレミアムピラフくさいのでニチレイ社のスタンダードピラフを食べると、この意見も変わるかも・・。

ちなみに昨日のニチレイ社の海老はバナメイの61、もしくは71と思われます。(すでに現物がないので・・・判定不能)

でも・・・今のところ、私が作る海老チャーハン(ピラフでないですが・・)のほうが圧倒的においしいですね・・・。さて、今後、冷凍食品で私の海老チャーハンに勝る、ピラフ、またはチャーハンはでてくるのでしょうか?

本日、ニチレイの海老チャーハンを求めて4軒のスーパーを廻りましたが・・お目当てのチャーハンは見つからず。味の素のピラフはどの店にも置いていました・・。(仕入れ値が安いのかな?)
by simarisu10 | 2004-05-18 19:59 | 海老の倉庫
赤海老エイト
この赤海老エイトは記事の右下よりコメントが入れることができます。
削除用の暗証番号の記入がないとエラーメッセージがでます。

あまり反応ないと寂しいので書いてみました。
by simarisu10 | 2004-05-18 00:40 | 平社員営業フロア