カテゴリ:局ネタ( 20 )
毎日、お寿司
a0019545_1840521.jpg



 やりまっせ~平社員、頑張るのですっ!

 あれ・・・関西弁が・・・。

 育ちが大阪と東京と半々の木枯らし平社員。

 でも生まれた場所の大阪弁が得意です。でも、東京弁も違和感なく喋れますし・・・・プライベートでは、
 東京弁の方が楽だったりします。

 恋人氏が 大阪弁の漫才師の出てくるテレビ番組を見ていた私が
 
 「なんでやねん」 「ちがうっちゅーねん」 などと突っ込みを入れる姿の私を見て
 大阪弁に変わったと言ってケラケラ楽しんでいます・・・。

 「うっ・・そこそこ・・・そこを掻いて・・・・。背中、蚊に噛まれたみたい・・・」と恋人氏に言うと・・・

 「あっ・・・関西人だけよ・・・蚊に噛まれたとい言うのは・・・」

 「?普通は、なんて言うの?」

 「蚊に刺されたと言うの・・・・」

 「知らんかった・・・」 (つぶやき・・そして関西弁に戻る木枯らし平社員・・・)

 そそ・・・毎日、お寿司を作っては、試行錯誤の繰り返し・・・・

 結構・・・疲れた身体には キツイです。

 毎日の実験で スーパーでの寿司ネタの出費がかさむので 仲の良い太物課(マグロやカジキを扱う部署)
 に頼んだら・・・寿司ネタ用として、どでかいカジキの尻尾を1本、タダで頂きました・・・。

 ありがたいのです。実験の費用が助かります。毎日、実験を繰り返すと費用が馬鹿にならなくなってきました。
 
 
a0019545_18562086.jpg


 
a0019545_1856357.jpg


 一部をご紹介。

 
a0019545_18571489.jpg


 
a0019545_18572716.jpg


 だんだん、目指すものの形が見えてきました・・・。

 一人を作り、一人で食べて・・・一人で厳しく評価する・・・。そして・・次に進む・・・。
 (※恋人氏は・・・刺身が食べれないのです・・。)

 納得がいく、家庭で簡単に作れるお寿司・・・にたどりつけるのだろうか・・・。

 と・・・言うか・・・自分は・・・いったい・・・なにがしたいのだろうか・・・・? とも思います・・。

 きっと・・・新しいものを作るのが好きなだけなんでしょうね・・・。
by simarisu10 | 2009-09-04 19:01 | 局ネタ
平社員、甘えびを料理するの巻
a0019545_1949635.jpg



 ピナ課長・・・正直、きついです・・。

 料理レシピを書くのが、こんなに辛いとは・・・。

 エイト社の食材実験場(台所)もフル稼働です。

 
 
a0019545_1954994.jpg


 
 今日は、ボイル甘海老の実験・・・。

 生の甘えびで実験しているのですが・・・色目の良い、甘えびをスーパーで探すのも大変。

 市場の人間だから・・・市場で簡単に手に入るはずなのですが・・・・。

 市場で流通しているのは、3kg単位です・・・。そんなに要りません(笑)

 冷凍ものなら、1kg単位なのですが・・・・それでも、そんなに要りません。

 別な実験で 冷凍アスパラとすり身とブロッコリー、タマネギが余っていたので・・・
 カレーも一緒に作りました。

 では、今日は、テレビで紹介予定用の 「ボイル甘海老」 の作り方。

 ① 材料は、必ず、生の甘えびを使います。 冷凍ものだと上手くできません。

 ② 沸騰したお湯100ccに対し、塩7g~10g程度を溶かします。

 ③ 用意した甘海老を5分程度ボイルします。
 
 ④ ボイルした甘海老を冷蔵庫や冷凍庫でよく冷やしましょう。

 ⑤ 殻をむいて、彩りよく盛り付けましょう。
    
 
a0019545_20134424.jpg


 解凍した甘海老をボイルすると・・・美味しくない上に身が崩れやすくなります。
 材料にする甘えびは、鮮度の良いものを使いましょう。

 塩辛い湯でボイルするのは、甘えびの身の水分を絞ることと、味の対比効果で甘えびの味を塩で
 引き立てることにあります。
 また、冷やすのは、身がむきやすくなるとともに、冷やすと塩味を強く感じる人間の舌の特徴を利用して
 塩味をさらに引き立てます。

 そのままでも十分美味しいのですが、マヨネーズや、コチュジャンマヨネーズ、オイスターマヨネーズを
 つけて食べる方法もおすすめします。

 これは、日本人よりも甘えびを食べるのでは、ないかと思われるデンマークなどで行われている
 食べ方です。

 新鮮で生の甘えびが、スーパーで割安で簡単に手に入る、金沢だから出来る料理方法とも言えます。

 ちょっと贅沢な食べ方ですが、スーパーで甘えびが、安かったら是非ともお試しください。

 見た目がよくて、塩味なのでお酒のアテなんかに絶好です。

 サンチュやレタスの上に乗せ、それをちぎって、甘えびを巻きながら食べると春らしくていいですねっ。

 こんな風に紹介しようかと思うのですが・・・・・・・。


 一応、出来ればの話ですが、紹介する予定の料理のレシピを掲載したブログを作っておきました。

 ウロコ水産 料理レシピ

 作って1日ですが・・・まるで検索エンジンにヒットしません・・・。

 アクセス数が少ないからかな?

 良かったら、ためしにクリックしておいてくださいませ。

 

 
 

 
by simarisu10 | 2009-04-01 20:31 | 局ネタ
平社員、テレビ出演に備えるの巻
a0019545_18491661.jpg


 ネル次長・・・意外に大変です。

 4月16日、テレビ金沢に出演することになった平社員。
 あまえび料理もあわせて紹介するのですが・・・・
 前回、考えたネタは、あまりにも手が込んでいるとの業界からの意見があり
 別な料理にすることに・・・

 簡単で美味しくて・・・あまり知られていないお料理というと・・・

 業界仲間からの提案もあり・・まずは、あまえびの炊き込みご飯に決定。

 
a0019545_18541415.jpg


 お米、1合に対し、甘えびを6匹程度、頭と胴体を切り離して放り込みます。

 
a0019545_18551194.jpg


 少々、醤油をたらしておいて・・・あとは、炊飯器で普通に炊くだけ・・・。


 
a0019545_18561047.jpg


 炊き込みご飯の完成です。

 春らしく、コゴミを甘えびと並べて あしらってみました。

 刻んだネギを混ぜ込んでもいいのです。

 春らしくて、あっさりした味わい・・それでいて、確かに甘えびが香ります。

 これ・・・上品な味わいでいいのです。これは、簡単でおいしいのです。


 次は、甘えびの春野菜スープ。

 
a0019545_18572230.jpg


 
a0019545_18573943.jpg


 あらかじめ、甘えび12匹を尾をつけてむいておきます。頭と殻は、別に取りおきます。

 
a0019545_18583149.jpg


 オリーブオイルで頭とカラを炒めてから・・・

 
a0019545_1911441.jpg


 水、        500cc   
 醤油       大サジ 1 
 ガラムマサラ  小さじ1/3
 ミリン       大サジ 2/3
 おろしニンニク 少々
 塩、コショウ   少々


 を入れます。頭をヘラ等で潰しながら、温めていきます。煮立たせないでください。
 
 10分ほど、煮立たせないようにして煮込んだら、頭とカラを取り除きます。

 
a0019545_197342.jpg


 残ったスープで 尾をつけたままむいた甘海老を しゃぶしゃぶのようにして色がなんとか変わる程度に
 加熱します。

 残りのスープに とても細かく刻んだ人参を放り込みます。
 そうそう、ソーセージも放り込んでおきましょう。

 このとき、ぶつ切りにしたキャベツを電子レンジで1~2分加熱します。

 あとは、出来たスープをお皿に入れ、あとからキャベツを入れて
 甘えびをあしらったら出来上がり。

 
a0019545_1912563.jpg



 今回は、春らしく ボイルした こごみ をアクセントに添えてあります。


 
 ふぅ・・・こんなところかな・・・。

 ちゃんと・・・レシピを掲載したブログも あらかじめ準備しておきたいのですが・・・。

 料理レシピブログ・・・分かりやすく書くのが難しそう・・・。

 まっ・・何事にも初めは、あるか・・・。

 やってみよっと・・。

 そうそう、今回のお料理、赤海老エイトのご意見番、ピコさまにご意見いただきたいところなのですが・・。

 

 
 

 
by simarisu10 | 2009-03-31 19:13 | 局ネタ
平社員・・・出演?の巻
a0019545_20304882.jpg



 はぁ・・・それが、テレビに出ることになりまして・・・。

 地元のテレビ番組に月に1度か2度、出演することに・・・・。

 テレビ金沢の びービィーみつばち という番組なのです。

 毎週、木曜日に 旬ネタ@市場 というコーナーがあるのです。
 それに出演することに・・・・。

 担当日のコーナーの企画もしなければ、いけません・・。

 とりあえず・・・得意の「あまえび」 で急場をしのぐことに・・。

 金沢港の甘えびの水揚げ風景に漁師さんへのインタビュー。
 それに私の作った甘えび料理でも絡めると「絵」になるのではないでしょうか?

 と言ったら・・採用となったみたいです・・。

 口(クチ)は、ザーサイの素です・・・。あっ・・災いの元 でした?

 今日は、紹介する料理の試作をしておりました・・。

 画像だけアップしてみます・・。

 
a0019545_20412846.jpg


 ワインは、料理に使うのではなく、ワインを飲みながらの料理してます(笑)
 
 
a0019545_20414040.jpg


 
a0019545_2041559.jpg


 
a0019545_20421080.jpg


 
a0019545_20422627.jpg


 
a0019545_20424252.jpg
 

 簡単、甘えびフライに 甘えびチクワフライ、得意の甘えびユッケ・・・。
 
 でも、手順を簡単にしてお手軽な料理という位置づけにしたかったのですが・・作ってみると
 結構、手間。

 う~ん、スタイルを一緒にして、炒め物に変更するかな・・・。

 良い知恵があれば、お貸しくださいませっ。

 ちなみに初回の出演予定は、4月16日(木)なのですっ。
by simarisu10 | 2009-03-25 20:46 | 局ネタ
大食い  最終話   カレーなのですっ。
a0019545_19302583.jpg


 ジュン部長とネル次長・・・平社員に深爪をされてしまいました・・。

 共に右脚を隠しておられます・・・。

 爪を切ろうとすると・・いつも大騒ぎに・・。なるべく爪を切る回数を抑えようとし、
 いつもより・・長めに切ってしまいました・・。

 でも・・今は、すっかり、いつもどうり・・。

 部長は平社員の肩で、次長は、指先で お歌を唄っていらっしゃるのですっ。


 さてさて・・今夜のお話は・・大食らい話、最終話・なのです。

 (10/10は、飲みの為、更新をお休みいたします。)

 若き日の木枯し・・大盛りカレーに苦戦す・・の巻
by simarisu10 | 2006-10-09 20:40 | 局ネタ
大食い  第4話 回転すしですっ   
a0019545_20492026.jpg



 わっ・・数日間、更新を休んでいた木枯し平社員でございますっ。

 夜のお誘いが多いため・・ついつい・・・。

 管理職様達は、食欲の秋とばかり・・大食いをされています・・・・。

 部屋が、排泄物だらけなので・・・休日の朝から・・大掃除なのですっ。


 今夜のお話は、大食らい話、4話め・・・回転すしの巻なのですっ。

回転すしの巻
by simarisu10 | 2006-10-08 21:44 | 局ネタ
大食い  第3話   チャンポンですっ。
a0019545_2271925.jpg



 大食い話・・・3話目・・・今夜のお話は、チャンポン編です。

 あらすじ・・・・・
 学生アルバイトとしてテレビ局に出入りすることになった若き日の木枯し・・・
 ローカルテレビ局な事もあり・・アルバイトでのアシスタントディレクターと
 レポーターまでをこなす事になり・ます。
 挙句の果て・・レギュラー番組まで持つ羽目に・・・。
 その番組で、大食いのコーナーが出来ることに・・担当は・・木枯しでありました。

 大食いコーナーの第2回は・・・チャンポンでした。

 いざ、取材に出かけるディレクターと木枯し・・。

 「おう・・今回の取材は、チャンポンやからな・・。木枯し・・今度は・・成功せいよ~」
 とのディレクターの言葉。
 
 もともと・・大食いには、自信のある木枯し・・。前回のソバ編の失敗を取り戻すためには
 今回は・・落とせないのです。

 車は・・・市街地を離れて・・どんどん・・山奥へ・・・。
 いや~な予感が・・・・かすめます・・・。なんで・・・こんな山の中へ・・チャンポンなのだ・・?

 ついた・・・・店は・・・・山奥にある・・と~っても汚い中華料理屋・・・お客は・・一人入っている
 だけです・・・。なんか・・・潰れかけ?のお店・・・。

 私は・・・ディレクターに聞きました。このお店・・・どうやって知ったのですか?
 「いやぁ~近所の人に聞いた・・。」

 ヲイっヲイっ・・・人生の師匠とあがめる尊敬しているディレクターでしたが・・・・。
 今回・・なんか・・・下調べもなしで・・・安易すぎないですか・・。

 いや~な予感を そのまま胸に抱き・・・・大食いに挑む木枯しです・・・。




 

大食い  チャンポン編
by simarisu10 | 2006-10-04 23:09 | 局ネタ
大喰らい  第2話  ソバなのですっ。
a0019545_20324483.jpg



 昨夜は・・かなりのお酒を飲んで帰りが午前様になってしまった木枯しです。

 昨夜の呑みどころは・・・ここっ

 
a0019545_2034943.jpg


 魚菜(ぎょさい) さんなのです。名古屋に転勤する前の大阪在住時、お魚に関して詳しい
 居酒屋さんのホームページを発見。

 一度、行ってみたいなと思っていたら・・名古屋に転勤、そして取引先の水産会社が
 そばにあることも発見。これは・・・行くしかないっ!

 さっそく、取引先と一緒にゴ~したのです。

 まるで民家にしかみえないような居酒屋さん。なかなか・・いいのですっ。
 ちょっと・・みつけづらいかも・・。

 
a0019545_20372713.jpg


 
a0019545_20374567.jpg


 お料理もなかなかどうして・・・名古屋で満足いくのを、やっと食べれたという肴なのです。

 2階のテーブル席に通されたのですが・・・なんか、飾り気のない古風な民家に招かれて
 飲んでいるような感じ。焼酎、日本酒などの種類の豊富さも特筆もの。
 
 これは・・・いいのでは・・・ないでしょうか・・。飲み友達に話すと・・・
 さ来週、名古屋に出張するので・・早速、連れて行けとのこと。


 ここは、 木枯しのおすすめです。

 さてさて・・・今夜のお話は・・・大喰らいシリーズ、第2夜なのですっ。

大喰らい ソバの巻
by simarisu10 | 2006-10-03 21:27 | 局ネタ
大食い 第1話
a0019545_20144516.jpg



 今日は、休日。管理職様達も機嫌よく、くつろいでいらっしゃいます。

 ジュン部長が背伸びしている事もあるのですが・・・。
 ピナ課長・・・やっぱり・・小さいです・・・。

 部長や次長の仕掛けてくる喧嘩にいつも負けてしまいます。
 (ブンチョ様の間では、喧嘩は社交辞令なのです。2秒後には、喧嘩相手に対し
  愛の歌を歌っているのです。人間もこうでなくっちゃねっ!)

 さて、本日、テレビを見ていると大食らいのコーナーが・・・。

 木枯し・・以前、テレビ局でレポーターをしていたので・・・この手のレポートは・・
 当然、させられました・・・・。

 極寒の川でのミソギ修行や二ノ宮金次郎に扮して街中インタビユーなどということを
 いたしましたが・・・大食らいシリーズが・・一番・・・きつかったのです・・・。
 テレビの中のレポーターが、大食らいの終盤になると・・大抵、なみだ目になっているのですが
 あの気持ち・・・良く分かります・・。

 木枯し、学生時代は・・もともとかなりの量を通常に食べていたのです。
 丼ゴハンに塩だけで3杯・・・などは・・当たり前。

 食べ放題のバイキングで、残したら罰金とあったので20名ほどの食べ残しを平らげて
 しまったことも・・・。

 もともと・・人が驚くほどの大食らいであったのですが・・・それとは、別に
 忍法:大食らいの術を会得していたこともあります。

 かつて山岳部であった木枯し・・緊急事態に備えて、食べれるときに食べておくという
 忍法:大食らいの術を山岳術手引き書より学んでいたのです。

 

大食らい・・
by simarisu10 | 2006-10-01 20:56 | 局ネタ
選挙報道の裏側で(後半)


    
選挙報道の裏側で(後半)

選挙ネタはこちら・・(後半)
by simarisu10 | 2005-09-18 21:57 | 局ネタ