カテゴリ:海老資料室( 49 )
クルマエビなのですっ!
a0019545_22472192.jpg



 部長の鋭い突き攻撃を 静心不動でかわす次長様なのですっ。

 最近、管理職皆様がた全員で平社員の身体に乗っかり居眠りされるのです・・・。

 PCのキーボーードを打っている腕の上に全員で乗っかられております・・・。

 う~ん・・部長、次長、課長・・・・業務妨害ですっ!


 最近、料理の腕をあげていくのが自分でも感じられる今日この頃なのですっ。

 少し小腹が減ったなぁ・・などと酒のアテに素早く料理が出来るように・・。

 
a0019545_22553041.jpg


  適当にタレを作って、切れ目を入れたトリもも肉を放り込みます。少し漬け込んだら
  フライパンで焼きます。このとき、クッキングシートを上に引き、水を張った鍋を乗せます。

 こうして重しをして、両面を焼きます。残った漬け汁をフライパンで煮詰め、これをタレに
 します・・・。

 う~ん・・こんな簡単な料理なのですが・・美味しい・・。重しのせいで両面がパリパリに焼け
 肉もギュッと固くなり、歯ごたえが増すのです。

 さてさて・・今夜は、車海老のお話。



 

クルマエビのお話なのですっ。
by simarisu10 | 2007-04-25 23:14 | 海老資料室
バナメイ海老でお料理するのですっ!
a0019545_18165827.jpg


 

 はい、ピナ課長・・・バナメイ海老というのは、最近、ブラックタイガー海老に代わって
 世界的に最も養殖されている海老なのですっ。

 成長速度が早く、病気に強く、食味が通常のブラックタイガーに比べて、やや上回ります。
 (バナメイ海老より、美味しいブラックタイガー海老もあります。)

 人間社会の課員さまが検品していたので・・一部を頂いてまいりました。
 こんな海老ですっ。↓

 
a0019545_18204645.jpg


 ボイルしたバナメイ海老を口にして・・

 「相変わらず、美味くも不味くもない海老だ・・・」とこぼすと・・。
 課員様も同意見と見えて「そうですね~」と応えてくれます。

 実をいうと・・この海老・・海老の業界では・・問題児扱いなのです。

 価格が安く、大量に搬入されているのですが・・全然・・儲からない・・どころか・・損なのです。

 海老業界全体で損を出し・・それでも売っている・・。そして・・どんどん搬入され・・・
 今、一番、売れ行きの上昇率が良い海老なのです・・。

 売れ行きの良い海老なのに・・・売れば売るほど・・損がかさみます・・・。はぁ・・・・。
 そのままで売ると損になるので・・加工して付加価値をつけて売られている事が多いです。
 多分・・皆様も知らないうちに・・食べております(笑)

 さて・・このバナメイ海老でお料理してみたのですっ。

バナメイ海老で料理なのですっ!
by simarisu10 | 2007-04-15 18:40 | 海老資料室
キクスイ社の文鳥専科
a0019545_21344255.jpg



 いや・・・次長・・お喜び頂き、光栄です。

 エイト社の管理職のお食事は、キクスイ社のものと決まっております。
 
 やはり・・・キクスイ社が謳っておられるように・・「食いつきが違う」のですっ。

 しばらく、文鳥専科が欠品しており・・本日、入手したところ・・・
 エイト社の管理職一同・・見事なまでに・・がっついておられました・・。


 
by simarisu10 | 2007-04-12 22:02 | 海老資料室
今日は・・・海老の良し悪しを体験してもらうのですっ!
a0019545_22111982.jpg



 管理職達に大人気のカーテンレールですっ。

 木枯し平社員が人間社会から帰ってきて最初に行う作業が・・・カーテンレールの下の
 掃除です。かなりな量な排泄部なのですが・・・。
 意外に簡単。ハンディクリーナーで吸い取って、2週間に一度、住居用洗剤で洗えば
 ほとんど元どうり・・。

 鳥様の糞は、あっさり掃除できるので手間いらず?


 さてさて・・・今夜のお話は・・・。

 皆様に海老の検品のバーチャル体験をしていただくのです!
 木枯しが一応ながら参加しているネット上の水産業界の意見交換の場でこんな質問が
 ありました。

 「バナメイ海老はブラックタイガーに比べて、揚げるとき油はねしやすいのは何故か?」と
 いう質問でした・・・。

 ちょっと・・・悩みました・・。しかし・・・それは、あっけななく答えが出ることに・・・。
 人間社会の会社で課員がバナメイ海老の検品をしていたのです・・。

 

海老の検品、バーチャル体験ですっ。
by simarisu10 | 2006-11-21 22:42 | 海老資料室
竹島水族館2


 竹島水族館、レポート2弾なのですっ。

 
a0019545_2256588.jpg



 おや・・・ボタンエビの剥製だ・・・。


 竹島水族館には・・・こんな風なエビ、カニの剥製もあるのです。

 これ・・・一般には・・・あまりうけなさそうなんだけど・・木枯し平社員にとっては、
 興味津々。竹島水族館で一番面白く見れたコーナーです。


 
a0019545_2258728.jpg


 コシオリエビさんもいるし・・・

 なぜかマイブームのハコエビさんもいます。

 
a0019545_225998.jpg


 う~ん、威風堂々・・かっこいいですね~。

 伊勢海老よりも・・・ず~っとカッコイイです。

 明日は・・・飲みの為、更新をお休みいたします。
by simarisu10 | 2006-08-08 23:01 | 海老資料室
ロブロブ様への返信

コメント欄では、字数制限があるため、ろぶろぶ様への返信ですっ。

ご質問っ↓

こんにちは。いつも楽しく拝見しております。
こちらでは、家のまわりに色々な鳥ちゃんがとびまわり、・・・
実は名古屋出身で、いまシドニーでロブスターのお店をやっているのですが、ですから、これは、シドニーからのメールです。
教えていただきたいのですが、なぜ、タスマニアのロブスターのほうが南オーストラリアや他の地域のものより美味しいのでしょうか?
一般に海水の温度が低いと身がしまり、味が濃いといわれておりますが
なにか根拠はあるのでしょうか?
教えてください。

コメント欄で書いていた内容をコピペしました。


■ろぷろぷ様、はじめまして~。
この、コメント欄では、字数制限があるので、簡潔に・・。
木枯しは、ロブスターに関する知識が不得手なので正しいとは、限りません。
まず、海水の温度が低いと凝固点降下の為に身の濃度を濃くし身体
を保護しようとするため、結果的にアミノ酸が増加し、旨みが増すという事
は、あり得ます。また、海水の低い漁場では、鮮度保持を行いやすい
事もあります。さて・・美味しい海老が出来るには、決定的な条件が
あります。その漁場が、富栄養状態にあることなのです。簡単に言います
大陸の近くに巨大な河口があるですとか、湧昇流(海流が潜り込み、
海底の深層水を表面に押し出す)がある地域ですとか・・・なんらかの理由に
より、プランクトンが大量に発生する条件があることです。
タスマニアの環境を知らないのですが・・・ネット検索の結果、多分、この海域では、
湧昇流がある地域・・または、海流が交錯する場所の可能性があります。
このような環境では、同種の生物であっても他の海域のものと比較し巨大化する
傾向にあります。
ロブスターそのものは、海老としては・・さほど美味しいものではありません。
といいますのは、グラムあたりに含有している旨み成分が美味しいとされている
海老と比較して少ないのです。
しかし、旨み成分だけを美味しさとするわけでは、ありません。(事実、旨み成分が
含有量が多くとも・・取立てて美味しくない場合もあります。)
ロブスターの場合は、美味しさの条件のひとつとして、大型であることも条件であると
考えます。おおぶりな身には、歯ごたえや食感なども美味しさの要素となります。
この際、他の海域のロブスターでは、味わえないということで新たな美味しさを
認識できることにもなります。(付加価値)

また、美味しいとされ高値で取引される水産物は、商業的にお金をかけても(手間、設備
投資をしても)成り立つことより、美味しさを保つための取り扱いがなされている事が
あります。タスマニア産の冷凍伊勢海老は、日本での流通がない、または少ないものと
思われ、情報が不足しています。

今度、機会があれば・・その筋の方に見解をきいておきませうっ。
by simarisu10 | 2006-06-14 10:18 | 海老資料室
チヒロ海老


  
a0019545_22392948.jpg


  カーテン巣に引きこもりになり・・好物のチーズを見せないと出て来ようとしない
  ジュン部長です・・・。

  あまりにもの引きこもりに、泣く泣く管理職様達のカーテン巣を潰してしまうと
  部長に深い悲しみと激しい怒りが・・・・あまりにも見幕に恐れをなしてしまいました。

  はい・・・平社員の分際で・・・すいません・・・元に戻しておきます・・(泣)

  本日、業界の 白いバラ氏 より「スカーレット海老」が届きました。
  
  「木枯らしさん、スカーレット海老、送っておきますからね~」とご陽気な声が
  聞こえた時・・・この海老が来るのではないかと予想していたのです。

  予想していた海老は↓
 
  
a0019545_22475826.jpg


  「ツノナガチヒロ海老」(↑上の写真)だったのですが・・・(写真はチリ産のもの)
  
  実際に届いた海老は・・・↓

  
a0019545_22484437.jpg


  これは・・・ツノナガチヒロ海老と・・・最初は思ったのですが・・・少し違います。

  こういう時は困った時の「市場魚類図鑑」(ぼうずコンニャク氏編)を見てみますと
  「ハクメイチヒロエビ」のようです。
  
  チヒロ海老は非常に種類が多く、世界各地の深海でとれます。大抵、商用となるのは
  ツノナガチヒロが多いのですが・・・これはハクメイチヒロ?

  とにかく、気持ち悪いくらい真っ赤。これは鮮度が良い証拠でしょう。
  しかし・・・相変わらず・・・食用海老とは思えない異質異様な海老であります。

  これ・・・刺身として食べるのですが・・食べた時は、そう悪くないものの
  いつまでも残る異様な後味は・・あまり、いいものではありません。

  また、かすかなアンモニア臭がするのですが、鮮度劣化と共にアンモニア臭がきつく
  なります。赤い体汁が茶変し、激しいアンモニア臭となると・・とても刺身では
  食べられません。
  また、鮮度劣化速度が早いのもチヒロ海老の特徴です。
  (鮮度劣化を起こしたチヒロ海老を・・仕事だからと刺身で食べてみて・・トイレで30分間
   嘔吐をして苦しんだ事は秘密)

  しかし、生であればまだしも・・・冷凍にしてしまうと・・煮ても焼いても・・食えない海老
  なのですよね・・。

  海外からも・・海老好きな日本に対し、買ってくれないかとオファの多い海老ですが・・。

  かつて、この海老を大量に扱って・・・儲けていた事は内緒です・・。
  でも・・・今のご時世では・・・・これ・・食用には避けたい海老であります・・。


  明日は飲みのため、更新をお休みいたします。
  
by simarisu10 | 2005-11-09 23:00 | 海老資料室
特大・・・ボタン海老
       
a0019545_21275024.jpg


部長様が最近、換羽期(トヤ)で部屋の中に羽根をまき散らしています・・。

うーん、部長・・部長の羽根を丹念に集めれば、部長専用の羽根枕くらいなら出来そうですよ。

今日は特大のぼたん海老でも・・

特大のボタン海老はこちら・・
by simarisu10 | 2005-04-22 22:04 | 海老資料室
海老と酸化と白濁と・・・
a0019545_21575120.jpg


うーん、麻婆豆腐を食べていると部長が、その一部を持ち去り、私の腕の上で食べて
おられました・・・。しかたないので、平社員が給仕をしている写真ですっ。

しかし・・・部長・・・これは李綿記ブランドの「辛口麻婆豆腐」なのですよ。

私が作る麻婆に比べると、すこぶる味が乱暴的な辛さなのです・・・・。
部長・・・大好物なので・・ガツガツ食べます・・・・。なにか・・・違うような・・・。

さて、予告したとうり・・・海老と酸化と白濁の関連を実験してみました。
連休を使っての実験でした。この実験は解凍後の海老でも酸化を防止できれば
解凍後の海老の白濁、黒変に対し、なんらかの耐性をつけることができるのでは
ないかという実験です。

まず・・・木枯らしの手持ちの生食用の海老で、鮮度が悪そうなボタン海老で実験です。

いっぱい、写真をとったのですが・・・ほとんどが・・・ピンボケになっておりました・・。

続きはこちら・・。
by simarisu10 | 2005-03-23 22:29 | 海老資料室
新種・・・キタ~~
a0019545_8213852.jpg


以前、赤海老エイトで紹介した ↑の東サハリン産のボタン海老が・・・・学名もついていない
新種であることが判明しました。
このブログとリンクしている市場魚貝類図鑑のぼうずこんにゃく様のご尽力により判明しました・・・。

取り急ぎ、報告まで~~
by simarisu10 | 2004-12-07 08:27 | 海老資料室