カテゴリ:町内会( 4 )
独り言・・・
あっ・・・・今日は・・・独り言です。

町内会の悩みをぶつぶつ言うのです。愚痴というより、前向きな話なのかもしれません。

町内会の会長になってしまった木枯らし平社員・・・。いや・・それは、別にいいのです。

私のことなので、お気楽にやっているのです。ところが・・いろいろあって・・・子供もいないのに少年連合の
方まで面倒みることになりました。

いや、別にそれもいいのです。 ただ・・・町内会の改革のために、都市部風にドライでサクッとした
構造に切り替えている最中なのです。

で・・・・いろいろ、構想を練って・・・・いたのですが・・最大の課題は、毎年、もめにもめる役員選定。

それを見るのがいやで・・・・”そうだ、エクセルに役員を選定させよう!”と このゴールデンウィーク、
パソコンを叩いて、プロトタイプを作ってみました。

いまやエクセルのおかげで少しのデータで踏み込んだ家族構成まで作成できます。

さらに過去の資料をほじくり返し、わかった世帯データを放り込んでいきます。

さらに独創で 町会への貢献度の計算式をいくつか作り、データーを放り込んで、公平な感じの
計算式を選びます。

私の考えは、町会への貢献度のポイント制度により、公平に役員となる機会を調整します。

新しい入居者が、不利にならないように・・昔にいろいろ役員をしてても、時が経つにつれポイントが
減っていくように仕組みます。

最大の山場は、ここからです。

年齢によるピラミッドができるように 各役員の選定を年齢、ポイント、家庭事情にまで配慮した
条件式で縛りまくります。

ある程度の年代になると・・・自然に町内会の仕事を手伝わなければならないように・・・。
しかし、子育て世代や、新婚世代に負担をかけないように・・・。

また、高齢者や寡婦、離婚での独身者にも、配慮しました・・。

ところが・・・ここまで条件を絞り込んで作ると・・・・エクセルは、残酷です。

ピンポイントで候補者を選定してきます。試しに4年後の副町会長の選定をさせたら・・・。

データーをまとめている本人でさえも予想外な人を候補者に選定してくるのです。

なにかの間違いだろうと・・・条件設定を見直すことしばらく・・・・。間違ってないことを確認し、
選定した人が条件式の範囲に当てはまっていることを確認して・・・・溜息をつくのです。

いや、たしかにそのとうりだが・・・・・これ・・・もめるぞ・・・。

エクセルが、候補者に選び出したのは、年齢格差のある夫婦の奥さんの方でした。

この家庭・・・・高齢者扱いなのでノーチェックだったのでしたが・・”奥さん”を選定するという手が
あったか・・・・。

いや、気づきませんでしたが・・・・これはこれで残酷な話ですが、奥さんを選ばない設定にすると
今度は、3代目の町会長を再び指名しそうな感じになります。

なんか・・嫌なものをみてしまいました・・・。これ、完全に完成させると・・・さらに残酷な結果がでそうな
気配です。

他の役員もデーターを見ているだけでエクセルが、誰を指名するかが予想がつきます・・・。

まるで・・・あぶりだし・・・。

やはり、もめてもめて、毒を吐きつつ、いやいやながら納得してもらうのが、ある意味ベストな方法なのかも
しれません。

まっ、時間の空いたときにでも、ちょくちょく手を入れて・・完成させましょう・・・。

エクセルで選定したとか、言い始めると・・化石世代が、逆襲を始めるにちがいありません。

作った本人でも、かなり難解な代物なので・・・うまく説明できる自信がないのですよ・・・ですっ・・。
by simarisu10 | 2016-05-06 21:16 | 町内会
ううううっ・・・
a0019545_21552644.jpg



 木枯らし平社員・・・・・町内会の会長です。

 

 町内会を、”改革”しています。こちらの人の感覚だと”改悪”かもしれません。

 都市部風にドライに手間いらずに・・・・。

 もともと大阪生まれの大阪~東京育ちなので・・・ながったらしいのは、”嫌い”です。

 私の計画どうりなら・・・おそらく、全国でも珍しいエクセルによる、役員選定システムが出来上がるはず。

 世帯情報を入力し条件を設定するだけで 次の年度の各種役員の最適者を選定するエクセルを
 構想していますが・・・。
 まだ、完成度10%といったところでしょうか・・。

 さて・・・今日は、私らしくもない”話しかた”のお話です。

 町会長になると・・いろいろ、苦情やら提言だの持ち込まれます。

 また、いろんな会合に四六時中、でなければいけません。 

 これは・・・特に不満がないのです。

 一番、私をイライラさせるのが・・・・とてもダラダラと喋る人が、あまりにも多いことなのです。

 海老業界では、割とスピーディーに話が進みます。私の場合、特に要件が重なっていない場合
 発注から、発送、運送便の手配、入庫手配、納品書発行、売り上げ発行まで最短で1分半で
 仕上げます。(入力以外、パソコン様にやってもらいます)

 ところが、町内会関連では・・・先日、簡単なことを述べるだけなのに かなりご高齢の方が
 独り言を多分に交え1時間10分かけて単調に話したのです。

 たぶん・・・普通に語ると5~10分もあれば十分なのです。その間50人以上が、1時間10分、
 この人は、何をいいたいのか待ち構えていたわけです。

 結論がおわるやいなや、私は、手を挙げて発言し、「この手の話は、45分以内に収めること!」と
 言い放ちます。相手が高齢でも・・・かまいやしません。45分でも大サービスです。

 さらにこんなことが・・いろいろと連続します。会議の議長は、寝入っていて、他のみなさんも
 聞いているフリだけしてます。人間のこの手に関する精神集中力は、経験上15分程度です。
 
 近所の奥様方の要望や提案も・・・事の発端からはじまり、経過、要望とまで10分も話されます。
 結局、それ要望だけ1分で話してもらったら、30秒でカタがついたりします。

 最後まで何がいいたいのかわからない話し方に”話べた”があるのです。

 結局、1時間かけても・・まるで何も伝わってない話より、要点だけを伝える5分の話し方の方が
 価値があります。

 私は、声を大にしていいたい。

 ”まず、どうして欲しいか、何を伝えたいかを最初に言え”と・・・。その後、必要に応じ、
 相手がわかってそうも無いとき、随時、補足を入れろと・・。

 郷に入れば、郷に入れといいますが・・・・
 なかなか、時間の緩やかな”地方”には、なじめないでいる私です。

 
by simarisu10 | 2016-04-13 22:38 | 町内会
溜息ひとつ
a0019545_2146312.jpg


木枯らし平社員・・・町会長になってしまいました・・。

町会の臨時総会で副会長を決めることになって 1時間40分・・誰にも決まらないので自ら名乗りをあげました。

副会長を1年すると・・・自動的に町会長になるのです。

で・・・もって・・今年から町会長様です。

木枯らしは、大阪、東京での暮らしが長いので 町会なんて・・縁がなかったのです。

でも・・地方に行くと・・・町内会というのが・・・結構、ウェイトあるのです。

大変だと聞かされてましたが・・・・私の仕事は、もともと大変な仕事なので・・常人の大変は、私の大変なうちに
入りません。

ところが・・・やってみると・・あまりにも・・・・レベルが下の大変さを味わうことになりました。

土地が安いこともあって元農村部に土地を買って新築したのですが・・・・・まさか・・こんなに愕然とする事態に
なろうかとは・・。

正直、楽しいのです。地区の運動会、バーベキュー大会、バレー大会、夏祭りetc・・・。

酒をのみつつ運動会で走って笑って むかで競争とか・・面白すぎます。こんな経験したことないのです。
夏祭りにいたっては、特等席で飲み放題、食べ放題で踊りや歌を鑑賞できます。

うっとおしいのは、地区の応援する市議の選挙活動で集票活動したり、近所の奥方の貴重なご意見を30分ほど
対応しなければいけません。副会長時代は、会計も兼務しますので入出金のために走り回り、決算書も作らないといいけません。決算署にいたっては、近所の数字に弱い奥様たちにキンキラ言われながら会計監査の承認をしてもらわなければいけません。さらには、連合町内会なるものに参加し不必要な飲み会、不必要な町内パトロール、戦没者慰霊、その他いっぱいに参加しなければいけないのです。極め付きは、総会で・・・不平不満の合唱。さらに数字に弱い
方々から、決算書に対しての指摘がつづきます。
いちおう・・・大手でマネージャーしていたんですけど・・その程度の数字も読めないのかと思うですが・・我慢です。

どこかの時点で・・・”切れました” 

11時間かけて 町内会の会計のオートエクセルを作成。あまりにも情けない今までのエクセルを他の町内会に売れるであろう、相当立派なエクセルを作成したのです。私に怒りの感情が沸くとそれをバネにしてとんでもないことが
できます。その出来栄えには、自分でも惚れ惚れしました。これ・・・売れるぜっ・・って。必要項目を都度簡単に入力するだけで自動的に決算関係の書類が作成され、どんなことにいくら使ったか一目瞭然。さらに拡張性ももたせ
私の想定する未来の事態にも対応可能。他にも付随機能をつけてやりました。

パソコンオタクを怒らすのではないのですっ!

次にやったことは、町内会のへの不平不満を1月で片づけました。私は、関西人で気が短いのです。
結果・・・・自画自賛・・・ほれ・・・みんなのいった不平不満がたった1月で片付きました。
災害対策、大雪対策、不審者対策、道路標識

うちの町内は、大雪が降っても、全然大丈夫。あまっている金にまかせて大型ブルドーザーを動員します。
金など使え使えってなものです。災害対策もある程度は、大丈夫ですよ。コストコで安く買った適当なものを
町内会の物置にぶちこんでいます。不審者も特定して勤務先から説教するよう手配済み。

さらに聞き込み調査を行い、どんどん問題点をかたづけて、町内会だよりを作り、全戸配布で報告していきます。

町内の古い世代の方々は・・・・私を見ると避けるようになってきたように思います。

今度は、連合町内会という地区をまとめて、おそらく利権をむさぼっている連中に喧嘩を売ります。

地区の慣習とやらに”なぜ?””なぜ?”と正論で切り込んでいきます。私が、商社時代に上司からやられて
さんざんてこづらされた奴です。正論には、なかなか勝てないのです。この手法をおしえてくれた当時の憎い上司に
初めて感謝しました。

ということで・・・私は、地区のみなさんから嫌われものになりましとさ・・・。

というより・・・とんでもない変人と思われているのでしょう。

私の目から見ると・・・日本にいまだ・・こんな奇天烈な文化が存在していたんだ・・・ってなものですが・・。

これから、農村部町内会を改革すべく戦うのです。と相方のメァリィー社長に宣言すると・・・。

「あのね~、そんなの適当にやっていればいいのよ、みんなそうなんだから・・・。文句いうのは、適当にハイハイして
なにもしなくていいの。やるとかどうとか、別にして、ハイ、ハイ言って適当にね。それでいいの。ご近所から後ろ指だけ
さされなければ、それでい~~の。」

ヲイ・・・そうなのか・・・・(哀しい)

今回は、愚痴と自慢話になりましたが、木枯らしは、町内会を改革し、地区の町内会の集まりで利権をむさぼっている
連合町内会をぶっ潰すため、1年頑張るのですっ。

詳しく話すと長くなるのでやめますが・・・・この時代の日本で・・・いまだ・・・こんなことが私利私欲で行われていることに
驚きを禁じえません。まるで戦後の感覚が続いているのです・・・。

溜息ひとつ。    今回は、我ながら毒吐きの巻きです。
by simarisu10 | 2016-02-24 21:46 | 町内会
木枯らし平社員なのですっ!
おひさしぶりなのですっ。

木枯らし平社員 久しぶりに自分のブログに顔をだしました。

投稿の感覚が戻るまで 今しばらくおまちくださいねっ。
by simarisu10 | 2015-12-22 14:17 | 町内会