カテゴリ:平社員、地産地消と取り組む( 5 )
鮮魚を出荷せよの巻
a0019545_19433100.jpg



 ↑ くつろぐ せいぶつへいき こと・・・社長秘書 ココ嬢(♀)


 平社員・・・今、人間社会で 北陸の水産物を都市部に出荷せよという特命をうけて
 働いているのです・・・。


a0019545_1953973.jpg


a0019545_196555.jpg


a0019545_1971246.jpg


a0019545_1972736.jpg


a0019545_198125.jpg


a0019545_1981822.jpg


a0019545_1983378.jpg


a0019545_1984877.jpg


 新鮮で美味しい 北陸の鮮魚・・。

 ここのところの不況、鮮魚離れで・・・魚種によっては、耳を疑う値段でセリ落とされて
 いきます。

 おかしい・・・おかしいのです。

 すでに魚は、海外から安い冷凍品を使うのでなく・・安い地方の鮮魚を使わねばいけない
 くらいです・・。

 でも・・・加工施設がないため・・冷凍魚におされています・・。

 実際、私も鮮魚を見ながらも・・・その扱いの難しさに頭を抱えます・・。

 いったい、誰が、こんなセリのような・・不況の時代には、そぐわない制度を作ったのか・・。

 品物があるときは、激安。ないと・・そこそこの高さ。価格形成の中心軸があるのですが・・
 それは、大口の取引先の量販店の売価設定の意向が基本的に反映されています。

 ようするに・・・大口需要先の意向がセリ値を決めています。それは、潜在的な意向で・・
 セリの場面で顕在化します。
 
 よーするに・・・街の魚屋さんがいなくなり、スーパーが、魚を多く売るので・・
 スーパーの意向が優先します。

 とは、いえ・・スーパーとて・・売れる値段よりもなるべく安く買いたい・・。
 でも、一番の大口需要先は、一番、高い値段で買わざるを得ない。(それがセリの仕組み)

 しかし、スーパーが手を引くと・・まるでお手上げなので・・おおよそは、スーパーの意向に
 従う・・。
 
 でも・・意外にそれは・・その日の相場の高値・・。

 スーパー以外の使用先は・・・さらに魚を安く手に入れるということになります。

 う~ん・・・おかしい。

 木枯らし、ある日・・とんでもないことに気づきました・・。

 要は・・魚が多すぎるのだ・・。
 
 つまり、魚を減らせばいい・・・多いときは。

 それは・・魚の一部を ゼロ円 評価にしてしまえばいい・・ある、一部の魚を・・。

 そうすれば、ゼロ円評価以外の魚は・・・需給バランスがとれてくる。

 そして・・・ゼロ円評価の魚は・・・・・(ここから先は・・・秘密)

 なるほど・・こうすれば、総利益は・・アップする・・・。

 問題は・・・古き慣習との戦いか・・。

 4月から・・・なぜか 人間社会で 「統括」なる不思議な役職についてしまった
 木枯らし平社員・・・。

 年に似合わず・・・いろいろ悩むのです。

 更新をさぼって、ごそごそ動いていたせいで・・・・仕事がはかどり・・
 おもしろい話をいろいろ作っています(笑)
by simarisu10 | 2010-06-25 19:28 | 平社員、地産地消と取り組む
マギロ
a0019545_0532549.jpg




 石川県では、昨年から 本マグロが大量に揚がります。

 今年からは、金沢港でもマグロの水揚げが行われます。

 木枯らし平社員・・・・これをなんとか都市部に送り込んで売れないだろうかと・・・組み立てています。

 
a0019545_0553377.jpg


a0019545_0554685.jpg


a0019545_055595.jpg



  なにせ・・・金沢は、カジキを食べる文化なので・・・マグロは、あまり お呼びではないのです・・。

  だから・・・私としては、上質な本マグロの生を安く食べられる環境は、大歓迎。

  しかし、魚を高く売ってもらいたい漁師さんとしては・・・ありがたくないことなのです。

  早速、平社員が乗り出して、コスト計算と採算へ向けての演算をするのですが・・・
  どうも、採算にむけてのコスト計算ができないのです・・。

  水産物で一番見立てが難しいのがマグロ類。私の得意とする冷凍甘エビの見立ても
  水産物のなかでの見立ては、困難なものなのですが・・・。
  見立ての難しさの格が違います。

  なまじ、重量あたり単価の違う事、大トロ、中とろ、赤身の価格差。それに身質の違い。
  身質なんて、外見だけからは、判断できないのです。

  というのも・・・マグロは、漁獲されるとき暴れます。水中でならいいのですが・・・
  空気中で暴れると、抵抗の負荷がなくなることと放熱がうまくいかないことで
  上昇した体温のため・・・・自らの身を加熱しちゃうのです・・。

  分かりやすくいうと・・・マグロの中身が煮立ってしまうのです・・。

  さらに・・・魚をさばく人の腕前で 大幅に歩留まりが変わります。さらに・・さらに・・etc・・etc。

  だからと言って、リスクを恐れ、儲けの幅を大きく取ると・・・高いものになってしまうし・・。

  
a0019545_1104384.jpg


  この美味しさ、安く 採算があうように提供しようとする試み・・・かなり、難産・・・。

  一昔前は、とんでもなく高く売れたので・・・多少のリスクは、飲み込めたようなのですが・・。

  この不況の今・・・最高にマグロの相場がさがっているのです。
by simarisu10 | 2009-06-13 01:13 | 平社員、地産地消と取り組む
不定期連載、平社員、地産地消と取り組む・・。
a0019545_18284859.jpg



 いやはや・・すいません。最近・・いろいろ凄いのです・・。

 部長・・・ほとんど社屋にいない平社員ですが・・・。

 そのうち・・少しずつ、平社員の陰謀が明るみに出てくるものかと・・。

 もっとも・・昨夜は・・飲みで更新できなかったのですが・・。

 さて・・・不定期連載の「平社員、地産地消と取り組む」第2弾なのです。

 なかなか、この企画は、すぐには、公表できない部分があるのです・・・。
 そのため、かなり長期スパンな不定期連載になるかと・・。
 

 前号のあらすじ・・・・。


 市場に勤め始めた、木枯らし平社員は、ある日、市場で大量のサバが入ってくる場面を
 目撃する。そして・・新鮮で大型なサバが思いの他の安値で取引される光景を目にする。
 

 大量のサバが安値で取引された・・。大阪ならキズシ用として末端価格1匹1500円程度。
 安値でも500-700円は、するだろう見事なサバ・・。それが・・・捨て値・・。

 この時、私は、鮮魚を使った製品を作ることを思いついた。

 そう・・作るなら、ここ・・金沢がいい。観光地としてネームバリューもあるし・・
 美味しい魚と料理の街というイメージもあるし・・。

 それに・・鮮魚が相手なら加工工場を金沢市内にすると運賃コストも低くすむ・・
 なにより鮮度保持の観点から見ても良いし・・。

 折りしも・・底引き網が解禁になって底ものと呼ばれるカレイなどが大量に揚がって来る
 時期だったのです。

 そこで・・木枯らし・・・カレイに目をつけたのです。

 加工方法として思いついたのが・・・「から揚げ」でした。

 そこで・・早速、鮮魚部の方と交渉して・・「素カレイ」とも「水カレイ」とも言われる魚を
 ターゲットに加工することにしました。

 早速、金沢市内の工場に素カレイを持ち込み、試作品を作ることに・・・
 
 底引き網で数量が多くなって・・驚くほど安い価格のカレイ・・。

 しかも石川県産でうたえるし・・冷凍にしても海外加工と違い、運送賃も節約でき、運送中の
 品質劣化にもリスクが小さくなる・・。

 そうして・・・工場に持ち込み試作品を作り、冷凍します。で・・冷凍されたものを
 早速、から揚げにしてみました・・・。

 そして・・工場を経営する社長と試作品を食べたのです・・。

 それは・・驚くほど美味しかったのです・・・。今までの冷凍の魚のから揚げとは
 確かに違う、その味・・。やわらかな身に新鮮なカレイの良い香。  

 社長と目を合わせ・・・
 
 「これは・・・いける・・・」と二人して合点しあったのです・・・。

 好スタート! 私は、その時・・確かにそう思ったのです・・。

 しかし・・・そうは、問屋がおろさなかったのです・・・・。

 思いもかけずに踏み込んだその道は、試行錯誤の迷い道へと続く道だったのです。

                                   (続く・・・・)
by simarisu10 | 2007-10-19 19:20 | 平社員、地産地消と取り組む
木枯らし平社員、金時草を食べるの巻
a0019545_19221835.jpg



はい、部長・・金時草は、キントキソウではなく・・キンジソウなのですっ。


 金沢関係のほかのブログで

 「金沢人なら、一度は、このキンジソウを食べたことがあるはず・・」という記述を見つけ
 キンジソウなるものに興味をもったのです。

金時草は、加賀野菜の一つ。スーパーで売っているのは、見かけた事があるのですが・・
 どうやって食べるのかがわからなかったのです。


 で・・・キンジソウは・・・こんな感じ

 
a0019545_19244846.jpg



 独特のにおいがします・・。植物くさくないです・・魚類みたいな匂いです。

 で・・一束・・150円なので・・そんなに高いものではありません。

 調理方法の9割は、煮て、酢の物にするとのこと・・・。

 ふ~ん・・・・酢の物にねぇ・・・(→納得のいかない平社員)

 なんか、バター炒めの方が・・あいそうなのに・・。

 しかし、木枯らしも金沢人、ここは、ひとつ酢の物にしちゃうのですっ!

 
 
a0019545_2025221.jpg



 おおおっ・・・なんか茹でるとワカメみたいな感じに・・。
 
 でで・・これをショウガとポン酢で食べるのですね・・。

 う・・・うまい・・・。想像とは違う美味しさ・・・。お世辞抜きで美味しいのですっ!

 ヌルヌルしていて、ワカメみたいな感じながら・・その食感は、間違いないく植物のそれ・・。
 モロヘイヤを煮た時と感じがにているのです。
 ポン酢をかけるまでは・・これほどとは思わなかったのですが・・・。
 本当に、ポン酢とあうのです。

 しかも・・抗酸化物質のビタミン類を多量に含むのです・・・。

 しかも・・・安いし・・・。う~ん・・・全国展開して欲しいのですが・・。
 いまや、北陸に供給できる量しか栽培されていないのです・・。

 残念・・・・。


 ★ 「木枯らし平社員、地産地消と取り組む」は、不定期連載とさせて頂きます。
 これに伴い、新しく「木枯らし平社員と地産地消」のカテゴリーを増設し
 連続して読みやすくいたしました。
by simarisu10 | 2007-09-16 20:58 | 平社員、地産地消と取り組む
平社員・・地産地消と取り組む・・ その1
a0019545_167276.jpg



 ひえっ・・・・たまには・・6時間、寝たい・・・のですっ。

 実を言うと・・テレビを見るひまもなく・・安倍総理の辞任を知らなかったのです・・。

 今日こそは・・6時間、寝てやる・・。仕事を放り出しても寝てやると固い決意で
 会社に行ったのですが・・・。連休前で明日の仕事が1時間繰り上がって・・
 明日は、朝、1時出社との事。

 ということは・・・12時起きだから・・・6時に寝るのか・・・。えっと・・今、更新しているのが
 4時だから・・・あと、2時間で更新を終えて、一杯呑んで・・・雑用をして・・・。

 頑張るのですっ!

 さてさて・・金沢に来て・・そろそろ、周りが見えてきたこの頃・・。

 いろいろな事を考えます。

 木枯らしの勤める市場は、北陸最大の金沢中央卸売り市場。金沢のみならず
 周辺地域の食を支える、重要な流通拠点です。で・・いろいろな事が起こります。
 
 例えば・・昨日の出来事ですが・・・朝、出社すると・・鮮魚部に見慣れない箱が
 大量に積んでありました。

 のぞきにいくと・・サバです。

 会社の人の説明によると・・なんでも輪島産のサバだけで6000ケースの入荷があったと
 言うのです。(1ケースは、約3kg)

 木枯らしの勤める会社は・・荷受という市場の根幹をなす業務。
 産地から送られた魚は、なんとしてでもセリにかけて売りさばかねばならないという
 絶対使命があります・・・。

 でも・・・金沢の市場なら・・・なんとかするでしょう・・・。

続きは・・コチラ
by simarisu10 | 2007-09-14 16:38 | 平社員、地産地消と取り組む