海老ナンプラー完成!
a0019545_2025193.jpg


うううっ・・・。海老ナンプラー完成ですっ(涙) 荒絞りの原料を3日静置してナンプラーが
分離するのを待ちます。

おっ・・なんか・・3層に分離した・・・・。もうよかろうということで、上の2層をすくいあげたのが
上の写真のナンプラーです・・。

上の1層目は、サラダオイルを思わすような色です。2層目はそこそこに濁ってました。

しかし、1層目だけでは、ごく微量なので、1層と2層の混合に・・。

このナンプラー(本物の魚醤)の1層目というのは、相当の高値で取引されるそうです。
このオイルのような1層目は本物のナンプラーにおいても臭いがほとんどないそうです。

下の層にいくほど、臭いが出てきて、安値で取引されるそうです。

木枯らしとしては、この1層目のナンプラーだけをとりたかったのですが・・。

さて、2層目までを取り終えたところで、残ったナンプラーを味見します・・(どうかな・・?)


う・ま・い~~~

えっ、うそうそ・・・。もう一口・・・・相当、塩味がきついものの・・・これは・・・・

成功だ~~~~~~

ナンプラーは一度採取した原液を水で薄め、塩で味をととのえるそうなので・・・。
原液としては、この塩辛さは通常なのでしょう・・・。(作るときに塩の分量は間違えてないし)

しかし・・・何気にうまいのです・・・。木枯らしは、あえて水で薄めることをしないで、このまま
使ってみましょう・・・。

色が肌色なのが、全く食欲をそそりませんが・・・。味は、普通のナンプラーよりコクがあり・・
旨みがつまっている感じです。

調味料としては・・・いいんじゃない・・ウフッ!

通常のナンプラーの味とは違うものの、確かにナンプラーです・・。

これ・・どうしようかな・・・。商品化しても・・・見た目がなぁ・・。でも、これ・・・人にあげたくない
くらい・・秀悦です。

荒絞り段階のエグみや生臭い臭いは上澄み液にはありません・・。少し、臭いますが
そんなに悪い臭いでありません・・。

うううっ・・これを作るのにかかった17日・・。最初の段階から、失敗の気配が濃厚だっただけに・・これは嬉しい収穫です・・・・。

1キロの海老から 200ml しか取れなかったのは・・・採算に合わないような気もしますが。

一日の疲れが吹っ飛びましたでふ・・・♪

このナンプラーの作り方を教えてくれた、某社の専務 K氏に感謝ですっ。
by simarisu10 | 2004-09-01 20:40 | 海老の倉庫
<< アルゼンチン赤海老 甘海老塩辛 >>