リクエストに応えて・・木枯らし 山を往く(中編)
a0019545_15353142.jpg


 前回のあらすじ・・

 失恋してしまい、腑抜けになった若き日の平社員。
 山に登ろうとするのです。

 
 バスから降りたのは・・・私、一人だった・・。

 そりゃそうだ・・こんな山の中・・。
 
 スタートは、3時を過ぎていたと思う。
 雨上がりで・・うす曇(くもり)。

 雨は、やんでいたが登山道は、薄い霧に包まれ、草木は、雨露をまとっていた。
  
 うっそうたる草が生い茂り・・天気も良くないこともあって、嫌な感じだった。
 登り始めるとほどなく、草木の雨露と霧と汗でずぶぬれになった。

 今回は、行動時間にかなりの制約があるとふんで、できる限りの軽装備。
 体力自慢の私は、凄い勢いで山をのぼっていった。

 ザックと山シャツの隙間から・・体の表皮から・・湯気がふきだす・・。
 霧にもかかわらず、汗の湯気。

 蒸気機関車のようだ・・と思ったことが記憶にある。
 
 藤田寮 日本脳炎事件 ( その1  その2   その3 )

 で筋肉の大半を失ったが・・当時の、身体能力は・・凄かった・・みたい・・。

 山岳ガイドのコース時間の半分以下でついてしまった私は・・あまりにもあっけない
 山小屋への到着に・・道を間違えたのではないかとおろおろした・・。
 
 でも・・本当についてしまったようだった・・。
 
 日没寸前のはずが・・・まだ、太陽は、西のほうで上機嫌にしていた。
 そう・・いつしか、くもり空は、晴れ間が拡大して・・上天気にかわっていた。

 時間をもてあました私は、とりあえず・・無人の山小屋に入ることにした。

 避難小屋と言われる無人の山小屋には、たいてい、雑記帳がある。
 
 早い話・・山の落書きノートだ。

 日没間近なのに登山者は、私しかいなかった・・。あと2時間もすれば、完全に陽は、沈む。
 ということは・・推定で・・おそらく、今夜は、この山は、私の貸しきり・・・
 
 と・・思うと・・失恋の傷心登山であるので・・この雑記帳に失恋の気持ちを書いてみたく
 なってしまった。
 
 時間があまってしまったのであるから・・・。

 と・・とうとう、雑記帳に・・彼女への想いなんかを書き始めた若き日の木枯らしである。

 次にこれを読む人がいれば・・私は、どこか遠くにいってしまっている・・。
 ご丁寧にも日付を書きいれ・・いろいろ、書いてしまった・・・。
 
 小屋の外で夕陽を眺めながら夕飯を作っているときだった・・。

 「こんにちわ~」と言って・・社会人の登山者が現れた・・・。

  うわっ・・予定外。しまった・・。

  雑記帳が・・・まずい・・読まれてしまう・・。

  ということは・・・私は・・恥ずかしくなってしまい・・・二度と小屋の中に戻れなかった。

  まずい・・まずい・・。

  うううっ・・・小屋に入れない・・ということは・・小屋の外で寝ることが決定した・・。
  冷や汗・・冷や汗・・。いまから・・どこかに移動?  いや・・それは、まずい・・。
  ただでさえ、幽霊の目撃例が多数ある山・・。 いやだ・・・というか・・だめだ・・。
  
  私は、覚悟を決めて、マットを敷いて、小屋の外に寝ることにした。
  失恋した高校生の単独山行なんて・・いい笑いものだ。

  いつまでたっても、小屋に入ろうとしない私に社会人の登山者が声をかけてきた。

  「あの~、小屋で寝ないんですか?」
 
  「ビバーク(不時露営)の練習ですから」と答える私に 納得がいかないような顔をした
   彼だった・・。

   さらに・・予想外は、重なった。

   あとから・・あとから・・夕暮れになったころからでも続々と登山者がおしかけて
   きたのだ・・。

   人がくるたび・・身が縮む思いだった・・。

   「こんなところで寝ているぞ~」と他の登山者の声を聞きながら・・・闇夜になっていく
   シェラフの中で ひたすら、寝たふりを続けた・・。

   恥ずかしいよ・・。どうしよう・・・。

   シェラフの顔のところの紐をきっちり締めて、まるっきりの全身を隠しながら、私は、
   ひたすらに明日が来ることを祈った。

   夕闇は、やがて漆黒の夜に変わるべく、急速に色を変えつつあった。

   夕闇にひときわ輝いた金星は、やがて・・仲間を引き連れ、ポツリポツリと星が現れてきた。

   秋も半ばの山頂付近であったが、不思議と寒さは、感じなかった。

   たそがれの風が穏やかに吹いた。
   
   雨上がりのたそがれ空は、明日の快晴を予告するかのように雲少なく・・それでいて
   湿気の多い大気が表現する独特の毒々しい色を呈していた・・・。

                       (そして、最終話、そして最終回に続きます)


  付録  今夜は脱線でも・・・若き日の木枯し平社員の話 その1

      今夜は脱線でも・・・若き日の木枯し平社員の話その2    
   
      今夜は脱線でも・・・若き日の木枯し平社員の話 その3
   
      今夜は脱線でも・・・若き日の木枯し平社員の話 最終話   
by simarisu10 | 2009-10-09 16:38 | 平社員休憩室
<< リクエストに応えて・・木枯らし... リクエストに応えて・・木枯らし... >>