ブンチョシリーズ
a0019545_17402757.jpg



 先日、得意先の社長と話していたときの事・・・

 「あの・・・爆裂シュリンプ・・・もう一度、食べたい・・・。
 いやぁ・・・あれは、美味しかった」

 という話が、出たのです。

 正直、涙がこぼれるくらい嬉しかったのです・・・。

 あの製品の開発には・・・・本当にいろんな裏話があるのです。

 
a0019545_185648.jpg


a0019545_1852375.jpg


a0019545_1853658.jpg


a0019545_1855025.jpg



 作った当時は、ジュン部長とネル次長しかおられなかったので・・
 パッケージには、白文鳥と桜文鳥しか描かれておりませんですっ・・・はい。
 ピナ課長が、登場するのは、このあとのブンチョシリーズの第5弾「潮野あかね」からになりますっ。 

 おそらく商品となった 海老のから揚げの中では、史上、最高の辛さを誇る製品でした(笑)

 ハバネロを使った激辛のお菓子がヒットしたことにヒントを得て作ったのですが・・・。

 あまりにもの辛さから・・・大手ビールメーカーのビヤホールでお客様からの激怒を買い・・
 3日目でメニューからはずされたという・・・いわくつきの製品です。

 企画した私は、何度も試作品をなじみの居酒屋に持ち込み、お客の全員にタダでくばってもらい
 反応をみて・・・これは、いけると思ったところでゴーサインをだしたのですが・・・。
 
 忘れていたのは・・・女性と子供と辛さに弱い人でした・・。

 酒飲みは・・・たいがい・・辛いものが好きなんです・・・。

 でも・・・それを基準においてしまったので・・・。

 ほどなく、廃盤になりました・・・。

 個人的には、凄くはまったのですが・・。

 生協などでも販売してもらったのですが・・・・。結果は、良くなかったです・・・。

 辛さという味に対する個人の味覚の差が、こんなにも違うものだなんて・・・・。
 身をもって知った製品でした・・。


 でも、私も・・・あの青唐辛子の粉末をふんだんに使った 「爆裂シュリンプ」 もう一度食べたいのです。

 タイ国で生産したのですが・・・・。日本の大手製粉会社の現地支社の方が・・・

 「これ以上、辛さをあげると・・・商品にならなくなってしまいます。限界です。これ以上、辛くするなんて
 無茶です。」と言っていたらしいので・・・そこで手を打ったのです・・。

 そんなに・・・辛かったかな・・・・(→激辛が大好きな平社員)

 
 ブンチョシリーズの第6弾「加賀野あかね」は・・テスト品までは、こぎつけたものの・・・
 採算と生産の目処がたたず・・・企画倒れになりました・・・。


 この不況の世の中では・・・経費がかかり、利益が出るか出ないかわからない新製品の開発は
 すべて断念なのです・・。



 白海老せんべいのプレゼントの抽選が遅れていますが・・・・もうしばらくお待ちください。

 今日もすでにかなりの酔っ払いで 抽選ができなかったりするのです・・。
by simarisu10 | 2009-07-17 18:01 | 平社員営業フロア
<< しろえびせんべい抽選ですっ 名古屋といえば・・・ >>