赤海老エイト 5周年記念 特別企画  4
a0019545_1817355.jpg



 前回までのあらすじ・・・・

 大学を出て東京の印刷会社に入社した木枯らし平社員・・。
 
 妙な展開から・・・Fレコードの大型新人 今井○樹のセカンドアルバムのジャケット印刷の仕事を
 もらいます。


 第3夜

 
 レコードジャケットの印刷・・・・。たとえば、誰もが知っている超有名アーティストなら・・・
 印刷会社の営業マンが3人ついて半年がかり・・・です。

 でも まったく売れそうにもないけど・・・マニアだけは、買うであろうレコードのジャケット印刷なら・・
 ほとんど校正もなしで・・・右から左へと流され・・・終了してしまいます。

 起用されるデザイナーも・・・有名デザイナーか・・駆け出しのデザイナーかの違いがあります。

 毎日、多くのジャケットを見ていると・・・だんだん、デザインの良し悪しも分かるようになるものです。

 私は、もともと印刷の営業マンとしての適正があったらしく・・・同期の中では、適正テストが2位でした。
 1位が印刷会社の社長の子息であったことを考えると・・・素人としては、もともと適正を持っていたようです。

 特に色覚と色の濃淡を見分ける才能に優れていました。

 この能力は、あとあと赤海老屋で赤海老の色の違いを見分ける能力となります。
 スーパーの店先に並んでいる赤海老を見ただけで・・・どの船の品物かを言い当てる事ができました。

 自分でも知らなかった、この能力は、印刷物の色組成を見分けることに驚異的な力を発揮しました。
 つまり・・・ルーペを使って、印刷物の色の色成分を5%程度の誤差で言い当てることができました。

 余談ですが・・印刷物の色は、マゼンタ(赤のような色)シアン(青のような色)イェロー(黄色)ブラック(黒色)
 の4色で成り立ちます。この色の混合で・・・ありとあらゆる色が出せます・・。
 この4色の色で配合で・・いろんな色が作り出せます。逆に言うと・・色成分を言い当てる事が
 できれば・・・同じ色を再現させることが可能なのです。
 ただ・・・どうしても出せない色・・・例えば、金色とか金赤(紅白のノボリの紅の色)なんかは、
 専用のインクを使うのですが・・・。

 
 さて・・・話を本題に戻して・・・
 
 大型新人のセカンドアルバムの原稿を取りにいった若き日の木枯らし平社員・・・でしたが・・。

 それは・・・稀にみる・・印刷屋泣かせの原稿だったのです・・。

 色が非常に薄い色でランダムに一面混ざり合い、赤色めいた朝もやのようなジャケットだったのです。

 さすがに色成分を5%の誤差で読み出す、私の能力もまるで役にたちません・・・。

 何回か試し刷りをしてFレコードのデザイナー兼 制作部長に提出するも、まったく合格点がでません・・。
 それは、ほとんどイジメともとれるような対応でした・・。

 しかし、実際・・・それは、確かに相手のイメージと違う色合いなのでした・・。

 とうとう泣きそうになりながら・・・・版を作っている現場に行って討議を重ねます。
 
 「ここから・・・ここまでマゼンタ5%ダウンでどうでしょう?これならいけると思うのですが・・」

 「しかし・・・お前、厄介な仕事をとってきたな・・・・。本来なら、俺たち、ここまで厄介な仕事につきあわんぞ。
 どうせ、新人歌手の売れないLPだろうよ・・。ここまで手をかける必要性があるのか?
 しかし、俺たちには、不文律がある。
 新人が最初に取ってきた仕事には、文句を言わず、手間であろうが徹夜であろうが、必ずクライアントの
 意向に沿った仕上がりにしてやる。
 
 しかし、次回からは・・・こうは、いかんぞ。そのかわり、現場を見ろ。お前たち営業が取ってきた仕事で
 俺たちがどれだけもがき苦しんでいるか、その目に焼き付けろ。

 それで、この仕事が、儲かる仕事かどうか、ちゃんと判断できるようになれ。
 こいつも俺も・・2日前からほとんど寝てない。
 しかし、安心しろ。お前の仕事、ちゃんと仕上げてやる」

 そう・・その部署の部長は、言いました。

 30分間、ルーペで試し刷りに書かれたクライアントの校正を見ていた、私より5年くらい年上の職人。

 突然、「わかった!」と素っ頓狂な声をあげました・

 「マゼンタじゃない。シアンだ・・・シアン。シアンを3%上げると相手の要望どうりになる。
 あと、イェローを微調整することで解決できる。
 
 木枯らし、わかったまかしておけ。次で絶対、大丈夫だ!」というと若い職人は、作業にかかるべく
 すっとんでいきました・・。

 今、思えば・・・・若き日の木枯らしが、最初に入った会社は・・・・いい会社でした・・・。

 
 
by simarisu10 | 2009-05-20 19:19 | 平社員休憩室
<< 赤海老エイト 5周年記念 特別... 赤海老エイト 5周年記念 特別... >>