平社員、お料理を考えるの巻 その2
a0019545_1820428.jpg


お料理の本に はまりまくる平社員なのです・・。

視覚と料理の関係で面白い箇所が・・・・

甘党の店で紺がすりと赤い帯という店員さんのいでたちが、よくあります。
この赤色は、お汁粉などの美味しさと甘味を大きく増進する効果があるのだそうです。

さらに紺がすりの紺色は、赤をより引き立てさせる効果があります。

また、紺色は、本来なら食欲を後退させる色なのですが・・・赤色とともにある時は、食欲を
増進する方に働く色なのだそうです・・・。


凄い・・・知らなかった・・・・。

↓ 私が試作を重ねている カジキハンバーグ

a0019545_1826523.jpg


a0019545_18261770.jpg


上と下の画像・・・どちらが美味しそうに見えますか?

どちらかと言えば・・・下の画像では、ありませんか?

これは、焦げている色が苦いという事を経験したことにより、視覚的にすでに
上のハンバーグは、苦いという情報が脳に伝達された事によります。

すなわち・・視覚と過去の経験より、すでに脳に刷り込まれた情報も味覚に関係します。

このため、この情報が刷り込まれていない子供では、焦げたハンバーグを見ても
美味しそうでないという判断が出来ない事があります。

また、本来、生物として、あまり好ましくない食感や臭い、視覚情報により・・・まずいのでは?と判断された
食べ物があるとします。

しかし、それを食べる事で美味しい、身体の欲する必要成分を含んでいると分かった場合・・・後天的な
経験の情報により・・・美味しそうに見えるのだそうです・・・。

木枯らしの経験では・・・納豆がそうでしょうか・・。

大阪人の私は、納豆の腐ったような臭いと腐敗のネバの食感で・・納豆は・・食べれませんでした・・。
でも・・・今や大好物です。納豆の臭いは・・・・好きです(笑)

こんな面白い情報が・・・ぎっしり・・・。

本を読んで・・・翌日、仕事がヒマな時に思い出し・・・反復することにより・・・知識の定着化を
はかっています・・。

久しぶりに大学で講義を聞いているような錯覚に陥っている平社員なのです・・。
by simarisu10 | 2009-05-08 18:37 | 平社員営業フロア
<< 平社員・・・竹の子料理に出会うの巻 平社員、お料理を考えるの巻 >>