金沢港の甘えび 荷揚げ風景
a0019545_17521829.jpg



 部長・・・私もお風呂あがりです。

 まだ、pm6:00ですが・・。

 ちょっと疲れが出てきたらしく・・・・身体がダウン・・。

 こうなったら・・・とことん・・寝てやるのです・・。

 不況になると出番が回ってくる平社員・・。

 仕事の依頼が・・・多すぎます・・(疲)

 さて・・・昨夜は、テレビ金沢の番組「びービーみつばち」に取材に同行していたのです。

 金沢港での 甘えび水揚げ風景です。

 続々と船が入港してきます。

 
a0019545_1864712.jpg


 

 
a0019545_1874163.jpg


 
a0019545_1875726.jpg


 
a0019545_1881196.jpg

 
 
a0019545_1882730.jpg


 冷凍甘えびの商売をしている私にとっては、生鮮の甘えびの船の姿は、普段、縁なきもの。

 海外では、甘えびを漁獲するのに砕氷機能を持ったスーパートローラーと呼ばれる、超大型の甘えび漁船
 を使います。

 船に乗り組んだ日本人によれば・・・海の状態がよければ、朝飯の後、甲板をぐるりと回って
 散歩に出かけるのだそうです・・。
 
 でも・・・小型船で末永く獲った方が・・・資源保護にもいいだろうし、多くの燃料を燃やさなくて二酸化炭素の
 排出も抑えられるだろうな・・・・と思うのです・・・。

 甘えび業界では、毎年のようにカナダやグリーンランドで漁獲される甘海老の小型化が話題になります。

 甘えびは、最初は、オス、ある程度大きくなるとメスに雌雄転換する雄性先熟の生き物です。

 でも大きくなると最大の天敵の人間に捕食されてしまうので、雌雄の転換時期を早めて、本来、オスの
 サイズである大きさでメスに転換して繁殖をはかり、種の保存をおこなっているようなのです・・。

 なんでも、やりすぎは、良くないようです・・。
 

   ウロコ水産 料理レシピ 
by simarisu10 | 2009-04-14 18:20 | 平社員営業フロア
<< 平社員、減酒宣言をするの巻 江戸前の寿司の巻 >>