平社員、アブラカレイと出会うの巻
a0019545_18165736.jpg



 はい、部長・・・・私も知らなかったのですが・・・・・

 アブラカレイという魚がいるのです。

 なんでも安くて・・・今、売れ筋のカレイなんだそうです。

 人間社会で それを知って、取り寄せてみたのです。
 
 そうすると人間社会の会社の人間いわく・・・

 「木枯らしさん、それ、焼いたら溶けちゃうよ~」

 「えっ?!」

 「だから、焼いたら溶けて、なくなっちゃうの。たまにカラスカレイの冷凍にまざっているんですよ。
 でっかいのが・・・。

 売っても誰も買わなくて・・・。無理やり売ったら・・・㌔20円とか30円くらいにしかならないし・・・。
 売るのが、面倒だったら、ゴミ箱に放ります。 でも、まずくは、ないですよ・・・・」

 
a0019545_18224892.jpg


 この・・・立派なカレイが・・・・溶けるのか?

 一度、試してみましょう・・・。

 
a0019545_18253839.jpg


 人間社会で手に入れたバジルソテーソースの業務用を絡めてみます。
 
 で・・・フライパンでソテーしたら・・・・。 あれ・・・とんでもないことに・・。


 
a0019545_18315387.jpg


 アブラカレイが溶け出して・・・・ソテーしたつもりが・・・揚げ物になっています(笑)

 これは・・・壮観だっ。 アブラカレイの脂で身が揚げられているなんて・・・。

 これ、考えようによっては、油がなくてもできる 揚げ物の白身魚・・・。

 おおっ・・・身が小さくなっている・・。


 
a0019545_18433498.jpg


 できた料理が・・・これ・・。

 たしかに・・食べれます。まずいことは、ないです。 いや、むしろ美味しいかも・・・。

 熱で脂が融け出しているので・・・脂が融け出た身は、思ったほど脂っこくないのです。

 でも・・・500gは、あっただろう白身魚の身が・・・しっかり、一人前になっていました(笑)

 なるほど・・・。

 これ・・・漁獲量が少なくて値段が高かったら・・・むしろ高級食材になったかもしれないと思う私でした・・。


 ウロコ水産 料理レシピ
 
by simarisu10 | 2009-04-03 18:46 | 平社員営業フロア
<< 春や春 平社員、甘えびを料理するの巻 >>