10月10日は、マギロの日っ!
a0019545_1956761.jpg



 はい、またまたマギロなのですっ・・・。

 うっ・・・マグロだった・・・(汗)

 ピナ課長の言い方が、うつってしまったのです。


 またまた、人間社会で検品用のマグロの尾っぽを貰ってしまいました。

 
a0019545_1959946.jpg


 
  そそ・・・10月10日は、マグロの日なのですっ!

  由来は・・・聖武天皇の伴で明石に赴いた山部赤人さんが、まぐろ漁の歌を詠んだ事にちなむのだそうです・・・。

  ううっ・・・。10月24日、文鳥の日よりも説得力がない・・・。


  さてて・・・このところマグロづくしな平社員・・。

  今回は、マグロバーグを作っちゃいましょう・・。

  普通なら、コストが高くてこんな料理は、作らないに違いありません。

 
a0019545_2044185.jpg


 作り方は、普通のハンバーグと一緒。

 叩いて、ミンチ状にした、マグロの尾にみじん切りのタマネギ、パン粉、卵黄、塩コショウ、
 ナッツメグ、その他、香辛料を入れて、こねるのです。

 あとは・・空気を抜いて、整形して、真ん中に窪みを作って、焼くだけ・・・。

 出来たのは・・コレ↓

 
a0019545_2071356.jpg



 食べてみたのですが・・・・あれ、肉ソックリ・・・。ちょっとマグロくさいけど・・全然、気にならない
 程度。
 それに脂分がグッと控えめ・・・。物足りないくらい・・。ちょっとパサパサしていますが・・
 某有名バーガーチェーンの牛100%のハンバーグーッ~(?)よりもマシです。

 いいですねっ~♪ まずまず、いけるのです。何も言わずに誰かに食べさせても
 魚のハンバーグである事に気づかれないかもしれません。

 製作コストが高いのでおすすめは、しませんが・・・。

 さて・・・この歳になって初めて、アケビを食べたのです。

 
a0019545_20141935.jpg


 JAの直売所で売っていたのです・・。初めて食べる果肉に目を白黒・・・。

 こ・・・こんな味だったんだ・・・。ねっとり甘くて・・種がいっぱいで・・・食べにくい・・・。
 そんな印象・・。まずくは、ないのです。上質な甘味なのですが・・・。

 今回は、このアケビの皮の方の部分を使って・・・マグロバーグで肉詰めを作りました。

 
a0019545_2016544.jpg


 これが・・・意外や意外・・・結構、いけたのです。

 アケビの皮って・・・使えます。木枯らし平社員にとっては、果肉よりも皮の方が大切?!

 少し苦味のある肉厚な皮は・・・魚肉ハンバーグの味を和らげてくれて・・。

 食べやすく・・・というか・・美味しくしてくれました。 

 機会があれば、アケビの皮で肉詰めなど作ってくださいね。多い目の油で揚げ焼きするのが
 コツみたいですっ。
 

 

 
by simarisu10 | 2008-10-10 20:20 | 平社員営業フロア
<< 潮野あかねとマグロカレーと・・・・ 平社員、イセエビでエビチリしち... >>