明日は、丑の日・・
a0019545_19141162.jpg



 近くのスーパーに行ってみて、仰天ビックリ。

 まず、入り口にウナギの販売所、中に入ると水産コーナーは、普段のお魚がどけられて
 スペースの2/3をウナギの蒲焼に占拠されています。
 
 さらに 予約ウナギの受け渡しコーナーまで・・・・。

 価格は、一匹1380~1480円・・・。国産ものばかり・・・中国産の姿は、見当たりません・・。


 はぁ・・・・高すぎ・・。中国産が全盛期の時は、一匹280円のウナギの蒲焼まで登場したことが
 あったのですが・・。

 偽装ウナギ事件の影響で中国産が姿を消すという異常事態・・・。

 嘆かわしいことです・・。

 ウナギの事で木枯らし平社員も少し語ったことがあるのですが・

 中国産ウナギで健康を損なうことは、ありません。

 むしろ・・・・・・・・・・・・             この先は、省略。

 つまらないことを書いて 赤海老エイトが炎上するのは、本意では、ありませんので・・。

 中国産ウナギの蒲焼があれば、そちらを買うことをおすすめします。

 買ってきたウナギは、関西風ならオーブントースターで・・・関東風なら電子レンジで
 ラップをかけて暖めましょう。暖めすぎに注意!

 個人的には、オーブントースターで表面をカリッとさせる方がいいかと・・・。

 でも・・・よ~く考えると・・・別に・・栄養が行き届いている現代人・・・
 別にウナギを食べて精をつけて、夏を乗り切ろう~なんてしなくてもいいのですよね・・。

 と・・・いいながら・・人間社会では、ウナギの担当者に言って、とってもお買い得在庫を
 引っ張ってきて、社内販売をするようにと要求した木枯らしです。

 でも・・・もっといい物もあるんです。

 
a0019545_19403856.jpg


 ↑ これ・・サンマの蒲焼丼です。 中国のウナギ工場でウナギの蒲焼を作る方法で
 作ったサンマの蒲焼。

 はっきり言って美味しいです。身が固いです・・・ウナギの蒲焼よりかは・・味は、落ちます。

 でも・・・・すご~く安いのです。ウナギの蒲焼の1/5程度の価格。1匹単価なら1/10の価格。

 暖めた後でウナギのタレを振り掛けると よりウナギに近いものになります。

 でも・・・中国産という理由で・・買い手がつきません・・。

 美味しいのになぁ・・・問題ないのになぁ・・と貰った試食用サンプルをガツガツと食べる木枯らしでした・・。

 
by simarisu10 | 2008-07-23 19:51 | 平社員営業フロア
<< 今日は、丑の日 かますの刺身・・・ >>