エコと食べ物についての 第3夜
a0019545_19284137.jpg


はい、部長・・なるべく手短に話しますのですっ!

さて・・・このところ立て続けに起こっているというより・・・前から起こっている
中国ウナギに関する産地偽装・・・。

業界人の私から見て・・・・かなり理解できる部分もあるのです。

あれをやったことは・・・確かに悪質な行為なのです。ただ・・・最初から偽装しようとして
中国からウナギを引いてきたのではないのです。

今年は、場面的に見て・・・中国ウナギは、買いの場面でした。
昨年に起きた、中国ウナギのマラカイトグリーン残留事件に珍しく中国側が
真摯に対応を行い安全性を高め、信頼の確保につとめていました。

こうした中国側の一連の動きは、2年ほど前から兆候があったのです。

中国が世界標準に近づこうと努力をしているのです。個人的には、拍手ものなのです。

まさに・・・今年こそは、大丈夫じゃないかと思われたのです。

中国ウナギは、毎年、丑の日を狙ったようにバッシングが行われています。
ごく一部の製品から抗生物質が検出された等で新聞をにぎわせています・・。
毎年のように・・・。

間違いなく・・日本側のなんらかの思惑がからんでいます。

中国は、日本よりもとんでもなく広く、人口も多いのです。そのなかで管理体制の
不行き届きな企業に目をつけ・・・そこの製品に違法性を見つけ、丑の日の前にタイミングよく
暴露しているというようにしか見えません。

でも・・・一言、弁護させてもらうと・・・中国の方が今やウナギ製品の管理体制に関しては、
日本よりも格段に良いのです・・・。

中国のウナギの蒲焼と日本のウナギの蒲焼なら・・中国の方が高品質かもしれません。
管理体制も良いものを持っています。

今年こそは・・・新聞に叩かれずに ウナギ商戦を乗り切れたかもしれません。

でも・・・降って湧いたような・・中国餃子事件・・・。

今年こそはと思っていた輸入ウナギ業者には・・・まさに不遇な事件でした。

中国は、広いのです。日本とは、別世界なくらい広く・・・そして日本の現在の食生活は
中国に依存するところが多いのです。

中国側に不備があったからといって・・・中国のものが全て駄目という考えは・・かなり疑問
です。
中国の一つの省が日本くらいの大きさがあるにも関わらずです・・。

今回の事件も中国側のウナギに抗生物質が残留していたとか悪い点があったわけでは
ありません。ただ・・・中国産であるということだけで悪者にされ売れなくなっていた品物です。
日本産の製品より安全性がたかいかもしれなかったにも関わらず・・。

良い製品を仕入れたにも関わらず・・。報道に踊らされた消費者の反応だけで
たちゆかなくなってしまったのです・・・。

本当の内情を知っている当事者にとっては、悔しい出来事だったかもしれません。

もう一夜、続きます。
by simarisu10 | 2008-06-30 20:16 | 平社員休憩室
<< エコと食べ物についてのお話 第4夜 エコと食べ物についての お話 その2 >>