本マグロを食べよう!の巻
a0019545_19155934.jpg



 仲の良い・・・部長と次長・・・。

 やっぱり・・ほほえましい風景なのでしょうか・・・。男性同士でも・・・。


 市場の太物売り場(カジキやマグロを売る売り場)を見ていると・・・
 いつもカジキだらけの売り場が・・マグロだらけになっています。

 今、能登半島で生のマグロが揚がっているのです。


 こ・・これは、さぞかし・・スーパーで安売りされているだろうと・・・覗いてみると・・・
 少ししか並んでいません・・・。

 おや?

 人間社会の人間に聞いて・・訳がわかります。

 ほとんど・・都市部にとんでいくのです・・・・。なんと・・・もったいないのです!

 金沢市民は・・・マグロよりカジキを好みます。しかも上質のカジキが安値で手に入る
 暮らしに慣れているので・・マグロは・・・不人気なのです。

 
a0019545_19363299.jpg


 でも・・・木枯らしは、生マグロ・・・しかも本マグロの日本海産がとても高値をつけるほど
 美味しいと知っているので・・・買うのです・・・。

 画像は、赤身です・・。結論から言ってしまうと・・・とんでもない美味しさです・・・。

 たしかに安くて美味しい魚を食べなれている金沢市民からは、支持されない代物ですが・・
 このマグロ・・・都市部の寿司屋さんで食べたら・・・・かなり、すごい値段を取られること
 請け合いです。

 
a0019545_19411876.jpg


 今度は、中トロ・・・。これも凄い・・美味しさ・・・。ほとんど芸術品の域です・・。

 もし・・・これが銀座界隈の寿司屋さんで、出てきたら・・・どんな値段をつけるやら・・。

 冷凍マグロなんて・・・まるで比較になりません・・。

 血のすっぱさ・・・プリンのようなやわらかさ・・・まるで雑味のない透き通るような
 おいしさ・・・。

 これが、刺身と相性が抜群の金沢醤油と出会ったとき・・・ため息のでる美味しさが・・。

 木枯らしは、声を大にしていいたいのです。

 「金沢のみなさん、そりゃ、結構、高いですよ。でも、都市部でこんな値段でこのクラスの
 マグロが食べられるなんて・・・ありえないです。手に入れることすら難しいです。
 都市部に送るなんて、もったいない・・・。このマグロ、金沢市民でたべちゃいましょうよ!」

 って・・・・。

 明日も明後日もマグロを買おう・・・・。

 生のマグロは、いつまでも揚がり続けている筈がないのですから・・・。

 世界的にマグロが極端に漁獲制限されようとしている今、生の本マグロをたやすく
 食べられる環境に住んでいることは・・・とても恵まれていると言えるでしょう・・。
by simarisu10 | 2008-06-09 19:49 | 平社員営業フロア
<< 探索指令発動!「飛騨高山を探索... 探索指令発動 「金沢百万石まつ... >>