平社員、マグロづくしの巻
a0019545_2001149.jpg



 今日は、一日、ひきこもりの日曜日。管理職さま達とま~ったり過ごします。
 
 ネル次長ともなると・・・口を大きくあけて・・・寝てます・・・・。
 あの・・次長・・。
 
 それって・・・オヤジブンチョです。


 金沢の市場は、朝の2時から。 全国にある市場の中でも始業が早い市場なのです。

 朝の5時にもなると さて・・・現場を片付けようかな・・・と思うのです。

 そんな、土曜日の朝の5時半。隣の売り場に慌しく、マグロが運び込まれてきました。
 
 わっ、近海で獲れたばかりのマグロです。

 たまたま、傍にいた太物の担当者が解説してくれます。
 (※市場では、マグロやカジキのような大型の魚を扱う部署は、太物課といいます。)

 「ほら、まだ、死後硬直しているでしょ。とれたばかりですよ。
 氷水にどっぷりつかっているでしょ。多分、氷水につかってもマグロは、暖かいかもしれません。
 マグロの運動量は、凄くて・・・。手早く、氷で冷やさないと、空気中では、効率よく、
 放熱できないので身が焼けてしまうことがあるんです。」

 もちろん、いくら、マグロの運動量が凄いといっても、こんがりと焼けてしまうわけでは
 ありませんが・・・色が変色してしまうくらいには、なるみたいです。

 と・・・思ったら・・・太物課の課長さまが・・・冷凍マグロの尾の肉を持ってきてくれました。

 マグロやカジキは、尾を切断して、身の断面を見せて品質を公開します。
 切断した尾をいらない人もいるので・・・その場合は、社員のお食事用となります。

 ということで・・・木枯らし平社員が・・頂くことに・・。




 
  

 



a0019545_20293211.jpg



 う~ん・・・一人分としては・・かなり大量にあります。ネギトロにするといいと聞いたので
 ネギトロにしてみましょう。
 
 マグロをたたいて、ネギを加え、さらにたたきます。それに醤油と味醂、カツオダシを
 少量・・。

 
a0019545_20352396.jpg


 う~ん・・調味料は、入れないほうが良かったかな・・。色が変わってしまいました。

 でも、市販のマグロと比べると・・というか、比べ物にならないくらい美味しいのです。
 鮮度の良いマグロには、酸味があります。ネギトロ・・・市販の安いものは、マグロの
 落とし身などに油脂分を混合したもの。決して、粗悪品では、ないのですが・・・。

 油脂分を加えているだけに・・・魚の味から離れた味になっています。

 本物のネギトロは・・・なかなか、いいのですっ。

 
a0019545_2040995.jpg


 さらに作ったのが・・マグロのユッケ。ある程度、食感が残る程度に細かく切ったマグロに
 焼肉のタレ、コチュジャン、ゴマ油、ニンニクを混ぜるだけ。
 あとは、ネギを乗せたり、ゴマを振ったり卵黄をのせてみたり、適当にするのですっ。

 こ・・・これが・・意外な美味しさです・・・。

 かなり・・いけます。お肉のユッケより、美味しいのです。

 スーパーで売っている、安いマグロでも材料としては、十分でしょう。
 
 マグロは、食感だけですので・・・。

 う~ん・・・今日の日曜日・・・結局、マグロの尾っぽの肉だけで・・・すませてしまった
 ような・・・。
by simarisu10 | 2008-05-25 20:50 | 平社員休憩室
<< 今夜は、タコヤキなのですっ! 野菜ラーメンなのですっ。 >>