甘えびのある日・・・
a0019545_19385677.jpg


 換羽期(とや)のネル次長・・・と言うか・・管理職全員なのですが・・。

 平社員の肩に止まってくつろいで頂くのは・・・いいのですが・・。

 フケと抜けた羽毛で部屋着が・・・汚くなってしまいます・・。
 でも・・それにほほえましさと幸せを覚える平社員なのです。

 
 さてて・・・新製品発売に向け、活動を続ける平社員。
 製品の裏にレシピを入れる予定だったのですが・・。

 大手の印刷会社の営業さんから・・・

 ご自分で作ってみられては?うちで作るとなると4~8万円くらいしますよ・・との事。

 仕方ない・・・・4~8万円節約のために、レシピと画像を用意するのですっ!


 まずは、買ってきたのは・・・甘えび。

 
a0019545_19492576.jpg


 いや・・・金沢は・・いいのですっ。生の上質な甘えびが、当たり前のようにスーパーで
 売っています。しかも・・・安い・・。

 観光客向けだと高いのですが・・スーパーなどに行くと、結構、安く買えます。
 でも蓄冷材とかは、ついてませんが・・・。

 まず、最初に作ったのが・・・

 
a0019545_19522182.jpg


 甘えびのユッケ。
 
 醤油:お酒:ごま油を 1:1:0.5 の割合で混ぜ、おろしショウガとおろしニンニクを加え、
 好みで豆板醤を微量入れます。

 これにむいた甘えびに垂らして、白ゴマを振って、ウズラや鶏卵の卵黄を入れて
 出来上がり。

 なかなか、いけるのですっ!

 次は、甘えびのから揚げ

 
a0019545_19564337.jpg


 甘えびにうっすら片栗粉を薄化粧。180℃の油で揚げて・・・パセリかレモンを添えて
 出来上がり。油は、極力、キッチンペーパー等でふき取ってお召し上がりください。

 今回は、子持ちの甘えびだったのですが・・・揚げると、この卵が・・・なかなか
 いけるのですっ。おすすめですっ!

 冷凍甘えび業界に棲んでいる木枯らし平社員。

 そういえば・・・今まで甘えびのから揚げと言えば・・冷凍の甘えびばかり・・・。生の甘えびを
 から揚げにすると・・・こんなに美味しいんだ・・と感動したのです。

 そういえば・・・金沢に来るまで・・・冷凍の甘えびでから揚げをするか、
 あらかじめから揚げになった製品を食べるかでした・・・。

 鮮度の良い、生の甘えびをから揚げにすると・・こんなに違うものなんだ・・・。驚きです。

 日々、カメラの腕を磨いているといえども・・・まだまだ・・ですね・・。
 なるべく、画像の部分を小さくしてもらって、レシピとしましょう・・。

 そそ・・・忘れてはいけないのが・・・生の甘えびの刺身。

 
a0019545_2093770.jpg


 何度食べても・・・本当に美味しいのです。さすが、北陸ならでは・・・。
 太平洋側では、輸送と時間の関係で味わえない・・・ちょうど、ほどよく熟成された状態。

 殻をむいて、薄皮を指でなでると・・・口紅よろしくベットリと赤色が指につくのが生の甘えび。
 ごく微量にうっすらとしかつかないのが冷凍の甘えび。

 そして・・・身が白くなく、透明なのが・・さっきまで生きていた甘えび。

 一番美味しいのは、生の甘えび、次に冷凍の甘えび、一番、美味しくないのが・・・
 活きている甘えび・・・・。
 
 そうですね・・・この話は、また別の機会にでも・・。

 

 
by simarisu10 | 2008-05-19 20:14 | 平社員営業フロア
<< 秘密指令発動!「管理職を隠せ!」の巻 平社員、甘えびラーメンを企画す... >>