平社員、甘えびラーメンを企画するの巻 (スープ編)その4
a0019545_21464676.jpg



 台所で時間が過ぎていきます・・・。

 試作品やサンプルで溢れかえった台所・・・オカラで作ったドライカレーなんかも
 あります。

 管理職の皆様もさすがに音を上げて・・・平社員の肩に乗りたいばかりに
 普段は、入ってこない台所でホバリングをされています。
 しかし、台所は、立ち入り禁止なのでご退場願うと・・

 台所のカーテンを開けると・・・お三方がカーペットにうずくまり固まっておられるのです。
 ううっ・・・平社員が実験ばかりしていて・・おかまいできなくてすみません・・。(涙)
 
 時々・・お三方を踏みそうになっちゃうのです。
 とくにピナ課長は・・・・迷彩になりやすい模様。

 上の画像のとうり・・・疲れている目だと・・居ないようにも見えちゃうのです。

 
 さてて・・・前回、甘えびラーメンの基本となるべきダシを研究していたのですっ。

 
a0019545_21525415.jpg


 干した甘えびの頭を炒め・・・・

 
a0019545_21533215.jpg


 フードプロセッサーで粉砕してダシを取ると・・・・こんな感じに濁った赤色のスープが
 出ます。
 確かに香りがたつのですが・・・味は、かなり薄いです。

 でも・・市販のラーメンスープと混ぜると・・なんとも海老らしい味が出るのです。

 
a0019545_21585676.jpg


 ↑ 今度は、干した甘えびの胴体部分だけでダシを取りました。

 黄金色に輝いています・・。味は、濃厚で上品・・。海老というより・・・魚系のダシ・・・。

 いいのですっ!目論みは、当たりました。

 あとで思ったのですが・・・そういえば、ニボシでダシを取るときは、頭とハラワタを指で
 つまんで捨てます・・・。あれと同じ理屈だったのですね・・・。

 この後、醤油、塩、コンソメ、市販のラーメンスープ・・のそれぞれと合わせてみて
 20とうりくらいの組み合わせで味を調べてみました・・・。

 ↑これ・・・かなり、きつかったのです・・・。舌と頭と腹が、めまいを起こすような感覚に
 見舞われるのです。

 結論から言うと・・・このダシ・・・それ単体でかなり美味しいのです。
 安い金沢醤油と組み合わせ、ほんの少しの塩をいれるだけで・・かなりいいスープが
 できます・・。

 うん・・・大筋は・・これで行こう・・・。

 完成の暁には・・皆様にもレシピを公開しちゃうのですっ!

 現在、ご当地ラーメンにするべく、人間社会でゴソゴソと動き回っている事は、ナイショなのですっ!
 
by simarisu10 | 2008-05-18 22:07 | 甘えびラーメンを作れ
<< 甘えびのある日・・・ 平社員、甘えびラーメンを企画す... >>