平社員・・・バナメイ海老を語る・・の巻 その2
a0019545_18162775.jpg



 今日は、海老でクッキングなのですっ!

 もちろん、材料は、バナメイ海老。スーパーで安く手に入る、小型の海老なのです。
 
 前回・・ブラックタイガーより美味しい海老と申しましたが・・・・
 
 詳しく言うと・・違うのです。バナメイ海老より美味しいブラックタイガーもいれば・・
 どうにもお粗末なバナメイ海老もいます・・。

 見た目が同じ海老でも・・その養殖方法や凍結方法、産地により、味は変わります。

 ただ・・・お粗末なバナメイ海老は・・・良く見ると鮮度がいまひとつ・・。
 逆に手のかかった海老は、鮮度を重視して製品作りをしているので
 かなり鮮度のよさそうなバナメイ海老は・・・買いですっ。

 実際、もともと安い海老なので・・・少しくらいのお金は、ケチらない方がいいのです。
 味は・・全然・・違います。海水養殖表示があれば・・アテにはなりませんが・・・
 一応、品質は良い物という目安には、なります。

 このバナメイ海老より美味しい海老は、た~っくさんいます。

 でも・・・でも・・ココがクッキングの妙。ある程度の素材であれば、料理方法で
 グレードアップできるのです。

 海老に下味をつける・・・とレシピに良く書いてありますが・・・
 鮮度の良いものなら・・どうぞ忘れてください。
 
 海老をぬるい調味料に入れて放置して鮮度を落とすくらいなら・・素材の味で勝負!

 そもそも・・海老に下味をつけるというのは・・・・鮮度の悪い海老しか出回ってなかった
 一昔前の時代の話。今は・・・産地の設備が強化されていて・・一昔前と比べると
 良い鮮度の海老がスーパーで買えるのです。

 ムキエビや・・・あまりにも値段の安いエビパックは・・避けた方がいいでしょう。
 殻つきの解凍したものを買いましょう。

 スーパーで売っているムキエビの中には・・私の目から見て・・・

 こんなのを売って・・・いいのか・・?などというものもあります。
 心当たりのある方もいらっしゃるかもしれません。

 その点、業務用のムキエビは・・・かなり、いいものもあります。

 さてて・・・前置きが長くなりました。前回、むいたバナメイ海老を エビマヨ にします!

 レシピは、私の愛読する「あやっちのビストロ」というブログのレシピ本を参考にします。
 このレシピ、ブログには、書かれていないようなのですが・・・かなりいいのです。

 詳細は・・著作権の問題もあるので書けませんが・・・マヨネーズに豆板醤と砂糖と
 湯むきトマトを入れるのが、ミソみたい・・・。

 
a0019545_1838978.jpg


 バナメイ海老は・・・ボイルしても発色しない・・・。そう前回、書きました。

 しかし・・・今は、改良されて・・・良いバナメイ海老は、ここまで発色するようになりました。

 海老は、あらかじめ、揚げておくのがポイント。

 できたのが・・・・コレ!↓

 
a0019545_1841418.jpg


  「スパイシーなエビマヨネーズ」 です。

 美味しいのなんのって・・・。海老の世界に住む木枯らしも・・ベタ誉めなのです。

 海老を食べているとは、思えないくらいフルーティでジューシーで優しい味なのです。
 脱帽です・・・。

 以前、中国に行った際・・こんな事を聞きました。

 エビチリは、四川料理、エビマヨは、上海料理。本当に腕のいい上海料理人が作った
 エビマヨは、とんでもなく美味しい・・。高級料理だと・・。

 これを食べたとき、その言葉が浮かび上がってきました・・・。

 あああっ・・・・バナメイ海老が・・・こんなに美味しかっただなんて・・・。

 やはり、クッキングは、凄いのですっ!

 
 
by simarisu10 | 2008-04-30 18:48 | 平社員営業フロア
<< 平社員・・・CO-KAMADO... 平社員・・・バナメイ海老を語る... >>