平社員・・色気づく・・の巻 その2
a0019545_1951223.jpg



 サクラの季節・・・も過ぎようとしていますのです。

 短いのです。

 
 平社員・・色気づく・・の巻き その2
 
 前回までのあらすじ

 お見合いパーティに出たら~とスナックのママに言われ・・・ついつい、その気に
 なってしまった平社員。しかし、スナックのママにあらかじめ、サクラの存在を
 知らされていたのです。

 
 何事にも初めは・・・ある。 のですっ。

 ジタバタしても始まらないので、おとなしくお見合いパーティに出席するのです。

 タバコを吸っていると黒い木綿のコートを着た女性がホテルに入ってきます。
 参加者かな・・?
 
 後をついていくと・・・会場の方には、向かわずに、反対方向の待ち合わせのイスのところに
 行きます・・・。な~んだ・・違うのか・・・・。

 受付を覗くと・・・・開始15分前なのに・・まだ、誰もいません・・・。

 もう一服、タバコをつけにホテルの外にでます・・・・。はぁ・・・この待ち時間って・・
 異様に長く感じるのです。

 開始10分を切ったので・・・再度、会場をのぞくと・・・・やっと受付が始まったようです。

 列に並びます・・・。様子をみていると・・・身分証明書と会費を払い、胸につける
 番号札を貰って会場の中に入るみたいです。
 前にいる女性の様子をみると・・・わっ・・1000円の割引券を出しています。
 女性の会費は、1500円だから・・実質、500円ということか・・・。

 会場に入ると・・・私は、男性の1番のり・・。
 女性に背を向けて座ることになるので・・どんな女性たちがいるのか・・まだ、わかりません。
 始まるまでプロフィールカードに名前や趣味や好みのタイプなどを記入していきます・・・。

 会の説明をビデオで放映しているのですが・・・木枯らしの席からは、ビデオが見えないので
 音声に耳を澄まします。

 どういった進行になるのかを大体、把握できました。というところで・・・背を向けている
 女性陣の列の中ほどから・・・「私、一回も指名されたことがないのよね~」という声が
 聞こえてきます・・・。

 指名・・・・・?なんのことだろう?でも、その声の内容から、その女性が、初めてではなく、
 常連さんだということが分かります。

 若い女性の受付兼司会者がマイクをとったところで・・・いよいよ、お見合いパーティの
 開始です。

 最初に着席してスミの方に押しやられていたので良く分かりませんでしたが
 男性陣をみると・・・私ともう一人を除いて・・・みんな、バッチリなスーツで身を固めて
 います・・・。やれやれ・・・堅苦しい事で・・。ちなみに木枯らしのいでたちは・・・
 Tシャツにチノパンツ、それにウグイス色の綿のジャケット。

 ひとり・・・浮いています。

 でも・・・私は、男性陣の中でも若い部類に入るみたい・・・・。

 男性8人、女性8人・・・。女性の1人が欠席なようなので・・・本当は。男性8人、女性9人?

 そして・・・・一人あたり4分の持ち時間で順番に一人一人と喋る事になりました・・。






 「始めてください」の女性司会者の声で・・・・パーティは、スタートです。

 せめて・・・ビールかソフトドリンクくらいは・・と思ったのですが・・・でないみたいです・・・。

 
 最初に喋ることになった女性。
 えっと・・どうやったら・・・いいのかな・・・・。相手の女性もとまどっているようです。
 横の組を見ると・・・最初に書いたプロフィールカードを交換しています。

 な・・・なるほど・・・・。そ・・・そうして、それを見ながら喋るのか・・・。

 こ・・これは、新規の取引先と喋るより・・・難しいぞ。

 「えっと・・・えっと・・・」とつぶやきながら時間稼ぎをして、カードの中からネタを捜します。
 
 関西人の木枯らし、その特質を生かし・・・すかさず、ボケどころをみつけます。
 早速、ボケをかますと・・・相手の女性も受けてくれて・・・いきなり会場に笑い声を
 咲かせます・・・。ふぅ・・・のってきてくれて良かった・・・。

 こうして木枯らしの生まれて初めてのお見合いパーティが始まりました。

 
                                           (続く)

 ※ 明日は、出張のため、更新をお休みします。 
by simarisu10 | 2008-04-14 21:00 | 平社員休憩室
<< 平社員・・色気づく・・の巻 その3 平社員・・色気づく・・の巻 その1 >>