やっぱり、ホウロウ鍋の巻
a0019545_201221.jpg



 台所でホウロウ鍋の ブリコ・ブリエ・キャセロール を眺めてニヤニヤしている
 アブナイ独身男です。

 別に宣伝でもなんでもなく・・・ただ・・嬉しいだけ・・・。火にかかって蒸気を吹き出す様子が
 面白くて眺めているのです。

 独身男が、こういうものに凝り出すと・・・まるで釣り好きが竿に凝る、ゴルフ好きが
 クラブに凝るとった感じになりそうです・・・。

 この ホウロウ鍋・・・使うごとに発見があって、ビックリなお鍋です。
 
 ホウロウ鍋を使うのは、初めてでは、ないのですが・・・この鍋は、一味違います。

 
a0019545_2095466.jpg


 驚いたこと、その1

 一度、煮立ったが最後・・・かなりの細火でオッケー。

 その2

 煮物をしても煮崩れしないジャガイモ・・。

 その3

 驚異的な保温。
 30分くらい経って、鍋を洗おうとしたら・・・うわっ、熱っつ・・って感じ。
 具材が中に入っていれば2時間くらいは、暖かいです。

 これ・・・・要するに・・・簡易型の圧力鍋にプラスアルファな持ち味がある鍋なのです。
 
 あまりにも重い蓋が圧力鍋の効果を出し、厚い鍋底が均一に熱を伝え、
 ホウロウ引きな為、熱を外に逃しにくいのですね。
  
 料理で、なにげに肝心な事は、熱を均一に伝える事。このため、料理の中では
 「焼く」が一番難しく、次に「揚げる」。一番簡単なのは、「煮る」という作業であると
 なにかの本で読んだ気が・・。

 
a0019545_20262070.jpg


 適当に作った煮物で、アップする気などなかったのですが・・。
 食べてみると思わず・・・「美味しい・・」と自然に発声してしまいました・・・。

 先日、プロ用の底の厚い武骨なフライパンを買ったのですが・・・手入れや扱いこそ
 面倒なのですが・・・お料理がうまい具合に仕上がります。それに火も細くていいのです。

 そうなんだ・・・調理器材が料理の味をこんなにも変えるんだ・・・。

 最近、台所でお酒を飲みながらではなく、NHK出版の「料理の基本がわかる本」という
 主婦1年生?向けの本を読みながら料理に励む、木枯らしなのでした。

 
by simarisu10 | 2008-04-01 20:32 | 平社員営業フロア
<< ちゃわん豆腐なのですっ! 平社員、ほうろう鍋を購入するの巻 >>