木枯らし平社員・・・本日は、まったりするの巻
a0019545_18551230.jpg



 うひっ・・・部長・・・飲むなというのが無理な話・・・。


 年も明けると水産業界は、ヒマになります。

 そして・・・金沢は、一面の雪景色・・・。はい・・雪国に住むのが初めての私は・・
 びっくりしました・・。

 朝、出勤しようと思ったら・・・車が雪だらけ・・。

 話には聞いていたので、あらかじめ雪を落とすブラシを買って、解氷効果のある
 ウィンドウォッシャーを入れていたのですが・・・・。

 しかし、かなり苦戦・・。気温が氷点下なので・・雪は、解けても氷の皮膜になるのです・・・。

 解氷ウォッシャー・・・効果が薄いです・・。

 会社の人に聞くと・・・・ぬるま湯をペットボトルに入れて雪を融かすのだそうです・・。
 
 なるほど・・・その方が・・・早そう。

 さてて・・・会社に行くと、天然ブリを少し貰える事になっていました・・。
 うふふっ、市場勤務ならではです。

 
a0019545_1922826.jpg


 おおおっ・・・見事な天然ブリの一部・・。最近の最高値がキロ20000円つけたとあっては、
 有難いものです。可食部だけなら・・どれだけつくやら・・。
 安いときでもキロ3500円程度かと・・・。
 ちなみに北陸でブリと言うと・・・・1匹が9-10kg以上の本物のブリ。価値があります・・。

 で・・商売がヒマなこともあって・・・今日は、早く帰ってみました。





 
a0019545_19105063.jpg


 平社員・・・人間社会では、その気になれば・・お昼ごろで仕事を終えることが出来ます。
 しかし・・今まで、その特権をあまり使ったことがなかったのですが・・・。

 使う事にしました!もちろん・・・昼から酒宴をするのですっ!


 仕事がヒマ。鮮血がしたたる本物の寒ブリ。仕事仲間は、仕事を終えてスキーに
 出かけてるし・・・。(金沢からスキー場までは、1時間程度。本日みたいに雪がドカンと
 降った日は・・人のいない平日のスキー場で思いっきりエンジョイするのだそうです。)

 と・・・なると、一人で一生懸命、働くのも・・なんなので・・・。

 酒宴と・・・なります。

 やはり・・刺身は・・うまい・・。本物の天然ブリの寒ブリ・・。食べると・・声を出して笑って
 しまいます。脂は・・太平洋側の感覚では、まるで乗っていません。しかし、夏から天然ブリ
 の幼魚を食べ続けてきた私にとっては、その上質な脂のノリがわかります。

 なるほど・・脂ののったブリとは・・こういうことだったのか・・・。
 けっしてくどくなく、臭いもなく、上質。むしろ、味は、酸っぱいのです。これが甘い金沢醤油と
 出会ったとき、不思議にも完成された味を生み出します・・。

a0019545_19271372.jpg


 刺身の形を整えるために残った切れ端は、軽くあぶって、塩をささっと置いて、さらに焼きます。
 
 塩が脂にじわ~っと溶けていきます。

 いいのです・・・・。いいのです・・・。日本酒に合います。

 昼から酒宴を始めた木枯らしは、うとうとして・・・ジュン部長に起こされる夕方まで
 気持ちよく寝入ってしまったのです・・。

 雪景色を見ながら・・風流なお酒でした・・。
by simarisu10 | 2008-01-17 19:29 | 平社員休憩室
<< 今晩の夕ご飯 金沢飲み歩き・・・ >>