平社員 入院顛末記 2
a0019545_1912361.jpg



 前回までのあらすじ

 大腸ポリープの切除の傷が開いてしまった平社員・・・止血措置もむなしく
 出血が止まらないため・・・入院することに・・。

 
 「えっと・・・その・・・個室ありませんか?朝の4時から夕方の7時頃まで携帯が鳴ると
 思うんです・・。多分、相部屋なら・・間違いなく迷惑になります。」

 看護士さんたちが、なにやら相談の上・・・どうも特例措置らしいのですが・・
 豪華な個室を開放してくれました。

 「期間限定ですよ。」

 との事。

 その個室は・・

 
a0019545_19171540.jpg


 画像には、写ってないのですが・・・この他にトイレとバスと応接セットがあります。

 かくして・・木枯らしは、1LDKもあろうかという広い個室をゲットし、さらには、お医者さんと
 交渉の上、昼間3-4時間限定で会社で仕事する許可ももらいました・・。
 (実際には・・6時間程、働いていたことは、ナイショ。)

 結果、朝の8時30分から午後の2時、3時までは、会社。管理職様のお世話のために
 エイト社に一時的に帰る事を除き・・・病院での個室生活・・という日々が・・。

 なにが辛かったって・・・両腕の裏表の痛みがいまだに消えない・・点滴の連続。
 
 それから・・・意外にも早く慣れてしまったのですが・・ず~っと3食、これ・・↓

 
a0019545_19304071.jpg


 流動食・・・固形物は、一切ありませんし・・。メニューは・・ジュースの種類が変わるだけで
 で1日3食、全て、コレ。


 ただ・・いい事もいっぱいありました。

 ①酒、タバコが呑めない、吸えない。(全然、苦痛でなかったのが驚き)

 ②美人の看護士さんに いろいろ面倒を見てもらえる(笑)
 
 ③本が読める・・・(凄いメリット)

 そう・・・病室は、シ~ンとして物音がしません。木枯らし、大量に本を持ち込み、時間が
 許す限り本を読み続けていたのです。
 
 とんでもなく集中できてしまって・・・4日間で読破した本は、10冊。消灯時間を過ぎても
 個室の特典を生かして・・・本をよみふけっておりました・・。

 いや・・・よかったです・・。随分と賢くなりました・・。入院代金は、生命保険でおりるし・・。
 たまには、入院も悪くないと思った木枯らしなのです。

 まだ、完治では、ありません。仮釈放状態。むこう一週間は、消化の良い食事、禁酒、
 激しい運動の禁止、刺激物の禁止、熱いお風呂の禁止状態が続きます。

 そこで・・・年末、緊急企画!

 ”美味しい、病人食を作れ”をするのですっ!

 病院で出された、流動食や消化に良い食事・・。
 食の楽しみを完全に奪っているのです。

 木枯らし平社員にかかれば、病人食が、こんな風になるんだと・・ばかりに・・





a0019545_1944496.jpg



 これ・・自分で作ったイングリッシュマフィンの出来損ない・・。

 強力粉にドライイースト、塩、溶かしバター、水を入れて練り、発酵させて焼きました。
 簡単、簡単。味は、普通・・・。でも、出来立てのパンの良い香りは・・・なんともなんとも
 これは、朝の朝食です。

 消化によさそうでしょ?


 
a0019545_1948065.jpg


 生パスタにトマト缶に赤ワイン、オリーブオイル、バルサミコ酢、砂糖、塩、ニンニクを加えて
 煮詰めたソースを作りました。

 そこそこにいける一品です。本日の昼ごはん。

 消化によさそうでしょ?(でもないかな・・?)

 
a0019545_19504036.jpg


 朝から仕込んだ・・・本邦初公開・・・甘えびうどんです!

 凄い!どうやって作ったのかは・・・しばらくナイショ。これも病院で読書にいそしんだ結果
 なのです。食品開発の本からヒントを得て作りました。

 味に改良が必要なものの・・なんだか・・・イイのです。さらに改良を加えて
 商品化しようかしらん・・・。

 ほんのり甘くて・・ほんのり海老の香りがします。でもって・・・やたら、なめらか・・。
 明日、会社に持っていって、試食感想を募るのです。
 本日の夕食です。

 ねっ、消化によさそうでしょ?

 美味しい病人食・・・・その1なのでした(笑)
by simarisu10 | 2007-12-23 19:55 | 平社員休憩室
<< 文鳥様カレンダーなのですっ! 木枯らし入院顛末記なのです・・。 >>