ひそかに昆布〆党員なのです・・。
a0019545_18205287.jpg



 ピナ課長・・・党員へのメールが来たのです・・・。

 た・・・たまには、参加しちゃうのですっ。

 木枯らし平社員・・・実は、・・・・富山昆布〆党 の党員なのですっ!

 エイト社には、50%以上の確率で昆布〆がストックしてあります。
 
 毎日のように飽きもせずに昆布〆をつついています。

 正直、この味を知ってから・・・・お刺身を食べる気を失いました。

 さて、メールには、富山駅前のCICなるビルで富山県産品再発見市なるものが開かれ
 党員の昆布〆も販売されるようなのです。い・・行くのです。

 ううっ・・会場の一角になるほど・・昆布〆研究会と札の立ったブースがあるのです。

 平台の冷蔵ストッカーを見ると・・なるほど、富山県手法の昆布〆が並んでいます。
 金沢の昆布〆とちょっと違うのです。

 富山の市販用昆布〆は、魚を板状にしてから、上下に昆布を挟み込み、プレスするのです。
 家庭用は、金沢と同じなのですが・・。

 この手法を使うと・・昆布の量が重量当たりにすると少なくてすむのでコストを安く抑えられ
 ます。結果、ボリューム満点の昆布〆が出来・・・しかも見た目に美しいのです。

 
a0019545_18365264.jpg


 金沢の昆布〆が、なにもつけないでそのまま食べるのに対し、富山の昆布〆は
 刺身感覚でワサビ醤油で頂きます。

 確かに・・・これは、これでいいのですっ。

 他にも買ったものがあるのですが・・次回に・・・。

 富山港の展望台から見た、うっすら雪化粧した山々と夕陽の富山港の画像なのですっ↓

 
a0019545_1840038.jpg


 
a0019545_18402437.jpg

by simarisu10 | 2007-11-23 18:40 | 平社員営業フロア
<< 金沢を旅しちゃいましょう~ 金沢名物・・・だそうです・・。 >>