笹寿司だ・・・・・
a0019545_20284596.jpg



 冬は、管理職様たちの為にオイルヒーターをつけているのです。
                  ↑昨日も書きました・・。

 オイルヒーター・・暖まるのに随分と時間がかかるのですが・・・
 暖まりだすと・・・陽だまりのような温もり・・・。

 電気代は、かかるし、なかなか暖まらないし・・かなり寒いと使い物にならない困り者の
 ヒーターなのですが・・。あの陽だまりのような温かさが大好きなのです。
 
 今のようなちょっと冷える季節には、最適。

 陽だまりの暖かさの中でトップ画像のネル次長のように・・爆睡している管理職さまが・・。

 
a0019545_20423012.jpg


 こちらは、ピナ課長さまの寝姿・・・。

 平和なエイト社なのです・・・。

 さてて・・・今日は、笹寿司なのですっ。

 



a0019545_20444073.jpg



 先日、スナックに呑みに行った木枯らし・・・。

 ママさんが・・・笹寿司を出してくれました・・。笹寿司は、上の画像のような石川県では、
 馴染みの深いお寿司なのです。行楽時のお弁当なんかに入っていたりするそうです。

 「わっ・・笹寿司」

 「えっ、私の手作りよ」

 「えっ?手作り・・・これ・・・?そういえば、これどうやって作るのかが不思議だったんだけど?」

 「うん、こっちじゃね、このお寿司を作るための型が売っているの・・それで、作るの・・・」

 「えっ?えっ?えっ? こ・・これって・・もとは・・某寿司、弁当会社の製品じゃ・・」

 「笹寿司は、白山市(石川県)あたりかな・・・。その周辺の郷土料理よ。保存食。
 もっとも、この辺りは、笹を使ったお寿司は、いっぱいあってね・・。富山のマス寿司は
 有名でしょ。でも、この笹寿司も作る場所によって微妙に形態が変わるのよ・・。
 某寿司、弁当会社の製品は、郷土料理を商品化しただけ。
 私みたいな白山出身者は、子供の頃から作っているわ。」

 はぁ・・勉強になりました・・。

 上の画像は、スーパーで売っていたものですが・・・。スナックで食べた笹寿司は、
 面白いことに笹寿司の裏面にアミエビの干したものとゴマなどを使って、絵を描いて
 いたのです・・。なんとも可愛らしい絵になっていてビックリ。

 なるほど・・・だから、石川県のスーパーの青果コーナーには、いつも笹が売っているんだ・・。

 今度、気が向いたら作ってみるかな・・・。昔から脈々と受け継がれている料理・・
 それを体感できる・・。なんとも私には、小さな感動を呼ぶ出来事なのです。
by simarisu10 | 2007-11-15 20:58 | 平社員営業フロア
<< いきなり、水菜っ? カレー鍋なのですっ! >>