今日もまたまた昆布〆
a0019545_17353965.jpg



 明日から11月だというのに・・暖かいです・・。

 まだ・・弱冷房をかけてみてもいいくらい・・・。

 えっと・・・金沢は・・どちらかと言えば・・雪国で寒いはずなのですが・・。

 ピナ課長が平社員の手の甲に乗っかって離れません・・。
 でも、毎日乗ってくれていると・・体重の変化がわかるように・・・少し・・軽くなっていません?

 ダイエット食事の成果?それとも調子が悪いのでしょうか・・。

 平社員は・・・急速に肥満が進んでいます。

 毎日・・・いいものを食べすぎなのです。

 お酒が進むのです。

 エイト社に帰ってくるのが夕方の4時か5時。就寝希望時間が夜の7時。この3時間弱のうちに
 赤海老エイトの更新。スーパーの定点観測。風呂。自炊。飲み、管理職のお世話、掃除を
 やってのけます。

 でも・・人間とは、怖ろしいもので・・・すっかり慣れました(笑)

 しかし、短時間に馬鹿飲み、暴食をするので・・肥えてくるような・・。


 さてて・・・今夜は・・またまた、昆布〆





a0019545_1749626.jpg



 ↑  これ・・活けカワハギの刺身と生カジキの刺身、それにカワハギの肝なのです。
 
 活けカワハギ・・文字どうり生きているのを3枚おろしに・・・。生カジキ・・・日本でも
 そう簡単には、手に入らないものが・・金沢では、簡単に手に入ります。

 ふたつ合わせて・・・1200円。画像に載せたのは一部で・・まだまだあるのです。

 安い・・・。カジキにいたっては・・量から見て・・かなり安いです。

 これ・・職業柄の特権ではなく・・市販価格です。この刺身は・・昆布〆を作るため
 余ったのを刺身にしただけなのですが・・。


 カワハギの肝を醤油に溶かし、刺身をつつくと・・・これが・・また・・美味しい・・。
 新鮮な肝を使うと・・ここまで味が変わるか・・と驚愕するのです。
 
 と・・いうことで・・カワハギと生のカジキを使って、お酒のアテの昆布〆を作ります。
 最近は、手馴れたもので・・・呆れるほど手早く作ります。

 出来たのが・・これ↓

 
a0019545_17574260.jpg


 カワハギの昆布〆は、意外に昆布の味がのりません。カジキも新鮮すぎると
 昆布の味のノリが悪いです・・。

 しかし、その反面・・・昆布〆がキラキラと輝いています。

 そうなのです・・昆布〆には、鮮度の良すぎる魚は、不向きなのです。
 でも・・鮮度の良い魚で作ると・・キラキラと光るのですね・・。

 

 木枯らし・・ある機会があって・・金沢で昆布〆を最初に作った会社の方と話す機会が
 できました・・。

 それは・・意外な話だったのです・・。

 北陸の昆布〆は、江戸時代、北前船が北海道から富山や石川に荷おろししたため
 昆布文化が発展した・・その産物だと聞いたのですが・・実際には・・。

 「う~ん・・当時の資料がないから、なんとも言えないんだけど・・多分、うちが商品として
 金沢で売り出したのが最初だと思う。うちのオヤジが悪くなったり、安値になったりした 
 白身魚を昆布〆にして売り出したのが・・商品としては、最初かな。」

 うんうんとうなづく木枯らし。この会社の社長は、2代目。先代社長が昆布〆を売り出した
 ことになります。

 「え~っと・・それが・・15年ほど前かな・・」

 えっ?!江戸時代の北前船説は・・・いったい・・。

 「一般家庭やお店なんかでは、作っていたかもしれない・・でも、それは・・料理という範疇で
 商品ではなかった・・。親父は、悪くなった魚や大量に入った魚を日持ちさせて売るという
 事で昆布〆を製品化したんだと思う。それが、やがて、富山にも波及したのかな。富山と
 金沢では、昆布〆のやり方が違うんだ。」

 はい、木枯らしも・・そのへんは、研究済み。

 「あの・・・昆布〆するときには・・塩とか調味料を使うみたいですが・・」
 
 「使わないよ・・・塩も調味料も・・お酢と昆布だけ。」

 今回、私が作った昆布〆は、塩を使わず、お酢と昆布だけなのです。でも・・・これが意外に
 いけるのです。昆布の香りが「立つ」のです。

 話をまとめると・金沢昆布〆の歴史は、意外に浅いもの。そして、人口に対して
 海洋資源が豊富なこの土地では・・時々、とんでもない安値で魚が流通します。
 それをひと手間かけて日持ちさせて使えないかという発想が昆布〆の商品化の
 原点であったようです。

 昆布〆に適する魚は、カジキ、車鯛(まとうだい)、カレイ類といった白身で脂の少ない
 さかなであったようです。そして・・ここ北陸では、カジキが集まりやすく、車鯛や
 カレイ類は、地場で水揚げされる・・・。

 これが、昆布〆が急速に金沢、同様な環境にある富山に根付いた背景であるようです。

 もっとも・・これは、木枯らしの憶測ですが・・・。

 なには、ともあれ昆布〆は・・・美味しいのですよ(笑)
by simarisu10 | 2007-10-31 18:22 | 平社員営業フロア
<< とりやさい なのですっ。 本日のお話・・ >>