北海シマエビ
a0019545_22246.jpg
チュン部長・・・うううっ・・・だから・・・食事のときは、近くに来ないでください・・。

マーボー豆腐の中に舞い降りて、部屋中にまき散らかされても・・・。

可愛い顔をして鳴いてみたって・・だめですっ!今度、焼き鳥にしてあげますっ!
                                               (▼▼メ)

さて、今回は「北海シマエビ」です。サロマ湖、ロシア、カラフトなどで取れるモエビの一種です。体色は、汚い系の黄緑色です。

見れば見るほど、タラバ海老の仲間に似ています・・。そのまま、オドリで食べることも
あるのですが、ボイルすると甘味が出るため、ボイルして食べるのが普通です。

よく見ると、細かいシマが頭から尾の方に走っています。地元志向の強い海老ですが
本州のほうでも結構、問い合わせが多いですねっ。

味は ★2つ!(★3つが最高点)
基本的に美味しいのですが、価格が若干高めな割には当たり前な美味しさです。

価格がもう少し安ければ★2つ半をあげてもいいです・・・(何気に厳しい木枯らし)

ただ、インパクトがあるので、一般向けには、いいかもしれません・・・。
by simarisu10 | 2004-07-11 22:03 | 海老資料室
<< 今、明かされる赤海老エイト初代... ポン鱈 >>