平社員のお酒のアテ2
a0019545_187187.jpg



 部長・・・そういわずに・・・。

 こちらに住んでいる方に教わったのが・・・「絹もずく」

 市場を歩いていると凍結された若草色のもずくが目につきます。

 かなりの量が店先にならんでいます・・・。

 そして・スーパーに行っても・・もずくのコーナーの品揃えの豊富なこと・・。

 太平洋側で出回っている沖縄産のもずくと様子がことなるのです。

 太平洋側のスーパーは、色黒のもずくが調味酢に漬け込まれパックで
 売っています。味も多種多様。もっぱら、もずくより、その味付けなんかに
 目がいってしまいます・・。

 ところが・・金沢をはじめとするスーパーにならんでいる、もずくは・・
 沖縄県産のものもありますが・・・これ↓なのです。

 
a0019545_18114957.jpg


 若草色のとても細いもずく・・。それが、もずくの粘液でどろろん・・としています。
 粘液は、沖縄県産のものと比べると・・かなり、粘っています。

 木枯らしも・・これを水洗いしたとき・・いっこうに・・水が切れないのでおかしいと
 思ったら・・ゲル状の粘液だったのです。

 そう・・さっき、もずくを洗ったと申しました・・。

 そ・・ここでは、生もずくが当たり前・・。味の付いたものもありますが・・基本は、生もずく。
 
 木枯らしも・・パックを開けた瞬間にしまった!と思ったのです。

 なにしろ、生もずくなどお目にかかった事がなかったのでどうして処理したら
 よいのか分からなかったのです・・。
 
 しばし、考えた上、洗った上にポン酢を投入し、かきこむ事にしました。

 味ですが・・・正直な感想・・沖縄の黒いもずくの方が美味しいようにも思いますが・・。
 なにせ、沖縄産の生もずくを食べたことがないので・・正確な判定ができません。
 
 ところが・・その食感・・・・おぼろ昆布を湯に入れ、くずきりを混ぜて粘りを増やした・・
 そんな、独特の食感なのです・・。

 なんか・・・身体に良さそう・・・。事実、翌日のお通じは・・とても快調だったことは、ヒミツ・・。
by simarisu10 | 2007-10-05 18:20 | 平社員休憩室
<< 木枯らし平社員・・秋なのです・・。 木枯らし平社員のお酒のあては?その1 >>