木枯らし平社員のお酒のあては?その1
a0019545_1745318.jpg


 はい・・・そ・・そういたします・・。

 さすがに・・・睡眠時間が短くなると・・酒の酔いが醒めないうちに勤務時間に
 突入してしまいます・・。かといって・・好きなお酒をやめるわけにもいかず・・。

 泣く泣く・・飲酒、控えめにすることに・・・。やっぱり、木枯らしの食材への熱情は
 お酒のアテとして楽しむことが原動力。
 
 で・・昨日も眠い目でスーパーに行き・・生のサワラ(マカジキ)を買い・・
 凄い勢いで・・昆布〆をつくってしまうのです・・・。

 我ながら・・このパワーには、驚きます。

 人間社会の会社で昆布〆に関する情報をしこたま仕入れます。

 そのなかで気になる言葉が・・

 「いや・・昆布〆の昆布は、薄い昆布を使うんだ。主にコストの関係だが・・。でも、いい
 昆布〆は、厚い昆布も使うよ・・。と言っても・・これには、好みもあるかな・・」

 そこで・・厚い昆布で昆布〆を作ったのです・・。

 
a0019545_17555746.jpg


 なるほど、簡単。木枯らしでもたやすく作れます。

 昆布〆の作り方は・・このブログとリンク関係にある光福丸様のHPから

 作り方は、こちら・・

 で・・厚い昆布を使うと・・水分がかなり抜けるのです。出来た昆布〆は、湿らせた
 ビーフジャーキーのようです・・。
 
 で・・昆布の味が凄く、濃いのです。はっきり言って、酒のアテには、うま~い!のです。

 でも・・これは、意外に奥が深いぞ・・と考える平社員。

 試しに塩を使ったものと使わなかったものと2種類作ったのですが・・。
 それぞれに美味しさがことなります。

 これに昆布の厚さと湿らせ具合を変えると・・いろんな用途に見合った
 昆布〆が出来そうです・・・。

 うん、いいのですっ!

 この昆布〆、ご家庭で簡単に出来るのでお試しくださいませ。
 生魚が嫌いな方でも・・これならいけるかもですよ~。
by simarisu10 | 2007-10-04 18:05 | 平社員営業フロア
<< 平社員のお酒のアテ2 木枯らし平社員・・輪島の朝市に... >>