水カレイと笹カレイの巻
a0019545_18105473.jpg



 部長・・そ・・そうなのです・・。

 木枯らしだって・・最初は、分からなかったのです・・。

 こちらでは、水カレイと呼ばれる標準和名:ムシカレイ↓

 
a0019545_18135061.jpg


 とても綺麗な透き通った肌をしていらっしゃるのです。

 さて・・・次にご紹介するのは・・・

 笹カレイと呼ばれる標準和名:ヤナギムシカレイ↓

 
a0019545_18163071.jpg


 
a0019545_18164770.jpg


 はい・・・皆様も混乱してきたと思いますが・・・・。
 
 混乱していただいて結構です。裏を向いていますが・・表側を見られても混乱すると
 思います・・・。

 よく見ると縁側(えんがわ)の付近がばらけたようになっているのが笹カレイで
 割とスッキリした感じが水カレイ・・・。名前も良く似ているのですが・・
 近縁種とおもいきや・・・微妙に違うのです。

 はてさてですっ。

 どっちが・・・高級カレイなのでしょう~??





 はい・・・笹カレイが高級カレイです。これ・・大きくなって卵巣の発達した
 メスを一夜干しにしたものなら・・1枚3000円から8000円することもあります。

 かたや・・水カレイは・・・駄物扱いなのです・・。

 でもでも・・・水カレイも美味しいのですよ・・・。
 なぜ・・こんなに扱いが違うのでしょう・・・。

 水カレイは、その名のとうり、身の水分含有量が多いのです。このため、鮮度の劣化が
 激しく、冷凍しても鮮度劣化が早く、干物にも加工しづらい・・・。また、骨が大きく、硬くて
 まるで加工にむかないのです。

 一方、笹カレイは、対照的に身の水分含有量が少なく、干物にしやすく、冷凍しても
 持ちがいいのです。骨も柔らかい上に小さく、身に含まれる旨み成分のイノシン酸の
 含有量も多いのです。
 特に、笹カレイは、干物加工用の条件を十分に満たしているため、高値で取引されます。

 でも・・木枯らし・・水カレイを鮮度のいいうちにから揚げにして食べてみたのですが・・
 そこそこ美味しいんですよ・・・ほんのり甘くて、ふんわりしています。

 水カレイさん・・・もっぱら、近所のスーパーで・・2匹一組で安売りされています・・。
 かたや、笹カレイさんは・・小さくても1匹単位で売られており・・お値段は・・
 1匹あたりにすると・・3倍か・・それ以上の値段がつけられています・・。

 かわいそうな水カレイさん・・・。鮮魚売り場をうろうろしていたら・・箱が壊れて
 地面に散らかった水カレイを・・おかずに持っていけと・・手渡されてしまいました・・。

 笹カレイさんなら・・きっと・・こんな事にはならなかったような・・。
 

 リンクの欄に新しく

 光福丸blog 今日のお魚な~に! が追加されちゃいましたのですっ!
by simarisu10 | 2007-09-13 18:36 | 平社員営業フロア
<< 平社員・・地産地消と取り組む・... えっと・・サンバソウ様なのですっ。 >>