兼六園なのですっ。
a0019545_182652.jpg



 次長・・ありがとうございます。管理職の皆様には、深夜の1時に起きていただく生活
 申し訳ないのです。

 じっくり、お昼寝してくださいね。

 今日は、就業1日目、時間が飛ぶように過ぎていったのです。

 迫力のあるセリを目の当たりにしたり、生まれて初めてフォークリフトを操縦したり・・
 なんとも刺激的な一日でありました。レポートは、またの機会に・・。

 さて、昨日、兼六園に行ってきたのです。

 兼六園は、金沢城の庭園として長い年月をかけて造成された庭園のようです。

 私も海外で庭園を周遊したことがありますが・・・日本のそれは、侘び寂びを確かに
 汲み取れる・・地味ながら奥深い庭園。
  
 反面、外国の庭園は派手さが欠かせぬ要因になっています。

 
a0019545_18344554.jpg


 
a0019545_1835147.jpg


 
a0019545_18352074.jpg


 
a0019545_18353699.jpg



 うんうん・・なにか趣(おもむき)があるのです。





a0019545_18364145.jpg


a0019545_1837047.jpg


a0019545_18371741.jpg


a0019545_1837329.jpg



 想像よりは、広い庭。日本人好みの趣向が凝らされています。

 入場料も一人当たり300円とリーズナブル。

 なかなか・・良いのでは・・。
 
 足早にまわるより、じっくり時間をかけて見るのが良いかも・・。と~っても地味ながら
 小さな感動が随所にちりばめられているのです。

 この兼六園、四季のそれぞれに違った顔を見せてくれるでしょう・・・。
 木枯らし・・今度は、本でも携え・・ここでのんびりしたい気もします・・。

 
 ちなみに兼六園とは、・・・中国の詩人が書いた、洛陽名園記の中に書かれていた
 人力、水泉、眺望などの文字の6勝を兼備するという意味で兼六園と名づけられました。
by simarisu10 | 2007-08-01 18:47 | 平社員休憩室
<< 平社員は、地黒? 有休、最後の日 >>