チャーシュー再び・・
a0019545_20585778.jpg



 最近、チャシュー食べ放題している木枯らし平社員でございます。


 一度、凝りだすと・・・しばらく止まらない性格なのですっ。

 さて・・・先日、ネットで知り合った女性の方が赤海老エイトをご覧になられて・・・
 メールを頂いたのです。

 チャーシューは、モモ肉より、肩ロースの方が美味しい。
 チャーシューは、醤油:水 1:1の割合で30-40煮込むと美味しい。
 残ったタレを鶏がらスープで割るとラーメンのスープなどに良い。
 騙された事にして試してみて・・・。

 という内容でした・・。

 正直、納得のいかない木枯らしでありましたが・・ここは、ひとつ騙されてみようと思いました。
 何事もチャレンジなのですっ。
 
 早速、スーパーで肩ロースを3つ買ってきました。で・・・やってみたのですが・・。

 ちょっと・・驚いてしまいました。

 というのは・・・・チャーシュを作る過程で出来るスープが美味しかったのです・・。
 びっくりするくらい・・。そのスープ・・本当にラーメン屋さんで使えるくらいの味だったのです。

 その時、木枯らしの頭は、トリップしてしまったのです。

 少し汚いながらも地元の人が昼時になると食べにくる街の食堂。
 木枯らしは、そこのオヤジさんをやっています。

 常連の客が・・
 
 「オヤジさんの作る、このチャーシュ麺うまいねぇ~。いったいどうしたら作れるんだい?」
 
 と聞かれ・・・。

 「いやぁ・・その簡単なんだよ。教えるのが恥ずかしいくらい・・・そのチャーシュも
 結構いけてるだろ・・」

 なんて客と話している場面を想像してしまいました・・。はぁ・・。

 この美味さのヒミツは・・・↓

 
a0019545_21163318.jpg


 豚肉を煮ている時に出てくる、この濃厚なスープだったのです。

 で・・出来たチャーシューは・・甘味が足りないので、やや不満・・。またスープも
 塩辛いので鶏がらスープと合わせる時、使いにくいな・・と感じました。

 そこで・・再度、挑戦するのですっ。


 





 結果から、お伝えいたしますですっ。

 試行錯誤の上、以下のレシピで良いかと・・。

 ①チャーシュをネットでくるんでフライパンで外側を焼く。肉は肩ロースがベスト。
  肩ロースを使うと出来上がりがパサパサしないのです。

 ②減塩醤油と水 3:7 で①を40分~1時間煮る。この時、ネギとショウガを適当に
   放り込むと良いが・・無くても問題なしっ。また、圧力鍋を使うと出来上がりが
   とても柔らかくなります。

 ③ 肉が何とか入るくらいの容器に豚肉を入れ煮汁の一部に砂糖やハチミツを加えた
   ものに漬け込みます。この時、半熟卵なども一緒に入れると・・なかなか良い煮卵に
   なります。煮卵は、1日以上漬け込んだほうが良いみたい。

 ④ 残った煮汁は、鶏がらスープやカツオダシで1対4、1対5程度に薄め、ラーメンスープに
   出来ます。ラーメンスープ用にするものは、砂糖を加えてはいけません。
   (薄める程度は、煮詰めた時間や個人の好みがありますので調整してください)

 ⑤ ④は、スープにするだけでなく、余ったタマネギやニンニク、ネギと一緒に煮詰め
    調味料やチャーシューのタレにすることも可能です。この時は、砂糖やハチミツを
    入れた方が良いでしょう。

 という過程で・・チャーシュー、煮卵、チャーシュのタレ兼 中華調味料、ラーメンスープが
 作れてしまいました・・。

 
a0019545_21353391.jpg


 
a0019545_21355488.jpg


 
a0019545_21374816.jpg



 チャーシュー食べ放題していました・・。なかなか、よさげ・・・。

 もう一回、やってみよかしらん・・・。

 基本的に醤油と水で煮込み、残りの煮汁に砂糖を加え、煮詰めてタレにするという過程で
 ok であると思われます・・。と~っても簡単なのでした。


 ※明日は、更新をお休みいたします。エイト社に波乱の展開のヨカンなのですっ。
by simarisu10 | 2007-07-05 21:42 | 平社員休憩室
<< 赤海老エイト社、移転するの巻 エイト社 秘密兵器、再起動す・・。 >>