お風呂あがりは、刀削麺の巻
a0019545_22532068.jpg



 いえ・・・その・・部長・・。部長達の使われるバスは・・とても小さくて・・。
 
 木枯らしは、一緒にバタバタと水浴びできないのです・・・。はい・・。


 先日、人間社会の課員達と一緒に スーパー銭湯、天風の湯に行ってきたのです。

 スーパー銭湯が好きな木枯らしは、ここを愛用しているのですが・・課員達は、初めて。
 
 みんなで、ど~っぷりとお湯につかり・・・みんなでマッサージを受けて・・
 
 「ああっ・・・課長・・体がほぐれちゃいました・・」などとのたまう課員達なのです。

 お~い、おごりで一杯飲んでかないか~と誘うと・・
 
 「課長・・・もう、眠いです・・。」

 うっ・・そうだった・・名古屋の部署の朝は、早いのです。早い課員は、朝の5時半出勤。
 夜の10時には、寝ちゃうのです。仕方ないなぁ・・・帰るか・・・と帰ろうとしたら・・
 スーパー銭湯の近くに刀削麺の文字が・・。

 「お~い、刀削麺、食べていこうよぉ~」と言うと・・これには、もの珍しさから課員達も
 つきあってくれたのです。

 で・・食べたのが・・コレ!

 
a0019545_2354721.jpg


 
a0019545_236462.jpg


 そう・・麺になる前の状態の小麦粉の塊を包丁でそぎ落としで鍋のなかに飛ばしながら
 麺にする料理。

 中国に行ったとき、海沿いの屋台の前を歩いていたら・・「刀削麺」の文字があったのです。
 思わず、飛び込んで入ろうかとおもったのですが・・あいにく食事の後・・。
 あの時・・無理してでも、本場の刀削麺を食べておくべきだったと後悔したのですが・・。

 日本で見かけちゃったら・・入るしかないのです。

 さてさて・・お味の方ですが・・・麺というより・・すいとんみたいな感じ。麺でもなく、団子でも
 なく・・。味も賛否両論分かれました・・。木枯らしは、刀削麺を食べるなら、平打ち麺の方が
 良いなと思ったのです。

 でも・・この刀削麺・・料理人さんが包丁で麺を削って鍋に飛ばしていくのですが・・
 そのとき、周りのお客さんも注文した木枯らし達も総立ちで様子を見物していたのです。

 パフォーマンス性では、文句なしの麺だったのですっ。

 

 
by simarisu10 | 2007-06-04 23:15 | 平社員休憩室
<< 名古屋は、花火の巻 ヤリイカ一夜干し >>