へしこ、再びっ!
a0019545_20381017.jpg


 出張から戻ってきた平社員なのですっ。

 今回、トップの画像を飾ってもらうのは・・へしこ色したピナ課長なのですっ!

 そう・・福井県で「へしこ」をまたまた手に入れてきたのです!

 「いや・・木枯らしちゃん、へしこはね・・一番美味しい食べ方は、刺身だと思うよ」

 「さしみ・・?」

 「そ・・大根で包んで食べるの・・」

 と・・へしこを刺身で頂くために・・商売仲間から「へしこ」のプレゼントを頂きました。

 
a0019545_20425578.jpg


 
a0019545_20421511.jpg


 おおおっ・・前回、北陸道のサービスエリアで買ったものより、迫力があるぞ・・。

 「へしこはね・・国内産のサバを使ったものより、脂がギトギトにのったノルウェー産の
 冷凍サバを使ったものの方が美味しいよ」と言われます。
 どうやら・・脂のりが良いものほど・・仕上がりが辛くならないようです。

 このへしこ・・木枯らしが昔、食べた時は、頭が痛くなるくらいの塩分があったのですが
 先日、サービスエリアで買ったものは・・さほど、塩辛くなかったのです。
 
 それを話すと・・・

 「それは・・昔ながらというか・・自宅なんかで作るときのへしこ。製品として売っているものに
 あのきつい塩のへしこは、ないよ。というか・・今は、そればかり。昔ながらのへしこを
 食べようと思ったら、作っている家に行って樽ごと買わないとね・・。」
 との事。

 それから、へしこの賞味期限が意外に短いので・・塩加減が浅いからだと思ったら・・。

 「いや・・へしこはね、長く置いておくと発酵の過程でガスが出て、袋がパンパンに
 なっちゃうのよ・・。別に腐っているわけじゃないんだけど・・。本来、糠に漬かっている
 状態では、定期的に糠をかき回すのだけど・・ビニール密封した状態では、それが
 出来ないでしょ。」

 なるほろ、なるほろなのです。

 それでは・・・早速、へしこを刺身で食してみるのです。




a0019545_20525572.jpg



 へしこの糠を洗い落とし、サバの薄皮を取り除き、適当に切ってみます。それを
 薄く切った大根でくるんでみました。

 へしこを切っている最中・・・へしこをそのまま口に放り込んだところ・・。
 「おっ、なかなかいけるぅ~」と思う平社員。想像より美味しいのです。

 しかし・・塩がきついので・・単調な味になりそうだな・・・と思い、大根で巻いたへしこを
 ゆずポンズと柚子こしょうを混ぜたものにつけて食べることに・・。
 しかし、これが意外に正解!

 あっさりした味のあとでへしこを噛むとへしこ独特の塩からい美味しさに到達します。
 これがなんとも趣き深いのです。

 いや・・これ・・いいぞ・・。

 さすがに美味しいものの、塩がきついので10切れも食べると味が単調になってきます。

 それでも・・へしこを焼いて食べるより、美味しいかも。いや・・いいことを教わりました。

 刺身だけでは、もったいないので・・・

 
a0019545_20593445.jpg


 お茶漬けも!

 いや・・これが美味しいのですっ!びっくり、びっくりなのです。これは、いけるとばかり
 この後、大量の焼いたへしこを放り込み、へしこ茶漬けを堪能したんですっ!

 へしこ・・・ヌカに漬かった、ニクイやつなのですっ!
by simarisu10 | 2007-05-10 21:01 | 平社員営業フロア
<< トリ貝なのですっ! 平社員とお酒のアテ・・・の巻 >>