クルマエビなのですっ!
a0019545_22472192.jpg



 部長の鋭い突き攻撃を 静心不動でかわす次長様なのですっ。

 最近、管理職皆様がた全員で平社員の身体に乗っかり居眠りされるのです・・・。

 PCのキーボーードを打っている腕の上に全員で乗っかられております・・・。

 う~ん・・部長、次長、課長・・・・業務妨害ですっ!


 最近、料理の腕をあげていくのが自分でも感じられる今日この頃なのですっ。

 少し小腹が減ったなぁ・・などと酒のアテに素早く料理が出来るように・・。

 
a0019545_22553041.jpg


  適当にタレを作って、切れ目を入れたトリもも肉を放り込みます。少し漬け込んだら
  フライパンで焼きます。このとき、クッキングシートを上に引き、水を張った鍋を乗せます。

 こうして重しをして、両面を焼きます。残った漬け汁をフライパンで煮詰め、これをタレに
 します・・・。

 う~ん・・こんな簡単な料理なのですが・・美味しい・・。重しのせいで両面がパリパリに焼け
 肉もギュッと固くなり、歯ごたえが増すのです。

 さてさて・・今夜は、車海老のお話。



 



                                                                                                                                                                                   日本人に馴染みの深いクルマエビ・・・


 
a0019545_23385.jpg



 冷凍海老の中でも・・そこそこ値段が張るのです。この冷凍クルマエビの消費地は
 主に東京と名古屋なのです。活けのクルマエビは、あちこちで使用されるのですが・・。
 
 高いと言っても冷凍ものと活けのクルマエビなら・・冷凍の方がまだ安いのです。

 このクルマエビ・・鮮度劣化の速度がとても速く・・尻尾の虹色がみるみる薄れ、
 縞目がぼやけて・・そして黒変していきます。

 このため、処理時間が長くなってしまうと・・すぐに2級品になってしまいます。

 さて、縞目の薄いクルマエビと縞目のはっきりしたクルマエビをボイルしてみませうっ!

 
a0019545_2393085.jpg


 縞目がはっきりしたクルマエビは、紅白の縞がしっかりついていますが・・
 縞目がぼやけた方は・・クルマエビなのだか他の海老なのか・・わからなくなって
 しまっています。

 これだけ紅白の美しい縞がだせるのは、クルマエビの特徴。

 日本人がクルマエビを好むのは・・この美しい縞目にあります。
 
 見た目でも料理を楽しむ、日本の食文化に非常にマッチしているのです。

 このため・いくらクルマエビと言っても縞目のはっきりしない場合・・・価格が大幅に
 低く評価されるのも・・・このクルマエビの特徴・・。

 美味しいさは・・・見た目ほどには、変わらないのですが・・。
by simarisu10 | 2007-04-25 23:14 | 海老資料室
<< 北陸道は、海老パラダイス?!の巻 特命発動! 「平社員、コチュジ... >>