シマエビですっ!
a0019545_2121679.jpg




 部長・・・それ・・・天然オヤヂギャグです・・。えっと・・ヒマ海老でなくてシマ海老

 ホッカイシマエビなのですっ。(和名:ホッカイエビ)


 
a0019545_2132178.jpg



 ↑これ・・・ホッカイシマエビのボイルなのです。産地は北海道。
 よく見るとうす~いシマがあるのがおわかりでしょうか?

 サロマ湖や野付湾、能取湖などが産地とされています。
 またロシアの北方領土の付近にも生息し、日本に冷凍状態で搬入されてもいます。

 見た目が赤いのは、ボイルの為で生の状態では・・薄汚い緑色とも茶色とも
 見えるような色をしています。
  
 アマモが茂る藻場に生息しているので、色は保護色になっているのです。

 この海老の漁は独特で、帆で風を受け船を横向きで網を曳いていく打たせ網漁。
 
 エンジン船では、音で海老が散ってしまうため、帆船による漁なのです。

 帆船で漁をするのは、漁場を荒らさないため、海老をとりすぎないようにするためと
 いう意味もあるようです。

 この海老、刺身で供されることがあるのですが・・たいがいは、鮮度の良いうちに
 浜茹で(ボイル)されて出荷されます。

 食べた人の話によると・・生状態では、コリコリしているだけで美味しくないそうです。

 しかし、ボイルすると・・甘味の強いというか・・・旨みの強い味となります。
 どちらかというと・・関西系の木枯しにとっては、ちょっとくどい味です。

 ボイルしたものが冷凍になって出荷されるのですが・・よく見ると・・藻の切れ端が
 いっぱい入っている事もたまにあります・・。
 今のご時世、異物の混入と言われそうなのですが・・ご愛嬌と笑ってすませましょう。

 でも・・・そうですね~北海道以南では物珍しいので希少価値がつきますが・・。
 木枯しに言わせれば・・・値段的にも考えて、冷凍もののボイル甘えびの方が
 味はおすすめ・・。
 
 ちなみに・・鮮度の落ちた生の甘えびや冷凍甘えびの解凍ものをボイルしても
 ち~っとも美味しくありませんので、ご注意を。

 冷凍のボイル甘えびは、クリスマスシーズンやお盆などでスーパーで
 売られている事があります。

 この冷凍ボイル甘えびも解凍して時間がたったり、冷凍状態で劣化すると
 ち~っとも美味しくありませんので・・ご注意を・・。
 余談ですが・・・冷凍のボイル甘えびは・・その美味しさの割に・・びっくりするほど安いのです。
 主に・・ヨーロッパや中国に搬出されるのですが・・この話は、また別の機会にでも・・。

 
by simarisu10 | 2007-03-06 21:32 | 平社員営業フロア
<< 平社員・・連休を申請するの巻 特命発動! 福神漬けをつくるのだっ! >>