恐怖・・・・スキヤキトレハ
a0019545_21472.jpg
「チュン部長・・・おっしゃることは分かります・・しかし・・・それは・・・いくらなんでも・・・
やりすぎです。そもそも・・・この赤海老エイトは、赤海老の世界をみんなで情報交換しながら、たのしもーっという平和な集まりでありまして・・・いてっ・・そこをつつかれると痛いです・・・いてっ・・いててっ・・」

「ですから・・・このコーナーに料理をのせているのは、痛いっ!・・痛いっ、いててっ!」

「わかりました、ですからやればいいんでしょ・・。ふぅ・・・。痛いっ」

すっかり、平社員をいじめることが板について、まさにここぞっという、痛点にくちばしを差し込んでくるチュン部長であります。

最近は人の打っているキーボードの上をお散歩されることがたいそうお気に入りの様子。あの~部長そこ、どいてくれないと困るんですが・・・。


ということで部長の命令どうり今夜の酒のあては「トレハロースを使った海老入りスキヤキ」です。ぎゃ~~~(悲鳴)

木枯らしの台所には海老の加工実験のため、様々な調味料、薬品類があります。
今回、部長の指示された「トレハロース」ですが、なかなか説明しにくいものなのです。

トレハロースを詳しく知りたい方はインターネット検索で「トレハロース 林原」と打って検索ください。

奇跡の糖として保水のような効果で細胞を守ることの出来る単糖類です。自然界に広く、しかし微量に存在する糖で生体においても保水効果のある不思議な物質です。

工業生産により大量に生産できるようになり、ここ数年、化粧品に各種の食品に使用されています。水産物も例外でなく広く使われています。

水産物に使われる目的は保水効果と冷凍時の氷結晶の増大の抑制です。

しかし、もとが糖であるため甘味があり調味料としての側面もあるのですが、実際には食品に用いる糖としては値段が高いため使用されることはないようです。

さてこのトレハロースを実際に料理に使用してみろというのが部長お考えなのです。前述したとうり「海老入りスキヤキ」です・・。

結果から言いますと結構いけます。上品な甘味なため、砂糖と違う、すっきりとした甘味がいいですね・・。砂糖に比べて甘味が2/3のため、使用量は砂糖より多目に使用しなければいけません。変な後味もないため、調味料としても合格です。

うーん、使う前はおっかなびっくり、美味しい料理をわざわざ、まずくしてしまうのかと心配でしたが、大丈夫でした(笑)そそ、予想されたことですが、海老は全くスキヤキには
関係が無い・・といった感じの食材で存在感がありませんでしたとさ・・。

ふーっ、部長・・成功でしたよ・・・・。えっ、せっかくゲテモノ料理を企画したのに、これじゃ、オチがないって?

「ちゅん!」

「えっ?今度はあれでスキヤキを作れですって?」

部長の目線をたどっていくと・・・そこには・・・しっかり液状のオリゴ糖がありました・・。

「ぎゃ~~~っ、部長!オリゴ糖のスキヤキは、ご勘弁ですっ!」
by simarisu10 | 2004-06-16 21:48 | 海老の倉庫
<< 久し振りに・・ 今夜は海老チリッ! >>