アカザ海老
a0019545_19193954.jpg


 ピナ課長よりの報告

 皆様、こんばんわ。弊社の平社員の不手際により、エイト社のPCがネットにつながらない
 状態になっております。
 回復は、11月6日となっております。この間、赤海老エイトの更新が隔日、
 または、3日おきとなります。コメント等の返信も遅れますですが・・ご容赦くださいまし。
                       
                                       ピナよりっ


 ネットで買い物や銀行振り込みなどをすませていた平社員。PCが使えないことで
 PCのありがたみが分かる昨今であります。
 しかし・・お酒を片手にテレビを見てみたり・・管理職達と「チュンチュンごっこ」をして
 遊んでおります。(意味難解)

 管理職たちを肩に乗せ、お酒などをしていると・・新たに文鳥語を覚えたりの有意義な日々。
 ブンチョ様が、スズメのように「チュン  チュン」とやや間のあいたタイミングでクリアな音声を
 発した時は、非常に嬉しいという意味であることを発見した平社員。
 
 平社員も管理職達に嬉しさを伝えるため、「チュン  チュン」と発声しております。

 
 さて・・今夜のお話は、アカザ海老。ネットがつながらない間は・・当分、海老シリーズで
 続けるのですっ。



a0019545_19351521.jpg



 これ・・アカザ海老なのですっ。水産業界で・・お年をめされた方は、スカンピと言われます。
 でも・・これでは、スカンクと一字違いで・・あまり印象が良くありません。
 通常は、海老業界では、スキャンピーと格好良く発音するのですが・・
 なぜか、木枯らし平社員・・・スキャンティーと聞こえて・・(後略)

 深海性の海老で日本でも駿河湾、三河湾、熊野灘、他で漁獲されます。
 けっこう美味しい海老なのです。木枯らし的には、イセエビなどより評価が高いのです。
 上の画像は、海外産なのですが・・・日本のアカザ海老は、全身がオレンジ色。
 
 フランス料理などでテナガエビのキィウィーソース和え などという料理で使用される
 ことがあります。
 和風にいただくなら刺身、洋風なら加熱しての料理。上の画像では、刺身用に殻を
 取り除いています。

 この海老は、人によって美しいともそうでないとも感じられるために、いまひとつ
 汎用されないのですが・・。
 名古屋港水族館で生きた姿をお目にかかれるのですが・・・3回見に行っても
 いつも同じ位置に鎮座されています。あまり活動的とは言えない海老のようです。
by simarisu10 | 2006-11-01 19:48 | 海老の倉庫
<< お好み焼きは、どこだぁ~? 学校えび >>