天然のブラックタイガー
a0019545_22272084.jpg




 部長~、次長~あ・・・あの・・ただでさえ暑いのに・・そう仲の良いところを見ると・・・
 熱くなってしまうではないですか。

 
a0019545_22345510.jpg


 ピナ課長は、相変わらず・・・・カメラを見ると・・・固まられてしまいます・・。
 ギュチュギュチュと小声でず~っと、さえずっていらっしゃいます。

 ピナ課長が男性なのか女性なのかは・・・いまだ・・不明なのです・・。


 そそ・・部長・・実を言うと平社員・・大失態を

 このブログとリンクしている 水族館フリークのかんちょ様が「エイトの日」として
 私にしては、貴重な・・生きている海老の特集を組んでくれていたのです・・。

 本日、会社の昼休みに見ていて・・・初めて気づいてしまったことはナイショ・・。

               エイトの日

  海老関係者の方・・・必見でございますっ!

  かんちょ様、誠に感謝いたします。ありがとうござますっ!


  さてさて・・・お酒を飲みすぎて・・・最近、更新をさぼっておりましたが・・・・

  今夜は・・・「シータイガー」のお話なのですっ。





 
a0019545_22453941.jpg



 これ、業界でシータイガーと呼ばれている、天然のブラックタイガー(ウシエビ)なのです。

 はい・・・赤いですね(笑)

 環境が違うと食べ物の関係でしょうか・・このような色になります。
 
 もっとも・・・天然でも真っ黒なブラックタイガーも存在します。

 このシータイガー・・スーパーなどでも・・たま~にお見かけします。

 もし、頭をとった状態での巨大なエビフライなどがあったら・・このエビを使用している
 可能性があります・・。


 で・・天然のエビというと・・・大抵美味しいのですが・・・・
 このシータイガー様は・・・・さほど・・美味しくありません・・というか・・味が感じられないと
 いうか・・・。

 ただ・・歯ごたえや見た目の凄さは・・他を圧倒します。

 う~ん・・・、これって・・・なにかに使えないかな・・・・。

 そだっ。

 私の好物、塩豚風にしてみたら・・どうだろう・・。

 塩豚↓

 
a0019545_22544061.jpg


 豚のモモ肉にまんべんなく塩をすりこみ、味の素を少々。
 スライスしたタマネギとスライスしたレモンと共に冷蔵庫で3-4日寝かせて
 塩を落としてから・・・煮るなり焼くなりします。

 私は、コレを茹でてしょうが醤油で頂きます。お酒のあてに絶好なのですっ!

 シータイガーの巨大さと・・味の無さを生かして・・塩豚風にしてみると・・・
 結構、良い酒の肴になるかな・・・・。

 
by simarisu10 | 2006-08-21 22:58 | 海老の倉庫
<< 木枯し平社員・・・エビの頭の大... ハコエビ再び >>