コモンジャコ海老
お知らせ:プロバイダー乗り換えの為、8/2~8/5は、更新が滞る
可能性がありますですっ



a0019545_22551942.jpg



 部長~、次長~・・・お二方のうちの どちらかの仕業ですね・・。

 なんで・・スナック菓子の袋が・・とんでもないところにあるのでしょうか・・・。

 しかし・・小袋とはいえ・・いったい・・どうやって運んだのでしょうか・・・。

 さてさて・・・今夜のお話は・・・瀬戸内のザコ海老なのですっ。





 
a0019545_2364385.jpg


 
a0019545_237479.jpg



 上の画像から「コモンジャコ」「サルエビ」なのです。正式和名を調べていませんので
 地方名ということにしておきますっ。

 これ、瀬戸内海他で漁獲される海老で・・お土産屋さんなどで売っている「焼き海老」
 「干しえび」の原料なのです。この焼き海老や干しえび・・おつまみ用として売っているので
 すが・・・そうめんのダシなどに良いようです。この場合、干しシイタケなどもダシとして
 加えると海老の風味が一層引き立つのです。

 これは、シイタケの旨み成分と海老の旨み成分がヌクレオチドを形成することによります。
 はるか以前、このブログでもこの仕組みを取り上げたことがありますので・・・
 詳細は、省略。

 さて・・・この海老・・国産ながら車えびやシラサエビなどに比べて商品価値が劣るため
 安値で取引されます。それは、見た目の悪さと小型の海老であるからなのですが・・。
 この海老・・・美味しいのですよ。木枯しの折り紙つき。
 ボイルすると・・・こんな具合。

 
a0019545_23165237.jpg


  これ・・・小エビのため、やや・・浅めにボイルした方が良いのです。この海老は、
  みんな見た目の悪さのため、手を出さないだろうと思って少量しかボイルしなかったの
  ですが・・・。またたくうちに課員様が・・・やめられないとまらない・・って感じで
  たいらげていました(笑)
 
  ふふっ・・そうでしょう・・・。重量あたりのグリシン(海老の旨み成分の一種)の含有量が
  海老の中でもトップクラスをいく海老なのです。安さや見た目だけにとらわれては
  いけません。お買い得な海老なのですっ。

  これを 海老せんべい屋さんに冷凍して運んでみましょうかと聞いたところ
  いやいや・・・生のままで運べないかとの事。

  なんでも・・せんべいの生地にしたとき・・生と冷凍では、粘りが全然ちがうので、
  製品にしたときもその海老の粘りが感じられる製品になるのだそうです。

  海老は・・・まだまだ・・・奥が深いのですっ。
by simarisu10 | 2006-08-01 23:26 | 海老の倉庫
<< 保水ムキエビ 平社員、ついに「えびカレー」と... >>