カウンター
a0019545_01527.jpg
むかって左にカウンターと時計を設置しました。
HMTLを使えば簡単にできてしまいました・・・。うーん、すごい・・。
他にもなにか設置してみようかな・・・。おかげさまでこのプログ、出来てから600以上のアクセス数を記録しております。

本体のHPのカウンターもどんどん延びており、マンネリ化していた赤海老エイトも
息を吹き返した感があります。毎日更新するほうがまとめて更新するより楽でおもしろいものが出来てきそうです。

さて、写真は海老せんべいです・・。(見ればわかるか・・・ぼそっ・・)

木枯らしは海老せんべい屋さんにも原料を卸しています。その関係で海老せんべいも
食べまくりました・・・当然、いまでも食べたことのない海老せんべいがあれば買ってしまいます・・。今回は韓国の有名メーカーの製品ですが・・・。お菓子としてはいいかもしれませんが・・。海老せんべいとしては最低・・。

海老せんべいに海老を練りこむのは「味」を出すためです。ちなみに「香」も大切な要素なのですが、この二つは相反する関係にあるため、通常は味を重視します。

海老せんべいを食べても「海老の味」がしない・・・。と思われているムキが多いとおもいます・・。しかし、実際には せんべい に海老を入れるか入れないかでは 味は確かに変わるのです。それは微妙な味なのですが、これがあるとないとでは・・・。
全く違うのです・・・。これに気づいた時、私は衝撃を受けました。

簡単に言うと 海老のテンプラ の海老の身の味、殻の香とでもいいましょうか・・。
目をつぶって海老のテンプラを食べると、その後味がひどくさわやかな甘味を残す
ことがわかります。これは海老のグリシン、アラニンの効用によるものです。

さて海老せんべいの場合、この甘い後味が、何枚もせんべいを食べているうちに
相乗効果をもたらし、ある一定以上の枚数を食べると、病みつきになる味が形成されてくるのです。いわゆる「やめられない、とまらない」というやつですね・・。

この話を始めると、長いので今晩はこのへんで・・。
by simarisu10 | 2004-06-07 00:16 | 平社員営業フロア
<< 海老ラーメン 海老ペペロンチーノ >>