ひぇっ・・海老チリ
a0019545_2227423.jpg



 二日酔い&休日の今日。いっぱい朝寝をしていたいところですが・・朝日とともに
 鳴き出す部長と次長の手前、そうもいきませんのです。

 昨夜は、神戸のオサレな居酒屋で水産業界人で集まり飲んでおりますた・・。

 お料理は・・こ~んな感じですっ。ヤマイモの梅肉和えなのですっ。


 
a0019545_22331458.jpg


 入り口には大型犬が寝そべっており、店内を太ったネコが徘徊するアットホームな
 居酒屋。 焼酎が一升瓶でグビグビできる嬉しいところだったのです。

 柔和な雰囲気に思わず、なごんでしまい・・ついつい飲みすぎてしまったようなのですっ。
 あんまりも酔ってしまい・・お店の名前さえも忘れてしまいました・・。

 今夜のお話は・・・海老チリなのですっ。
 

 
 



 
a0019545_22374075.jpg


 以前、海老チリソースを作ろうということで、相当、海老チリにのめりこんだ事が
 ありました。

 中国の本場でも「海老チリ」があるのですが・・日本のそれとは・・ちょっと趣きが異なり
 ます。↓中国の海老チリのほんの一例ですが・・・

 
a0019545_22422121.jpg


 全ての海老チリがこんな感じでは無いと思うのですが・・。 

 中国の四川料理の「海老チリ」を日本に紹介したのは、中華の料理の鉄人の
 陳 建一氏のお父さんである陳 建民氏であるといわれています。

 あまりにも辛い、四川の海老チリを日本人に向けて食べやすくするために
 豆板醤を控えめにしながら、料理の姿を壊さないようにトマトケチャップを
 使用したことがミソなのです。

 さらに味をマイルドにするために仕上げに卵を加えるのです。この卵の量が微妙で
 1-2人前に卵をついつい1つ使ってしまうのですが・・そうすると海老チリの味が
 ぶち壊しになるので加減が必要です。

 この陳 建民氏が日本に紹介した時の手法を踏襲して作ったのが上の写真にある
 海老チリソースなのです。(2枚前の画像)

 しかし・・・実際に販売したところ、思うように売れず、今では賞味期限切れのものが
 木枯しのコレクションとして残っているのみです。

 この・・・海老チリを久しぶりに引っ張り出してきて、タイで作った海老フリッターの試作品と
 ともに「海老チリ」を作ってみました・・。

 
a0019545_2252524.jpg



 あっ・・・賞味期限を大幅にすぎているので・・・ソースの味が・・落ちておりました・・・。
 海老フリッターも今ひとつ・・。

 海老フリッターを揚げた後・・・チリソースをかけた方が良かった・・・。

 後悔・・先に立たずなのです・・・。ふぅ・・。

 
by simarisu10 | 2006-03-08 22:53 | 平社員営業フロア
<< ポーションですっ! 爆裂シュリンプ・・・途中経過・・ >>